カジランガ国立公園/インド共和国の世界遺産

インド共和国の世界遺産の中からカジランガ国立公園についての紹介ですインド共和国旅行のときにはカジランガ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カジランガ国立公園
Kaziranga National Park
所在国:インド共和国
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:自然遺産

カジランガ国立公園とは、インド北東部のアッサム州(State of Assam)のほぼ中央部に位置する自然遺産です。人が介入しない、残された最後の自然の一つと言われています。そして、インドサイの一角サイが生息する最後の楽園とも言われます。一角サイの保護区であるカジランガ国立公園には、約1,500頭が生息していますが、かつての密猟や乱獲により激減してしまいました。多くの目的は、漢方薬の材料、アラブの短剣の柄、などですが、一時は約200頭野まで減少したと言います。その後の保護によりネパールと合わせて、約2, 500頭荷まで回復しました。カジランガ国立公園は、北を流れるブラフマプトラ川によって、毎年の大洪水を起こす、野生動物にとっては厳しい環境となっています。しかし、カジランガ国立公園に住む野生動物は、一角サイはじめ水牛、アジアゾウ、インドヌマシカ、トラ、ヒョウ、ベンガルショウノガン・ハイイロペリカンなどの鳥類、など絶滅種を含め多くの貴重な生物が生息しています。

インドの山岳鉄道群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からインドの山岳鉄道群についての紹介ですインド旅行のときにはインドの山岳鉄道群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

インドの山岳鉄道群
Mountain Railways of India
所在国:インド
世界遺産登録年:1999年 、 2005年
世界遺産の種類:文化遺産

インドの山岳鉄道群は、2007年現在も運行されているインドの山岳鉄道のうち、1999年に世界遺産に登録されたダージリン・ヒマラヤ鉄道と2005年に登録されたニルギリ山岳鉄道の2つの鉄道のことです。ニルギリ山岳鉄道が登録されたのを機にインドの山岳鉄道群と名称が改められました。インドの鉄道はすべて国営です。世界第5位(アメリカ・ロシア・カナダ・中国に次ぐ)を規模を誇り、営業距離は総延長は62000km超となっています。インドにおける初めの路線は1853年に開業したボンベイ〜ターネー間約40kmで、日本の1872年よりも早く、アジアでも初めてのものでした。ダージリン・ヒマラヤ鉄道は、インド北東部、ニュージャイパイグリ から ダージリンまでの約88kmを結ぶ世界で最古の山岳鉄道の一つでもう120年も走り続けています。高さわずか2mほどの小型蒸気機関車が標高差2000mの、トンネル一つない急勾配を約8時間かけて上っていきます。この急勾配をクルクルと駆け上がる、その愛くるしい姿から「トイ・トレイン(おもちゃの汽車)」の愛称で親しまれています。ダージリンはいわずと知れた、世界の紅茶、あのダージリンティの産地ですね。一方、ニルギリ山岳鉄道はといいますと、タミル・ナードゥ州ニーラギリ県(ニルギリ県)に敷設された鉄道です。これも世界最古の鉄道のひとつでレールはナローゲージです。ナローゲージとは、線路の幅の狭い鉄道ですね。メットゥパラヤム〜 クーヌール 間では急勾配を上り下りするため、ラックレール式の蒸気機関車が連結されます。のぼるときには蒸気機関車は最後尾に連結され、列車を押し上げる。下るときには先頭に連結され、スピードを制御します。クーヌール 〜ウダカマンダラム間は、列車はラック式でないレールの上をディーゼル機関車に牽かれて走行します。※ラック式鉄道(Rack Railway)とは、2本のレールの中央に歯型のレール(歯軌条、ラックレール)を敷設し、車両の床下に設置された歯車(ピニオン)とかみ合わせることで、急勾配を登り下りするための推進力と制動力の補助とする鉄道のこと。特殊な分岐器が必要とされる場合もある。

デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からデリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群についての紹介ですインド旅行のときにはデリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群
Qutb Minar and its Monuments, Delhi
所在国:インド
世界遺産登録年:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

