ゴール旧市街とその要塞群/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中からゴール旧市街とその要塞群についての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときにはゴール旧市街とその要塞群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ゴール旧市街とその要塞群
Old Town of Galle and its Fortifications
所在国: スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録: 1988年
世界遺産の種類:文化遺産

ゴール旧市街とその要塞群 (Old Town of Galle and its Fortifications)は、スリランカ民主社会主義共和国にある要塞港です。16世紀から20世紀半ばまで、ヨーロッパ諸国の植民地支配の拠点がおかれました最初に侵入してきたポルトガル人によって16世紀に設立され、イギリス人による植民地化の前の18世紀に、開発のほとんどを終えました。 そして、ゴール市は、南部ヨーロッパ人と東南アジア人によって造られた武装都市の最も良い例として現在もヨーロッパの建築様式と南部のアジアの伝統との相互作用を示しています。2千人ほどが住む小さな街は今、「奇跡の世界遺産」と呼ばれています。それは、20万人以上が犠牲者がでたインド洋スマトラ地震の大津波で一人の犠牲者も出なかったからです街に眠る植民地支配の重い歴史が今度は、自然災害から町を守ったのです。

聖地キャンディ/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中から聖地キャンディについての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときには聖地キャンディへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

聖地キャンディ 文化遺産
Sacred City of Kandy
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録: 1988年
世界遺産の種類:文化遺産

聖地キャンディ (Sacred City of Kandy)は、現在のスリランカ民主社会主義共和国にあります。シンハラ朝最後の都キャンディ。古都の優しい雰囲気とは別にこの町を特別にしているのは、仏陀の歯が安置されている仏歯寺の存在だ。その歯は紀元前543年、仏陀が火葬されたときに持ち帰られたものだと云われている。その後、スリランカの王位継承者たちは王を象徴する宝とするようになりました。初めにアヌラーダプラに奉納され、遷都の度に移されるのですが、キャンディに仏歯が運ばれたのは1590年といわれています。キャンディ王ウィマラ・ダルマ・スリヤ1世(King Dharma Suriya T)が寺院を建立し、現在寺院に残っている部分は3世代後のナーランドラ・シンハ王(King Narendra Shinha)が増築したものです。正面右手に建つ八角堂は王朝最後の王スリ・ヴィラクマ・ラジャシンハによって建てられたもので現在は図書館となっています。

ダンブッラの黄金寺院/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中からダンブッラの黄金寺院についての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときにはダンブッラの黄金寺院へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ダンブッラの黄金寺院
Golden Temple of Dambulla
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

ダンブッラ(Dambulla)の黄金寺院は、スリランカのほぼ中央部に位置する文化遺産です。ダンブッラ黄金寺院は、5つの石窟からなる石窟寺院で、平原の中の高さ約180mの高台にあります。石窟寺院は、紀元前1世紀から始まり、現在まで続いています。王朝が変わるたびに受け継がれ、増改築を重ね5つの石窟となりました。ダンブッラの黄金寺院はスリランカ最大で最も保存状態の良いの石窟寺院です。石窟内部には157の仏像、極彩色で描かれた天井画や壁画、金箔で覆われた仏像や壁画、14メートルもある大きな涅槃仏、などが保存されています。なかでも、第一窟のデーラ・ワージャ・ヴィハーラには、大きな涅槃仏が安置されています。また、第二窟のマハー・ラージャ・ヴィハーラは、5つの石窟寺院のなかでも一番大きく、仏像や壁画、彩色の天井画が残されていますが、天井の岩を伝ってくる聖水があることでも良く知られています。

シンハラジャ森林保護区/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中からシンハラジャ森林保護区についての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときにはシンハラジャ森林保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シンハラジャ森林保護区
Sinharaja Forest Reserve
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:自然遺産

