ロレンツ国立公園/インドネシアの世界遺産

インドネシアの世界遺産の中からロレンツ国立公園についての紹介ですインドネシア旅行のときにはロレンツ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ロレンツ国立公園
Lorentz National Park
所在国:インドネシア
世界遺産登録: 1999年
世界遺産の種類:自然遺産

ロレンツ国立公園Lorentz National Parkはインドネシアのイリアンジャヤ州(ニューギニア島西部)に位置する国立公園です。面積250万ヘクタールもの広大な東南アジア最大の保護区。未だ未開の地と言われどのような種が住んでいるかは、すべての調査、確認がされていない地域です。近年公園近くの鉱物資源が注目されたため開発が始まったのですが、自然破壊への警告の意味を込めて世界遺産登録が行われこの地域の自然が守られることになりました。残念ながら、今でも公園外で鉱物の採掘が行われています。万年雪を載せた山々や広大な低地湿地帯を含む熱帯海洋地区などの手付かずの自然が連なっています。沼沢低地と中央山脈の高山地帯という二つのきわめて異なった地帯に分類され、中央山脈自体は、地質と植生型に基づいて東部と西部に細分でき、クウィヤワギ村付近における南北線が境界線となっています。

ウジュン・クロン国立公園/インドネシアの世界遺産

インドネシアの世界遺産の中からウジュン・クロン国立公園についての紹介ですインドネシア旅行のときにはウジュン・クロン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ウジュン・クロン国立公園
Ujung Kulon National Park
所在国:インドネシア
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:自然遺産

ウジュン・クロン国立公園とは、1991年、クラカタウ諸島自然保護区とともにユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されたインドネシアにある国立公園の一つです。インドネシア初の国立公園です。気候は、低地熱帯雨林帯に属しており、熱帯性植物が生い茂っています。開発の進むジャワ島において貴重な生物の棲息地帯でもあり、絶滅が危ぶまれているジャワサイやカニクイザル、インドクジャク、バンテン(野生牛)などの生息地としても知られています。ちなみに、ウジュンクロンは半島一帯と島から成っています。旅行で訪れると、豊かな自然と美しいビーチがあり、ダイビングもサーフィンもできます。ビーチは、粒の細かい真白な砂浜が非常に美しいです。生息している動物の種類も本当に豊富で、サル・シカ・イノシシは簡単に見ることが出来ます。また半島側には、サイが50頭ほど生息していると言われています。設備は非常に整っていて、とてもキレイな宿にも泊まれますし、ちゃんとしたレストランで食事もでき、親切なガイドに案内してもらえます。

プランバナン寺院遺跡群/インドネシアの世界遺産

インドネシアの世界遺産の中からプランバナン寺院遺跡群 インドネシアについての紹介ですインドネシア旅行のときにはプランバナン寺院遺跡群 インドネシアへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

プランバナン寺院遺跡群
Prambanan Temple Compounds
所在国:インドネシア
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

プランバナン寺院はカンボジアのアンコ−ル・ワットと並ぶ、東南アジア最大のヒンドゥ−教寺院です。またジャワの建築の最高傑作の一つとされています。場所はジョクジャカルタの東15Kmにあります。プランバナン寺院はサンジャヤ王朝によって856年に建てられました。今からざっと1000年以上も前のことですが、当時、もう一つの重要な寺院が建てられています。それはボロブドゥ−ル寺院です。これはアンコールワットと並んで有名な寺院遺跡です。こちらは大乗仏教のサレインドラ王朝が建設しました。プランバナン寺院はボロブド−ルと同じように火山岩を積み上げた寺院群ですが、その規模と高さ、重量感には圧倒されます。あるシヴァ神をまつる塔は47メートルもあります。また、インドのヒンドゥ−教寺院にも見られるように、ヒンドゥ−教の神々の姿が彫刻され、その数の多さも圧巻です。しかし、10世紀に入ると疫病が蔓延し、この地から別の場所に首都を移動し、16世紀(1549年)の大地震で遺跡は大破し、長く忘れられていました。最近では遺跡の修復作業が行われていますが、2006年5月27日に発生したジャワ島中部地震でまた被害を受けています。プランバナン寺院は巨大な寺院群が見られますが、夜は寺院の前でラーマヤナをインドネシアの踊り表現したり、早朝のプランバナン寺院めぐりが人気を呼んでいます。

サンギラン初期人類遺跡/インドネシアの世界遺産

インドネシアの世界遺産の中からサンギラン初期人類遺跡についての紹介ですインドネシア旅行のときにはサンギラン初期人類遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サンギラン初期人類遺跡
Sangiran Early Man Site
所在国:インドネシア
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:文化遺産