デリーのクトゥブ・ミナールは、デリーにある大理石と赤砂岩で造られた塔の高さは73mあり、インドで最も高い塔です。モスク周辺に建てたイレトゥミシュ廟、アラーイ門などのイスラム建造物群は、1993年、世界遺産に登録(登録名:デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群)されました。これらの建造物群は、おそらくはヒンドゥー教・ジャイナ教の寺院などを破壊し、その石材を転用して制作されたもので、建築に携わった職人もヒンドゥー教徒であったと推測されています。そのため、ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混在した様式となっています。1193年に奴隷王朝初代のアイバク王によって、デリー最後のヒンドゥー王朝対する勝利を記念し、権力誇示のために、クワットゥル・イスラーム・モスクに付属して建てられました。クワットゥル・イスラーム・モスクは、破壊したヒンドゥー教徒の石材を用いて建てられたインド初のモスクです。その中庭にある7m程の鉄柱には、背を当て両腕を後ろにまわした時に手が触れ合えば願い事がかなうという迷信があります。(残念ながら現在は柵が作られ触れることができません)また、この鉄柱は現在まで全く錆がなく、その理由は謎です世界遺産クトゥブミナール(Qutb Minar、勝利の塔)はインド最古のイスラム建築遺跡、赤褐色砂岩で築かれた尖塔で、高さ73メートル、基部の直径は15メートル。見学中の子供の圧死事故が起きたため、現在は立入り禁止となってしまいました。

デリーのフマユーン廟/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からデリーのフマユーン廟についての紹介ですインド旅行のときにはデリーのフマユーン廟へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

デリーのフマユーン廟
Humayun's Tomb, Delhi
所在国:インド
世界遺産登録年:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

デリーのフマユーン廟は、急逝したムガル帝国フマユーン帝のため、妃ハージ・ベグムがおよそ9年をかけて建設した墓廟で、完成は1565年です。経済政策に厳しかった皇帝への配慮で内部は簡素ですが、ムガル皇帝の権力を象徴する廟建築の礎を築いた建物として貴重とされました。 皇帝 フマユーンは、中央アジアからインドにやって来て、のちに大帝国となるムガル朝を創始した文人皇帝バーブル (在位 1526〜1530)のその長男として第 2代皇帝を引き継ぎました。1540年にスール朝の成立によって一時期北インドを追われますが、1955年に再び複座しましたが、1556年 1月、宮廷の図書館の階段から落ち、あっけなくその一生を閉じてしまいました。ちなみにフマユーンとはペルシア語で「幸運」の意です。ムガル帝国の王妃ハージ・ベグムは、1565年、非運のうちに死んだ夫のために、帝国で最も壮麗な廟をヤムナー河の近くに建設させたのです。 ペルシャ人設計者サイイド・ムハンマド・イブン・ミラーク・ギヤートゥッディーンと父ミラーク・ギヤートゥッディーンの二人は、それまで廟を建設する習慣がなかったインド初の、本格的な廟建築となりました。正方形の庭園は、水路で他の字形に区切られた四分庭園です。のちのタージ・マハル廟にも大きな影響を与えることになるこの廟建築は、ペルシア的な造形言語を基本にしながら巧みにインド化している。 赤砂岩と白い大理石で造られた墓廟本体は、ドーム天井をもつペルシア伝統の建築様式です。外観を壮大に見せるためのドームは2重構造とし、高さ38mの外側のドームの12m下に内側ドームが設けられました。

マハーバリプラムの建造物群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からマハーバリプラムの建造物群についての紹介ですインド旅行のときにはマハーバリプラムの建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マハーバリプラムの建造物群
Group of Monuments at Mahabalipuram
所在国:インド
世界遺産登録: 1984年
世界遺産の種類:文化遺産

マハーバリプラムの建造物群( Group of Monuments at Mahabalipuram)は、パッラヴァ朝時代に建設された当時の木造寺院を模して、ライオンや象などが刻まれた「5つのラタ」と呼ばれる石彫寺院や「海岸寺院」をはじめとするマハーバリプラムの建造物群は、1985年に世界遺産に登録されました。5つのラタは、ダルマラージャ・ラタ(5つのラタで最も高く彫刻も詳細)ビーマ・ラタ(柱の一本一本にライオンが彫刻されている)ナクラ・サハデーヴァ・ラタ、ドラウパディー・ラタ、アルジュナ・ラタこれらのラタは、一つの巨大な花崗岩を掘り込んで5つの祠にしたもの。このファイブラタは、建築様式は南インドに受け継がれたドラヴィダ建築の原型とされている。世界遺産・マハーバリプラムの見所のひとつ、海岸寺院は、パッラヴァ朝の海港都市として繁栄していた頃の名残を今に伝えている。マハーバリプラムの建築が石窟寺院から石彫寺院、石造寺院へと変化していった中で、この海岸寺院が石造寺院の最初のものと言われている。