シンハラジャ森林保護区はスリランカの南部に広がる約1万ヘクタールの熱帯雨林です。シンハラジャ森林保護区のシンハラジャとは、「ライオンの王」を意味します。しかし、現在ではゴムや紅茶のプランテーションに切り拓かれ、かつての10分の1の面積になってしまいました。現在ではユネスコのMAB計画に指定されています。シンハラジャ森林保護区はスリランカに残る最後の低地熱帯原生林で、動植物の宝庫です。スリランカ固有の植物830種のうち、この保護区だけで約500種が見られます。鳥類の固有種が多いのも特徴で、その数は20種ほどです。鳥類の固有種も40種に及んでいます。シンハラジャ森林保護区に行くには、日本から直行便が週に3便あります。スリランカ国内は鉄道も通っているますが本数も少ないので、タクシーで移動するのが早くてお手頃です。シンハラジャまではコロンボ、またはより近くの町・ゴールから出発するのが一般的で、成田→コロンボが約11時間(直行便)、コロンボ国際空港→市内が約1時間(タクシー)市内→ゴールが約 2時間(車)です。周辺観光地としては「ゴール旧市街とその要塞化都市」があります。ここはスリランカにある7つの世界遺産の中でもシンハラジャ森林保護区に一番近い遺産です。町のシンボルでもある灯台に登れば、植民地時代の面影を残したその町並みがよく分かります。

聖地アヌラーダプラ/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中から聖地アヌラーダプラについての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときには聖地アヌラーダプラへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

聖地アヌラーダプラ
Sacred City of Anuradhapura
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

聖地アヌラーダプラは、スリランカ民主社会主義共和国の最古の首都で、古代シンハラ王朝の都としても栄えたスリランカ中北部の町です。紀元前4世紀から約600年間、首都として繁栄したものの、13世紀頃に王位継承争いなどで政情が不安定に陥ったことで、衰退してしまい、ジャングルと化してしまいました。聖地アヌラーダプラは、狩人や掃除夫、異教徒や外国人の住宅地、カーストによる墓地など考えられた都市計画のもと発展し、病院や宿泊所などもあり、当時の生活レベルの高さを知ることができます。聖地アヌラーダプラの中心には、都市計画と同様に当時の繁栄を思わせる世界最古と言われる樹齢2000年以上のスリマハ菩提樹や、高さ100mにもおよぶ世界最大の仏塔ルヴァンベリセヤ大塔、スリランカ最古と言われる仏塔ツパラマ・ダガバ、黄銅宮殿、イスルムニヤ寺跡などが残されています。

アンコール/カンボジアの世界遺産

カンボジアの世界遺産の中からアンコールについての紹介ですカンボジア旅行のときにはアンコールへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アンコールワット
Angkor
所在国:カンボジア
世界遺産登録:1992年
世界遺産の種類:文化遺産、危機遺産

アンコール遺跡とは、9〜15世紀に繁栄したクメール王朝時代の壮大な遺跡群のことです。現在のカンボジアの首都であるプノンペンから北西およそ300キロほどにあるトンレサップ湖の北側に位置しています。現在は、長く続いたカンボジア内戦で荒れた遺跡を守るために、アンコール考古学公園として、管理されています。その範囲は熱帯雨林の森林を含んで400平方キロメートルにも及びます。その中には、世界的に有名なアンコールワット、アンコールトムが含まれています。アンコールワットとはクメール語で「寺院のある町」という意味を持ちます。太陽王と称されたスーリヤヴァルマン2世によって建設されたヒンドゥー教の寺院アンコールワットはアンコールの中でも最大の建造物であり、かつ王の宗教観が表現されたクメール芸術の最高傑作とされています。そしてアンコール・トムは「大きな町」という意味を持ちます。ほぼ正方形の城壁と壕で囲まれています。見どころは、「バイヨンの微笑」といわれる彫刻がなされた、観世音菩薩の四面仏顔塔が立ち並ぶバイヨン寺院です。アンコールトムには、ほかにヒンドゥー教の神々であるナーガやアスラの像がみられ、ここから大乗仏教からヒンドゥー化した流れをかいまみることができます。

タムガリの考古的景観にある岩絵群/カザフスタン共和国の世界遺産

カザフスタン共和国の世界遺産の中からタムガリの考古的景観にある岩絵群についての紹介ですカザフスタン共和国旅行のときにはタムガリの考古的景観にある岩絵群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タムガリの考古的景観にある岩絵群
Petroglyphs within the Archaeological Landscape of Tamgaly
所在国:カザフスタン共和国
世界遺産登録:2004年
世界遺産の種類:文化遺産