サンギラン初期人類遺跡はインドネシアにあるユネスコの世界遺産(文化遺産)の一つです。ホモ・エレクトス・エレクトス(ジャワ原人)の骨や跡などが発掘されており、考古学的に非常に重要な場所でもあります。サンギランは、ジャワ島の東側中央辺りにある町ソロの近くにあります。1936年の発掘調査で、ジャワ原人の頭蓋骨、歯、大腿骨の化石が発見されていまいしたまたサンギランの発掘場では、少なくとも150万年前ごろから、比較的新しい1万年前ごろの人間の形跡があります。メガントロプス、ジャワ原人、ホモ・エレクトゥスなどの初期人類の化石が多数見つかっており、その数は世界で発掘された化石の半数に相当します。サンギラン博物館には、約150万年前のものと思われるジャワ原人の頭蓋骨が展示されていることで有名です。サンギラン博物館には、ソロ(スラカルタ)から日帰りで行くことができます。パッケージツアーはあまりないため、事前に手配することをお勧めします。

バムとその文化的景観/イランの世界遺産

イランの世界遺産の中からバムとその文化的景観についての紹介ですイラン旅行のときにはバムとその文化的景観へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バムとその文化的景観
Bam and its Cultural Landscape
所在国: イラン
世界遺産登録: 2004年
世界遺産の種類:文化遺産 危機遺産

バムとその文化的景観 (Bam and its Cultural Landscape)は、イランのケルマーン州にある要塞都市の遺跡。近代都市バムの近郊にあります。「アルゲ・バム」とは「バムの城」の意味です。バムの城はサーサーン朝ペルシア期に最初の都市が作られ、サファヴィー朝期(16-17世紀)に現在見られる城壁が完成しました。その後、アフガン人(パシュトゥーン人)の攻撃があった1722年以降に放棄され、現在のような廃墟となりました。さらに2003年12月26日のインド・スマトラ大震災で大きく損傷を受け、2004年ユネスコ世界遺産の文化遺産・危機遺産として登録されました。バムとその文化的景観は、広さおよそ200000平方メートルに達する世界最大の日干しレンガ構造物で、約2000年にもわたって人間が住んでいた場所でもあります。この歴史的な城塞は、モスク(回教寺院)や市場、テッキイエ(宗教的な広場)、キャラバンサライ(隊商宿)、学校、浴場、ヅールカーネ(伝統的なスポーツをおこなう場所)など様々な種類の建築物から構成されていました。

チョガ・ザンビール/イランの世界遺産

イランの世界遺産の中からチョガ・ザンビールについての紹介ですイラン旅行のときにはチョガ・ザンビールへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チョガ・ザンビール
Tchoga Zanbil
所在国:イラン
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

古代都市チョーガ・ザンビルは、イランの首都テヘランから南西におよそ450キロ先のフーゼスターン州に位置する遺跡です。紀元前16〜11世紀に栄華を誇った古代エラム王国を守護する聖地として、首都スーサの南方45キロの地点に建設されました。チョガー・ザンビールとは、ペルシア語で、「大きなかごのような山」という意味です。神であるインシュシナク(Inshushinak)が祀られました。見どころとしては、西アジア最大とされる5層の聖塔ジッグラト(Ziggurat 古代メソポタミア文明にみられる、日干しレンガを用いた複数階層に組み上げられた聖塔のこと)が挙げられます。このジッグラトが世界中で一番保存状態がいいということで、1979年、イランとしてはじめて、世界遺産として登録されることになりました。

タハテ・スレマーン/イランの世界遺産

イランの世界遺産の中からタハテ・スレマーンについての紹介ですイラン旅行のときにはタハテ・スレマーンへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タハテ・スレマーン
Takht-e Soleyman
所在国:イラン
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

タハテ・スレマーンはタフテ・ソレイマーンとも呼ばれ、イラン北西部に位置する渓谷の中にある史跡です。タハテ・スレマーンに意味ですが、「ソロモンの玉座」を意味しています。その由来は、ソロモン王がこの地の低地に怪物を閉じ込めた、という言い伝えからきています。しかし、ソロモン王の時代からとうのはかなり時代が古いといわざるを得ません。タハテ・スレマーンには美しい湖があり、この湖は冬でも凍らず、そのためかつて拝火教(ゾロアスター教)の聖地としてあがめられてきました。いくつもの神殿や、王が参拝に訪れた時に使う宮殿などが建てられ、自然と建築とが見事に溶け合う聖域が生まれました。遺跡の調査などではタハテ・スレマーンでは、紀元前5世紀のハカーマニシュ朝あるいは、後期パルティアの住居も発見されています。また、サーサーン朝の王が刻まれている硬貨やビザンツ帝国皇帝のテオドシウス2世の硬貨も見つかっていまする。この地に伝わる伝説によると、サーサーン朝の歴代国王は、王位を授かる前にはタフテ・スレイマーンを訪問し、神殿に火をささげたといわれています。

イスファハンのイマーム広場/イランイスラム共和国の世界遺産

イランイスラム共和国の世界遺産の中からイスファハンのイマーム広場についての紹介ですイランイスラム共和国旅行のときにはイスファハンのイマーム広場へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

イスファハンのイマーム広場
Meidan Emam Esfahan
所在国:イランイスラム共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