アジャンター石窟群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からアジャンター石窟群についての紹介ですインド旅行のときにはアジャンター石窟群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アジャンター石窟群
Ajanta Caves
所在国:インド
世界遺産登録:1983年
世界遺産の種類:文化遺産

アジャンタ石窟群とは、インド最古の仏教石窟寺院群です。場所は、マラハーシュートラ州にあるデカン高原の北西ワーグラー渓谷に位置しています。紀元前1〜7世紀に、ワゴーラー川沿いの断崖を掘りぬいて建設されました。ヴァーカータカ朝が滅亡してから1000年以上も歴史から消えていましたが、1815年、イギリス人仕官ジョン・スミスが虎狩りをしている際、偶然に発見しました。大小30もの石窟寺院で構成されていて、ワゴーラ川下流から順番にナンバリングされています。この石窟は2種類に分けることができます。ひとつは、ブッダを象徴している「聖なるもの」チャイティヤとして、仏塔などをすえたチャイティヤ窟で、9、10、19、26、29窟が該当します。もうひとつは、平地にレンガや木材で建てた僧院ヴィハーラを石窟におきかえたヴィハーラ窟で、チャイティヤ窟以外はすべてこのヴィハーラ窟になります。アジャンタのみものとしては、5〜7世紀に作られた後期窟に描かれた見事なグプタ朝の壁画です。特に蓮華手菩薩図は有名で古代インド絵画の最高傑作とされています。

アーグラ城塞/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からアーグラ城塞についての紹介ですインド旅行のときにはアーグラ城塞へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アーグラ城塞
Agra Fort
所在国:インド
世界遺産登録年:1983年
世界遺産の種類:文化遺産

アーグラ城塞はインドのウッタル・プラデーシュ州に属する最大の都市アーグラにあり、デリーの南東約180キロメートル、ジャイプルの東約220キロメートル、ラクナウーから西に約300キロメートルに位置する赤砂岩の城塞で、1983年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。アーグラ城塞はムガル帝国というイスラム王朝の第3皇帝アクバルが1565年から1573年にかけてもともとアーグラを支配していたローディ王朝が築いた城を大々的に改築した城塞で、後に造られたデリー城と同じく 「赤い城」と呼ばれています。赤砂岩で囲まれた城塞の中には宮殿などさまざまな建築物が建てられ、有名な建築物としてタージ・マハルの建設を命じたシャー・ジャハーンが7年間幽閉されていた囚われの塔(ムサンマン・ブルジュ)と呼ばれる白大理石の装飾が美しい八角形の塔や、4代皇帝ジャハーンギールの為に1570年に建てられた精密な彫刻が施されたジャハーンギール宮殿、大理石で造られたモスクなどがあります。アーグラ城塞は第6代皇帝アウラングゼーブ・アーラムギルまでの間、代々皇帝の居城として使われており、背後の東面に約2.5キロメートルに渡ってヤムナー川に面しており、天然の要塞・城塞となっています。

チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からチャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園についての紹介ですインド旅行のときにはチャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園
Champaner-Pavagadh Archaeological Park
所在国:インド
世界遺産登録年:2004年
世界遺産の種類:文化遺産

チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園はインドの西部にあるグジャラート州のチャンパネール村にある非常に多くの考古遺跡が密集する地域です。この地域には先史時代の考古遺跡から初期ヒンドゥー文化の要塞遺跡、さらには15世紀にイスラム教徒のムハマッド・ベガタにより築かれた都市遺跡など極めて幅広い時代の遺跡が残されており、2004年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。チャンパネール−パーヴァガドゥ遺跡公園は城壁に囲まれたチャンパネール村と、そこから南西へ約4kmの位置にあるパーヴァガドゥ山の二つの地域に分けられます。チャンパネールは8世紀頃にヒンドゥー教の王国であったチャウハン朝時代に築かれ14世紀まで栄えた都市で、要塞、宮殿、宗教施設、住居、水道設備などが建設されました。しかし1553年にはムガル帝国に滅ぼされたため、チャンパネール遺跡はムガル帝国がインドを支配する以前の都市の姿を完全に残した唯一の都市遺跡となっています。ケウラーモスク、ジャミーモスクなどの代表的なモスクはイスラム様式ではなくインドの文化を色濃く反映させており、インド・イスラム様式といえる2つの文化の融合された独自のものとなっています。またパーヴァガドゥ山のカーリーカマタ寺院はヒンドゥー教徒の聖地であり現在も熱心な信者の信仰の拠り所となっています。