タムガリの考古的景観にある岩絵群とは、カザフスタン共和国のタムガリ峡谷の周辺にある、約5000点もの岩絵彫刻(岩線刻画あるいは岩絵文字とも言われる)のことです。紀元前1500年ころ〜20世紀初頭にかけて、居住地や墓地であった場所にまとまって描かれたとされるこのタムガリの考古的景観にある岩絵群は、牧畜民をはじめ当時の人々の暮らしぶりや信仰・儀礼などが表現されていると言われています。また、多数の祭壇のようなものや、大量の古代墳墓も見つかっていることから、岩絵文字も何か宗教的な意味合いを持つものではないかと推測されています。世界遺産には、他にも岩絵群が登録されています。登録されている岩絵は、他にノルウェーのアルタ岩絵群・スウェーデンのターヌムの岩絵・イタリアのヴァルカモニカの岩絵群・メキシコのサンフランシスコ山地の岩絵等があります。

ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟/カザフスタン共和国の世界遺産

カザフスタン共和国の世界遺産の中からホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟についての紹介ですカザフスタン共和国旅行のときにはホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟
Mausoleum of Khoja Ahmed Yasawi
所在国:カザフスタン共和国
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟(ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟/コジャ・アフメド・ヤウィ廟)は、1389年から1405年の間にティムールにより造られた12世紀の宗教家・詩人のホンジャ・アフメッド・ヤサウイ(ホージャ・アフマド・ヤサヴィー/コジャ・アフメド・ヤウィ)を祀る霊廟で、青いタイルで装飾された大きなドームが特徴的な中央アジアにおける典型的なイスラム教の宗教建築物です。ティムールの後の権力者が廟の建築にあまり関心がなかった上、1405年にティムールが亡くなったことで、廟建築が中断されたまま、残されています。ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟(ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟/コジャ・アフメド・ヤウィ廟)の特徴である高さ38.7mの青色をしたダブル・ドームは、緑と金のタイルを重ねることで、その不思議なスカイ・ブルーの色を作り出していますが、その建築にあたったペルシャ人建築家は、ティムール皇帝の監督の下、さまざまな建築的、構造的な工法の実験を行ったとされ、その後のティムール帝国の首都サマルカンドの建築に応用されたと言われています。ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟(ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟/コジャ・アフメド・ヤウィ廟)は、ティムール帝国の最大規模で保存状態が素晴らしい建造物のひとつで、トルキスタンという中央アジア地域にあります。

アラビアオリックスの保護区/オマーン国の世界遺産

オマーン国の世界遺産の中からアラビアオリックスの保護区についての紹介ですオマーン国旅行のときにはアラビアオリックスの保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アラビアオリックスの保護区
Arabian Oryx Sanctuary
所在国:オマーン国
世界遺産登録年:1994年
世界遺産の種類:自然遺産
※2007年登録抹消

アラビアオリックスの保護区は中東・西アジアの国でアラビア半島東南端に位置するオマーンの中央部にある面積約2750000ヘクタールに及ぶ自然保護区で、1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。このアラビアオリックスの保護区は、野生種が絶滅したアラビアオリックス(ウシ科のレイヨウの一種)を野生に近い状態で保護・育成することを目的とした保護区として自然遺産に登録されました。丘が連なる砂漠地帯のジダット・アル・ハラシース平原のこのアラビアオリックスの保護区は、ユニコーンのモデルとなった動物と言われているアラビアオリックスの生息地でしたが、美しい角を持っているために密猟の対象とされ1972年に野生種は絶滅してしまったために、1982年にアメリカ動植物保護協会から譲り受けた10頭のアラビアオリックスをこの地で保護し、放し飼いで野性に帰す保護活動をしていました。世界遺産登録から2年後の1996年には約450頭にまで増えたアラビアオリックスでしたが、密猟対策が不十分であったりオマーン政府が資源開発のためアラビアオリックスの保護区の90%を削減を決定した結果、「条約履行のための作業指針」に違反し「顕著な普遍的価値」を破壊するとしたユネスコ世界遺産委員会により、2007年に世界遺産から登録抹消されました。これは世界遺産条約1975年に発効して以来初めてのことだそうです。現在アラビアオリックスの生息数は密猟や生息地の環境悪化のために約65頭にまで減少していると言われています。

バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群/オマーン国の世界遺産

オマーン国の世界遺産の中からバット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群についての紹介ですオマーン国旅行のときにはバット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群
Archaeological Sites of Bat, Al-Khutm and Al-Ayn
所在国:オマーン国
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群とは、オマーン北部に位置するアフダル山地に点在している、青銅器時代の集落跡のことです。銅の産出で栄えた紀元前2500年頃に、謎の民族のマガン国のものと推測されていますが、詳細は今のところ不明です。塔や住居など、建造物の多くは、ほとんど加工が施されていない扁平な石を積み上げただけのものです。バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群のあるアル・ダヒラ地方 一帯には様々な形態の墓が残っており、当時の埋葬習慣を伝える大変貴重な史料になっています。バット、アル・フトゥム、アル・アインの各村の考古遺跡は世界遺産に登録されています。実際に足を運んでみますと、バット遺跡はフェンスで囲われていて、入り口は南京錠で閉ざされています。入り口に立つ看板には、「考古学的に重要なため、石ころ一つ持ち帰ってはならない!」というようなことがしっかりと書かれています。遺跡の建造物は、中には大きな石積みもありますが、多くは、小さいか、あるいは崩れてしまって小さくなっているものが多いです。バット遺跡はとにかく広大です。炎天下、一日で全部回るのは不可能だと思います。

フランキンセンスの国土(乳香の道)/オマーン国の世界遺産

オマーン国の世界遺産の中からフランキンセンスの国土(乳香の道)についての紹介ですオマーン国旅行のときにはフランキンセンスの国土(乳香の道)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

フランキンセンスの国土(乳香の道)
Land of Frankincense
所在国:オマーン国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

フランキンセンスは乳香のことですが、オマーンの特産物であり、世界中で大変高価な香水として知られています。フランキンセンスは樹脂乳香のことですが、古代から宗教儀式や病気の治療薬として使用されてきました。当時から大変貴重なものとして取り扱われ、ほとんど同量の金と同じ価値があるとされていました。フランキンセンスは古フランス語で“真実の薫香”を意味するところからきています。フランキンセンスの国土は3つの遺跡からなっています。Shisr、Khor Rori、Al-Balidです。これらは皆、砂漠にあり、フランキンセンスの木が生えている地域です。遺跡は青銅器時代から12世紀までの歴史があります。これらの遺跡に行くには、マスカットから飛行機でいくか、砂漠を1,050キロ自動車で横断する必要があります。自動車の場合はおおよそ9-10時間の行程です。車のついては道路の状態が不明な場合がおおいので4WD車を用意したほうがいいでしょう。フランキンセンスの国土について、より詳しい情報を知りたい場合は、Al-Balidに行くといいでしょう。ここはサララハの郊外にあるサララハ博物館があるからです。

アフラージュ、オマーンの灌漑システム/オマーン国の世界遺産

オマーン国の世界遺産の中からアフラージュ、オマーンの灌漑システムについての紹介ですオマーン国旅行のときにはアフラージュ、オマーンの灌漑システムへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アフラージュ、オマーンの灌漑システム
Aflaj Irrigation System of Oman
所在国:オマーン国
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

アラビア半島の海洋国、オマーン。正式の国名は、オマーン・スルタン国といいます。スルタンとはイスラム教国の君主のことで、英語名を直訳すると、「スルタンの領地・オマーン」ということになります。オマーン国内には現在でも灌漑用水路は3000ヶ所以上あります。灌漑用水路のこのシステムの起源は西暦500年にさかのぼるかもしれません。考古学上で言うならば、潅漑システムが西暦紀元前2,500年にさかのぼるとも考えられています。この潅漑システムの特徴は、資源の均等な共同使用が目的になっており、地下の源あるいは泉から重力を使って水を数キロ先の農地や家庭の住宅へ送り込まれいます。また、給水システムを警備するために作られた多数の見張り塔が建てられています。 オマーン国内の5つの灌漑用水路が2006年にユネスコ世界遺産に指定されました。

バハラ城塞/オマーン国の世界遺産

オマーン国の世界遺産の中からバハラ城塞についての紹介ですオマーン国旅行のときにはバハラ城塞へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バハラ城塞
Bahla Fort
所在国:オマーン国
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