イスファハンのイマーム広場は首都テヘランから南方約330kmにあり、ザグロス山脈とその支脈の山々に囲まれた標高約1,600mの盆地状の高原にあります。イラン高原の気候は、エルブルズ、ザグロス両山脈が外洋からの影響をさえぎる自然の障壁となっているため、降水量が年間を通して少なく(高原全体の平均の年降水量は250mm程度)、でありイスファハン州にある水と緑豊かなイスラム都市です。イマーム広場は、かつて「メイダーニ・シャー」(王の広場)と呼ばれていましたが、正式名称は「メイダーニ・ナクシ・ギャハン」(世界の肖像の広場)と呼ばれていました。1598 年、首都をイスファハンへ移したシャー・アッバース1世は、大規模な都市計画にもとづいて新しい市街を旧市街の西南方に建設しはじめましたが、その中心となり、芸術の最後美を誇っているのがこのイマーム広場であるのです。

ペルセポリス/イラン・イスラム共和国の世界遺産

イラン・イスラム共和国の世界遺産の中からペルセポリスについての紹介ですイラン・イスラム共和国旅行のときにはペルセポリスへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ペルセポリス
Persepolis
所在国:イラン・イスラム共和国
世界遺産登録年: 1979年
世界遺産の種類:文化遺産

ペルセポリスは、古代オリエント世界を初めて統一・支配した大帝国アケメネス朝ペルシアの聖都と言われるところで、イラン中南部、シーラーズの北東約60kmのタフテ・ジャムシードに位置しています。ダレイオス1世によって紀元前518年に築かれましたこのペルセポリスは、紀元前330年にアレクサンドロス大王が率いるマケドニア軍によって焼き払われ、滅んでしまいましたが、いたるところに残る石像やレリーフが、当時の様子をうかがい知る事ができます。長辺約455m、短辺約300mの大基壇の上に宮殿や王妃の居室、宝物庫などが建ち並んだ建築群、「カナート」と呼ばれる砂漠の灌漑施設、壁に施された独特の浮き彫り、高さ約20mの石柱、柱頭などに見られる動物の彫像など、帝国の歴代王が、どのように統治を行ったのかを物語る貴重な資料になっています。 また、ペルセポリスは、新年祭などの儀礼行為も次第にスサやバビロンに場所を移され、次第に実際の政治から遠ざかっていったにも関わらず、アケメネス朝の滅亡の時まで首都と見なされていました。アレクサンドロス大王にペルセポリス攻略の際に、12万タラントン3の黄金を手に入れているからも、朝最末期においてもペルセポリスが重要な都市であったことを物語っています。

ビソトゥーン/イラン・イスラム共和国の世界遺産

イラン・イスラム共和国の世界遺産の中からビソトゥーンについての紹介ですイラン・イスラム共和国旅行のときにはビソトゥーンへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ビソトゥーン
Bisotun
所在国:イラン・イスラム共和国
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

ビソトゥーンとは、イランの西武に位置するケルマンシャー州(Kermanshah)にあり、ビソトゥーン碑文(The Behistun Inscription)が残る文化遺産です。ビソトゥーンは、先史時代から、メディア人やアケメネス朝人など、イラン高原に住む人々の通商路に沿っていました。そして、アケメネス朝のダレイオス1世が、楔形文字をレリーフさせた巨大な磨崖碑がビソトゥーン碑文です。ダレイオス1世は、ペルシャ帝国(紀元前521年)の王座にまで上りつめましたが、レリーフは、主権の印として弓を保持し、王位を示す碑文が刻まれています。碑文は、3つの言語で書かれ、最も古いものは、王と反乱を記述している伝説に言及しているエラム語(Elam)です。その後に、類似した伝説のバビロニア語(アッカド語)が続き、碑文の最後はダレイオス1世の業績を刻んだ古代ペルシャ語となっています。ビソトゥーン碑文は、アケメネス朝の記念碑文として貴重な文化遺産となっています。

ソルターニーエ/イラン・イスラム共和国の世界遺産

イラン・イスラム共和国の世界遺産の中からソルターニーエについての紹介ですイラン・イスラム共和国旅行のときにはソルターニーエへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ソルターニーエ
Soltaniyeh
所在国:イラン・イスラム共和国
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

ソルターニーエとは、イラン北西部に位置するザンジャーン州(Zanjan province)の文化遺産です。ソルターニーエは、イルハン朝(Ilkhanid)第8代君主オルジェイトゥ(Oljaytu)によって建設された都市遺跡で、1302年から1312年にかけて王朝の中心地に建設された、オルジェイトゥの霊廟も残されています。ソルターニーエは、ペルシャ建築とともにイスラム建築物の重要な遺産の一つです。八角形の建物は二重のシェル構造で、細長いミナレットと高さ50mのドームを持ち、ターコイズブルーのタイルで覆われた、最も初期の例を示した貴重な建造物です。また霊廟の室内装飾も、モザイク、彩色陶器、壁画など貴重な遺産となっています。ソルターニーエは、イランの交易ルートの交点にあたり、当時は首都として栄えていました。現在でも、平地の真ん中に立つ大きな建物が、王朝時代からの景観の素晴らしさを伝えています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。