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)についての紹介ですインド旅行のときにはチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)
Chhatrapati Shivaji Terminus (formerly Victoria Terminus)
所在国:インド
世界遺産登録年:2004年
世界遺産の種類:文化遺産

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)はインド最大の商業都市である西海岸のマハラシュトラ州の州都のムンバイ(1995年にボンベイから現地語発音のムンバイに改名)南部のフォート地区の北端にあります。イギリスの植民地時代であった1888年に造られ、ヴィクトリア朝のゴシック・リヴァイヴァル建築とインドの伝統的建築が融合させた荘厳で華麗な駅舎であり、2004年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)は建築家フレデリック・ウィリアム・スティーヴンスによって設計され、完成までに10年の歳月が掛かりました。当時はヴィクトリア女王時代であったために「ヴィクトリア駅(Victoria Terminus:VT)」と名付けられましたが、ヒンドゥー・ナショナリズムの風潮もあり、1996年に17世紀のマラータ王国の王チャトラパティ・シヴァージー(Chhatrapati Shivaji)にちなんで「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス(Chhatrapati Shivaji Terminus:CST)」と改名されました。チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)は19世紀の鉄道駅建築として非常に進歩的な構造と技術力を持っており、今も現役のインドで最も乗降客の多い駅として活躍しています。

ビンベットカのロック・シェルター群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からビンベットカのロック・シェルター群についての紹介ですインド旅行のときにはビンベットカのロック・シェルター群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ビンベットカのロック・シェルター群
Rock Shelters of Bhimbetka
所在国:インド
世界遺産登録年:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

ビンベットカのロック・シェルター群はインドのデカン高原北部のマディアヤ・プランデシュ州はビンディア山脈山麓にある約19万平方キロメートルの範囲の壁画の描かれた岩窟で、2003年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。ビンベットカのロック・シェルター群は5つの岩塊に約400ものロック・シェルター群(岩窟)があり、一万年以上前の旧石器時代から有史時代の岩窟住居群といわれています。当時暮らしていた人々が描いた赤、黒、白、黄、緑など天然の顔料を用いた色も鮮やかな1000ほどの壁画が残されており、ゾウ、ヒョウ、トラ、サイ、シカ、ウシ、ウマなどの動物や狩猟の様子や採取の様子などその素朴な生活が描かれています。このビンベットカのロック・シェルター群の近くでは現在でもこの壁画に似たものが描かれており、その風習や風俗、文化などの伝統が現代にまで伝わっていることに注目が集まっています。

エローラ石窟群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からエローラ石窟群についての紹介ですインド旅行のときにはエローラ石窟群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

エローラ石窟群
Ellora Caves
所在国:インド
世界遺産登録:1983年
世界遺産の種類:文化遺産

エローラ石窟群とは、エローラ石窟寺院群とも呼ばれている世界的に有名な石窟群で、ムンバイーの東にあるアウランガーバード郊外に位置します。エローラは、インドのマハーラーシュトラ州、アウランガーバードから30Kmほど離れたところにある村です。エローラ石窟寺院郡は、アンコール・ワットやピラミッドと並び、世界遺産の中でも最も印象的な遺跡の一つであるとされています。シャラナドリ台地の垂直な崖に、34の石窟が掘られており、5世紀から10世紀の間に造られた仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院や修道院さらには僧院、僧坊などから構成されています。 仏教寺院の数は12窟で、石窟寺院群の南端に位置する第1窟から第12窟がそれにあたります。ヒンドゥー教寺院は第13窟から第29窟までの17窟、北端に位置する第30窟から第34窟までの5窟がジャイナ教の寺院となっています。 それぞれの石窟は、非常に近接している上に作られた時期も重なっているためにこれらの事実から考えて、インドにおける宗教はとても寛容であることを表している、といえるでしょう。