バハラ城塞(バフラ城塞)は、オマーン国の首都マスカット南西208kmに位置するアフダル山地山麓付近の砂漠エリアにあるオアシス都市です。オマーンを代表する最大規模のバハラ城塞(バフラ城塞)は、7世紀前後のイスラム時代に外部からの侵略(海からはペルシア人、砂漠からはベドウィン族などからの侵略)を防ぐために建設されました。バハラ城塞(バフラ城塞)は、総延長が約12kmある城壁に囲まれ、高さ約50mの円形、または方形の監視塔が要所に建てられています。バハラ城塞(バフラ城塞)は、砂漠の中にあるにも関わらず、地下水に恵まれていたため、居住地だけでなく、ナツメやしなどを栽培した農地もあり、城塞を囲む城壁にも、日干しレンガのほかにナツメやしの幹が材料として利用されています。城壁に利用されている日干しレンガは、絶えず改修の必要性があるほど、もろい性質を持つため、1987年に文化遺産として世界遺産登録された後には、風化が目立ち、1988年には危機遺跡とされましたが、今ではそれも落ち着き、2004年には危機遺跡登録も解除されました。

シャフリサブス歴史地区/ウズベキスタン共和国の世界遺産

ウズベキスタン共和国の世界遺産の中からシャフリサブス歴史地区についての紹介ですウズベキスタン共和国旅行のときにはシャフリサブス歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シャフリサブス歴史地区
Komodo National Park
所在国:ウズベキスタン共和国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

シャフリサーブスの歴史地区はウズベキスタンのサマルカンドの南部のカシュカダヤ地方に位置しているおり、もともとは心休まる場所という意味のケシュ(Kesh)という名前で知られていた街であります。古代のシャフリサブスは、中央アジアの都市の中でも最古の歴史を持つものであり、ティムール帝国〔1370〜1405年〕を興したティムールが生まれた街として知られ、この地にサマルカンドにも劣らない豪華な建築物をシャフリサーブスに残しました。ティムールはシャフリサブスを自らの故郷と考え、ここに自らの墓を建設することを計画したりもしたが、ティムール朝の時代、シャフリサブスは、徐々に帝国の中心の地位をサマルカンドに譲ることとなったのです。ブハラの首長であったアブドゥッラー2世は、16世紀に豊かな街に嫉妬し、街の大部分を破壊し、シャイバーニー朝の興隆を図った。伝説によると、アブドゥッラーが街を破壊したのは、シャフリサブスの攻略の際に急な坂道を登る際に、疲労で愛馬が死んだがゆえにその怒りが町に向けられたものとして伝えられています。

ブハラ歴史地区/ウズベキスタン共和国の世界遺産

ウズベキスタン共和国の世界遺産の中からブハラ歴史地区についての紹介ですウズベキスタン共和国旅行のときにはブハラ歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ブハラ歴史地区
Historic Centre of Bukhara
所在国:ウズベキスタン共和国
世界遺産登録年:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

ブラハは、中央アジアのシルクロードの拠点として2000年以上の歴史を持つ町で、ウズベキスタンの中央部、ザラフシャーン川下流域のオアシス地帯に位置しています。旧市街と新市街が自然な形で融合している町で、そのなかにブラハ歴史地区があります。シルクロードのオアシスの町として発展したブラハは、地名はサンスクリット語のブィハーラ(僧院)からきているとも言われます。その名の通り、かつては宗教の町として全中央アジアからイスラム教信者が集まったといいます。 1500年にウズベク族が建国後、ブハラはシルクロードの重要な町で、カラハン朝ブハラ・ハーンの首都として栄えました。中心部の市街地は、中世の面影がまだ残っています。日干し煉瓦の城壁には、さまざまな模様が刻まれています。城壁は、単に外敵の侵入を防ぐだけでなく、キジル・クム(赤い砂漠)から押し寄せる大量の砂をせき止める役目も果たしていました。ブラハ歴史地区には、1934年に砂の中から発見されたブラハ最古のマゴキ・アッタリー寺院やバラ・ハウズ・モスク、砂漠の灯台ともいえるカルヤーン・ミナレット(光塔)、中央アジア最古のメドレセ(イスラム神学校)のウルグベクやミール・アラブ、イスマイル・サマニ廟、市場、城西などが残っています。  ◆バラ・ハウズ・モスク:バラ・ハウズ・モスクは、1712年に造られたモスクです、このモスクの最大の特徴は他のモスクと違って、柱や天井が木造であるということです。  柱も天井も彫刻が施されており、美しい彩色が施されています。  天井を支えている柱は硬いチーク材で作られていますが、根元の部分が、細く削られているので、、腐食や乾燥に対しても弱いと思われます。バラ・ハウズ・モスクは、現在も現役のモスクとして使われています。当然のことながらモスクの内部には、モスレム以外は、入ることはできません。