ファテープル・シークリー/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からファテープル・シークリーについての紹介ですインド旅行のときにはファテープル・シークリーへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ファテープル・シークリー
Fatehpur Sikri
所在地:インド
世界遺産登録:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

ファテープル・シクリーは,インド北部アグラの西約40キロ先のシクリ村にあります。シクリ村の丘陵地帯は、ムガル帝国を収めていました。当時の王、第3代皇帝アクバル王が16世紀後半に建設した周囲約11kmの都でした。ファテープルは、勝利の都を意味します。アクバル王が世継ぎに恵まれなかったため、占い師の言葉通りに遷都を決めた経緯があります。しかし、シクリーは、猛暑のため水不足が酷く都として機能したのは、たった14年間だけでした。宮廷内の建築物には、イスラム特有のアーチやドームがありません。インド伝統のデザインの、アクバル式と呼ばれる独自の建築様式でできています。ファテープル・シクリーには,5層のパンチ・マハルの宮殿,隊商宿が16世紀そのままに残っています。最大の建造物は,東西168メートル南北143メートルのイスラム寺院ジャーマ・マスジット・モスクです。インドで最も大きいイスラム教のモスクで、収容人数は2万人以上です。モスクの内部には,聖者シュイク・サリーム・チシュティの霊廟が残っており、観光スポットとなっています。

ハンピの建造物群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からハンピの建造物群についての紹介ですインド旅行のときにはハンピの建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハンピの建造物群
Group of Monuments at Hampi
所在地:インド
世界遺産登録:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

ハンピの建造物群は,インドの南部カルナータカ州にあります。14〜17世紀にかけて南インドを支配したヴィジャヤナガル王国の首都遺跡です。ヴィジャヤナガル(現在のハンピ)は,「勝利の町」を意味していました。当時,北のトゥンガバドラ川,東の岩山の天然の要塞と7重の城壁に囲まれることで、マハナミディヴァの王宮や多くの化身としてヒンドゥー教の主神の一つヴィシュヌ神をまつる寺院を建築しました。最盛期にはおよそ50万人が暮らし、中国の商人たちがハンピを訪れました。ビジャヤナガラ王国はイスラム勢力に対抗するために、広大な土地に多くのヒンドゥー教寺院や宮殿を建築しました。ハンピには,マンタバ(拝堂),ラタ(山車)と石柱が印象的なヴィッタラ寺院や、現在も巡礼者が訪れるヴィルパクシャ寺院など、40以上の寺院が点在しています。町全体が遺跡の対象と言えるほど広大なため、発掘は現在でも10分の1程度です。広大な土地の為,遺跡の発掘は全体の5%程度しか済んでいない。自然環境にも恵まれ2本のワイヤーロープのつり橋敷設に伴う道路建設で,登録範囲内のマンダパの遺跡の解体と移動を余儀なくされ,1999年に危機にさらされている世界遺産に登録された。

カジュラーホの建造物群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からカジュラーホの建造物群についての紹介ですインド旅行のときにはカジュラーホの建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カジュラーホの建造物群
Khajuraho Group of Monuments
所在地:インド
世界遺産登録:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

カジュラホ(カジュラーホー)は,インドのマディヤ・プラデーシュ州の寺院都市です。ヒンドゥー教の聖地ワーラーナシー(バナーラス)から約400キロ離れた場所にあります。10世紀前半から13世紀末まで北インドを支配したチャンデーラ王朝の最盛期の遺跡群が残っています。945年にシヴァ神に捧げたといわれるラクシュマナ寺院、1002年にはヴィッシュワナータ寺院を建設しました。11世紀初めに、シヴァ神のカイラース山を模したといわれるカンダリヤ・マハーデーヴァ寺院を建立しています。当初100近くあったヒンドゥー教寺院は,イスラム教徒によって破壊されてしまい,現在残っている寺院は,4分の1以下です。ヒンドゥー教寺院の建築様式は,インドの北方様式と呼ばれ,高塔という屋根があります。ヒンドゥー教寺院の内外の装飾には,タントリズムの影響を受けた男女の神々や動物などの彫刻が施されていて、とても壮観な見ごたえです。カジュラホの寺院には、ミトゥナ像(男女交合されている彫刻)を持つ寺院群があることで有名です。

ゴアの教会群と修道院群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からゴアの教会群と修道院群についての紹介ですインド旅行のときにはゴアの教会群と修道院群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ゴアの教会群と修道院群
Churches and Convents of Goa
所在地:インド
世界遺産登録:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

ゴアは,インド西海岸中部のマンドウィー河の河口にある港町です。1510年にポルトガルの植民地となり20世紀までポルトガル領であったため,多くのキリスト教の建物が建設されました。アジアにおけるキリスト教布教が最も広がった地域といえます。16世紀には,ポルトガルのアジアヘの貿易とキリスト教布教の拠点として繁栄しました。ヨーロッパ風の街並みの美しさから「東方一の貴婦人」と讃えられていました。100以上もある遺跡の中でも,セ・カテドラルは,現在の残っている最大の教会堂で,1619年に建てられたものです。日本にも布教に来たフランシスコ・ザビエルは、ゴア→日本→中国と布教活動を続けました。そおF.ザビエルは中国で亡くなったのですが、ゴアにあるポム・ジェズス教会に遺体は安置されています。聖フランシスコ教会や聖パウロ修道院などキリスト教布教活動の跡の残されています。

タージ・マハル/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からタージ・マハルについての紹介ですインド旅行のときにはタージ・マハルへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タージ・マハル
Taj Mahal
所在国:インド
世界遺産登録:1983年
世界遺産の種類:文化遺産

タージ・マハルといえばインドの代表的な建築物で、その名前を知らなくてもこの建物の写真を見れば、だれでもインドを思い出すくらい有名です。また世界でも最も美しい霊廟といわれています。タージ・マハルはインド=イスラーム文化の代表的建築ですが、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃ムムターズ・マハルの死(1630年)を悼んで建設したとされる逸話は大変有名です。場所はインド北部のアグラにあります。建設にはペルシャやアラブ、さらにヨーロッパから2万人もの職人を集め、22年の歳月をかけて建造されました。皇帝シャー・ジャハーンはヤムナ川を挟んだタージ・マハルの対岸に、黒曜石で真っ黒な自分の霊廟の建立し、その間を橋で渡す計画を立てていました。しかし、妃を失ってから悲しみの余り政治を放棄し、ついには三男アウラングゼーブによってアグラ城のムサンマン・ブルジュの八角の塔に幽閉されてしまいます。シャー・ジャハーンは塔の一室に横たわり、7年間の幽閉ののち息を引き取りました。こうして黒曜石の自分の霊廟の計画は実現されませんでした。現在はその基底部が残されています。シャー・ジャハーンは死後、タージ・マハルの妃ムムターズ・マハルの横に眠っています。

コナーラクの太陽神寺院/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からコナーラクの太陽神寺院についての紹介ですインド旅行のときにはコナーラクの太陽神寺院へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コナーラクの太陽神寺院
Gyeongju Historic Areas
所在国:インド
世界遺産登録:1984年
世界遺産の種類:文化遺産

インド東部のコナーラク。コナーラクは、プリー郊外(東へ35km)にあります。ガンガ朝時代は海洋貿易港として栄えていまいした。「太陽のあるところ」を意味するこの地に、太陽神を祀るヒンドゥー教のスールヤ寺院があります。スールヤは太陽の神様で、7頭立ての馬車に乗って、日々、東の空から西の空へ駆けるのだと信じられてきました。13世紀、この地を支配していたナラシンハデーヴァ一世は、建物自体をスールヤが乗る馬車に見立てた巨大な寺院を作りました。一説には、侵攻してきたイスラム軍との戦いに勝った記念だったとも言われます。中世のオリッサ地方(かつてのカリンガ地方)に君臨した後期ガンガ朝(10〜15世紀)の庇護のもと、独自のヒンディ文化が成熟しました。オリッサ地方に建つヒンディ寺院は「オリッサ様式」で建てられています。ベンガルの詩人タゴールは太陽神寺院を見て感動し、「ここでは人間の言葉は石の言葉に打ち負かされてしまう」と述べました。コナラクの太陽神寺院はその巨大さと壁面を飾る数々の美しい彫刻により世界遺産に指定されています。