イチャン・カラ/ウズベキスタンの世界遺産

ウズベキスタンの世界遺産の中からイチャン・カラについての紹介ですウズベキスタン旅行のときにはイチャン・カラへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

イチャン・カラ
Itchan Kala
所在国:ウズベキスタン
世界遺産登録:1990年
世界遺産の種類:文化遺産

イチャン・カラは、ウズベキスタンの首都タシケントから西へおよそ750キロ、飛行機で約二時間の行程である、ヒヴァ(ホラズム州)にあります。ヒヴァは古代よりカラクム砂漠への入り口にあるオアシス都市として繁栄してきました。1643年にはヒバ・ハーンの首都となり、政治経済、そして宗教の中心地として発展しました。その美しさは「中央アジアの真珠」と称されたほどでした。ヒヴァには外城のデシャンカラと内城のイチャン・カラがあり、そのうちディチャンカラは一般民衆の居住域で、イチャンカラにはハーンの宮殿や、モスク、メドレサ、ミナレットが建てられました。この旧市街イチャンカラが世界遺産の対象区域となっています。なかでも見どころは、青と緑のタイルで飾られた、高さ45メートルにもおよぶイスラム・ホジャのミナレットです。上まで登って、ヒヴァを上から見渡すことができます。

サマルカンド-文化交差路/ウズベキスタンの世界遺産

ウズベキスタンの世界遺産の中からサマルカンド-文化交差路についての紹介ですウズベキスタン旅行のときにはサマルカンド-文化交差路へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サマルカンド-文化交差路
Samarkand - Crossroads of Cultures
所在国:ウズベキスタン
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

サマルカンドは紀元前10世紀ころからイラン系民族のオアシス都市として発展しました。またギリシャ史では紀元前4世紀のアレクサンドロス3世率いるマケドニア王国遠征軍に最後まで抵抗したソグド人の都市「マラカンダ」の名で知られています。その後、中央アジアの要衝として栄え、13世紀モンゴル帝国の支配を経て、14世紀後半ティムール帝国(首都サマルカンド)が成立しました。その後、ロシア帝国、ソヴィエト連邦の支配を経て、1991年共和国独立を果たしました。ウズベキスタンの主要民族は、トルコ語系モンゴロイド人種で、ウズベク人が80%、ロシア人5.5%、タジク人5%その他で、人口は2660万人(2005年)おり、イスラム教スンニ派が多いといわれています。サマルカンドへの行き方ですが、成田から関空を経て首都タシケントまでの直行便が、8時間30分で結んでいます。タシケントからサマルカントは列車で4時間、後はバスだで、ブハラからヒヴァは500Km、キジルクム砂漠を8時間走行します。また砂漠を走るので、途中にトイレはありません。気温は最高45度(季節は7月)にもなり、熱風を覚悟しなければなりません。こうした地域の常ですが、衛生状態がよくありません。生水、生野菜、果物等には細心の注意を払わないと、下痢を起こす可能性が大で、おなかの薬は必需品です。

ミーソン聖域/ベトナムの世界遺産

ベトナムの世界遺産の中からミーソン聖域についての紹介ですベトナム旅行のときにはミーソン聖域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ミーソン聖域
My Son Sanctuary
所在国:ベトナム
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

ミーソン聖域はベトナム中部クアンナム省にある古代チャンパ王国の聖なる遺跡です。1999年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。ミーソン聖域はサンスクリットによる正式名称をシュリーシャーナバドレーシュヴァラといい、チャンパ王国の宗教(ヒンドゥー教シヴァ派)の聖域であり、聖山マハーパルヴァタを望むクアンナム省ズイスエン県ミーソン圏谷にあります。7世紀から13世紀、ベトナム中部を支配したチャンパの歴代の王たちは、ヒンドゥー教の聖域とされていたミーソンに、チャンパ塔や多くの伽藍(がらん)を築きました。ミーソンにはレンガ作りの遺構が残っていますが、ベトナム戦争当時の爆撃によってかなり破壊されています。戦後、ベトナム人研究者からなる調査団は、地雷原の中にあったミーソン聖域の修復と保存に命懸けで取り組みました。インドネシアから北上してきたチャムと呼ばれる民族が開いたチャンパ王国。ミーソンは、東南アジアで早い時期に建国されたチャンパ王国の、ヒンドゥー教文化を今に伝える貴重な遺跡です。遺跡の近くを大河トゥーボン川(秋盆江)が流れており、川の女神を祀る秋盆夫人祠とサンスクリット碑文があります。
トゥーボン川の中流には王都チャキエウ(茶蕎)遺跡があり、河口には近世に日本人町が栄えた港町ホイアン(会安)があります。