コモド国立公園/インドネシア共和国の世界遺産

インドネシア共和国の世界遺産の中からコモド国立公園についての紹介ですインドネシア共和国旅行のときにはコモド国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コモド国立公園
Komodo National Park
所在国:インドネシア共和国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:自然遺産

コモド国立公園はインドネシアの小スンダ列島のコモド島のほか、スンバワ島、フローレス島を含む総面積2200kuの面積を有する国立公園です。世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲが棲息していることで有名でもあります。コモドオオトカゲは肉食性であり、普段はおとなしいとされるが時に人間の様な大型哺乳動物をおそうこともあり、西洋人が1911年に発見したときは恐竜の生き残りと思われたのです。コモドオオトカゲは地元の言葉で〔オラ〕と呼ばれておりサル、イノシシ、鹿などを餌に、丘陵地帯の熱帯降雨林に生息しているが現在は絶滅の危機にありますが、これらの要因は環境の破壊などの餌の減少などが原因といわれています。また、コモド国立公園はイルカやウミガメなどの他の希少生物も棲息していることでも知られています。

スマトラの熱帯雨林遺産/インドネシア共和国の世界遺産

インドネシア共和国の世界遺産の中からスマトラの熱帯雨林遺産についての紹介ですインドネシア共和国旅行のときにはスマトラの熱帯雨林遺産へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

スマトラの熱帯雨林遺産
Tropical Rainforest Heritage of Sumatra
所在国:インドネシア共和国
世界遺産登録:2004年
世界遺産の種類:自然遺産

スマトラの熱帯雨林遺産は、インドネシアのスマトラ島南西部に位置する自然遺産で、総面積が250万ヘクタールに及ぶ広大な地域となっています。グヌン・ルセル国立公園(Gunung Leuser National Park)、ケリンチ・セブラ国立公園(Kerinci Seblat National Park)、ブキット・バリサン・セラタン国立公園(Bukit Barisan Selatan National Park)が世界遺産に含まれています。スマトラの熱帯雨林遺産には、多くの絶滅の危機にある固有種を含む特徴的で多様な生物が生息しています。17の固有種を含む約10,000種の植物、200種以上の哺乳類、21の固有種を含む約580種の鳥類、などスマトラ島の生物の進化の証が残っています。とくに、スマトラ島特有のオランウータン、世界最大の花ラフレシア(Rafflesia arnoldi)、最も背の高い花ショクダイコンニャク(Amorphophallus titanium)、スマトラトラ、アジア象などはよく知られています。スマトラの熱帯雨林遺産に登録されている3つの国立公園は、ブキット・バリサン山脈(Bukit Barisan Mountains)に沿っていますが、樹木の伐採や焼畑によって森林が焼失し、危機的な状態となっています。

ボロブドゥル寺院遺跡群/インドネシア共和国の世界遺産

インドネシア共和国の世界遺産の中からボロブドゥル寺院遺跡群についての紹介ですインドネシア共和国旅行のときにはボロブドゥル寺院遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ボロブドゥル寺院遺跡群
Borobudur Temple Compounds
所在国:インドネシア共和国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

ボロブドゥル寺院遺跡群は、8世紀後半から9世紀前半にかけてシャインドラ王朝により建てられたといわれている密林の中にそびえる巨大な仏教寺院遺跡群です。その巨大さ、雄大さは、まさに素晴らしい仏教芸術で、カンボジアのアンコール、ミャンマーのバガンとともに世界三大仏教遺跡と言われています。120m四方のボロブドゥル寺院遺跡の中には、ストゥーパと呼ばれるモニュメントが72個あり、それぞれの中に石仏が収められています。その中の石仏に触ると願いが叶うと言われています。72のストゥーバの他に432体の石仏があり、合計504体もの石仏があります。ボロブドゥル寺院遺跡群は、8世紀頃に建てられて以来、1814年にイギリスのジャワ島副総督スタンフォード・ラッフルズ卿により発見されるまで、実に1000年もの間、密林に眠っていたとされ、ボロブドゥル寺院遺跡群に関する学術的な記録もほとんど残されていないため、いまだに謎の多く残されています。ボロブドゥル寺院遺跡群は、インドネシア共和国ジャワ島中部、ジョグジャカルタの北西42kmに位置するプロゴ渓谷にあります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。