ハロン湾/ベトナムの世界遺産

ベトナムの世界遺産の中からハロン湾についての紹介ですベトナム旅行のときにはハロン湾へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハロン湾
Ha Long Bay
所在国:ベトナム
世界遺産登録年:1994年、2000年
世界遺産の種類:自然遺産

ハロン湾はベトナム北部、トンキン湾北西部にあるさまざまな奇岩が海に突き出した大小3000もの島がが存在するベトナム隋一の景勝地です。この幻想的で迫力のある景観が桂林に似ているところから、「海の桂林」とも呼ばれています。ハロンとは「降龍」を意味し、中国がベトナムに侵攻してきた時、龍の親子が現れ、中国軍を打ち破り、ベトナムを救ったという言い伝えがあります。湾内の島々は、そのとき龍が口から吐き出した宝石だといわれています。。 ハロン湾は、石灰岩台地が沈降し、風化作用によって削られ、現在の姿となりました。地質学的には北は桂林から南はニンビン(寧平)までの広大な石灰岩台地の一角からなっています。 約7,000年前の新石器時代にはわずかに人が住んでいましたが、現在はほとんどの島が無人です。反面、動物たちにとっては、モンスーン林や竹林が生い茂る島々は、理想的な営巣地となっています。世界でも珍しいオナガザル科のフランソワリーフモンキーや、ファイールルトンの唯一の棲息地となっています。世界遺産に登録されて以降、国内外から年間200万人が訪れるにぎやかな場所に様変わりしました。観光のために整備された島のいくつかには、海水浴場、湾内で獲れるカニやシャコなどの新鮮なシーフードが楽しめる飲食店などができています。しかし、観光客の増加や農地開拓発、石炭の採掘などで環境が悪化してきているのも事実です。サンゴ礁が激減するなど自然破壊が進み、湾内の生態系を脅かしています。

フォンニャ-ケバン国立公園/ベトナムの世界遺産

ベトナムの世界遺産の中からフォンニャ-ケバン国立公園についての紹介ですベトナム旅行のときにはフォンニャ-ケバン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

フォンニャ-ケバン国立公園
Phong Nha-Ke Bang National Park
所在国:ベトナム
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:自然遺産

フォンニャ-ケバン国立公園は、ベトナムのクアンビン省(廣平省)にある国立公園です。2003年、ユネスコによって世界遺産に登録されました。フォンニャ洞窟はベトナム最大の洞窟で、2億5千年前に形成されました。フォンニャとは「歯の洞窟」という意味です。美しい鍾乳洞により多くの観光客が訪れます。
9〜10世紀にチャム族が仏教の聖域として利用し、1990年に英国の探検隊が地下及び水中の地図を作成し、総延長を計測しました。公園内は、古生代の約4億年前から成長を続けるカルスト地帯で、アジアの主要なカルストのなかで最古のものです。カルストの生長は地殻の上昇と海面の変動が原因とされ、ラオス国教までの約65kmにわたって、鍾乳洞や地下湖、地下河川などが続いています。この辺りは,大小約300の鍾乳洞があり、一般公開されているのは、2カ所だけです。フォンニャ-ケバン洞窟内に流れる地底川を、小船に乗り、薄暗くヒンヤリとした中を進んで行き、途中、船を降りて洞窟入り口まで歩いて戻ってくルートとなっています。ダイナミックな鍾乳石群は、ところどころライトアップされて神秘を演出しています。洞窟の入り口付近からさらに、500段の階段を上ると、もう1つの洞窟「仙人の洞窟」があります。こちらは世界遺産に登録されていませんがフォンニャ-ケバンよも、鍾乳石が密集していて迫力があります。フォンニャ-ケバン国立公園には、哺乳類65種、鳥類260種、爬虫類・両生類75種、淡水魚61種と、植物735種が生息しています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。