古都ホイアン/ヴェトナム社会主義共和国の世界遺産

ヴェトナム社会主義共和国の世界遺産の中から古都ホイアンについての紹介ですヴェトナム社会主義共和国旅行のときには古都ホイアンへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古都ホイアン
Hoi An Ancient Town
所在国:ヴェトナム社会主義共和国
世界遺産登録:1999年 
世界遺産の種類:文化遺産

ホイアンは、ダナンから南へ25qトゥポン川のほとりに位置する静寂な港町です。貿易都市としての歴史は古く、チャンパ王国時代には中国・インド・アラブを結ぶ中継地として、アジアでも活気のある中継貿易港として栄えました。17世紀〜19世紀には、中国、日本、ポルトガル、フランスの商人が川沿いに定住してお茶、シルク、コーヒーカシュナッツなどの貿易をしていました。商人たちが建築した故郷を偲ばせる建築様式はほぼ完全な状態で現在まで伝えています。江戸時代の日本人のお墓や、日本橋の別名を持つカウライヴイサン橋など日本との交易を物語っている。現在の街並みは18世紀後半以降のもので多様な文化が入り混じった街並みは多くの観光客を魅了している。

フエの建造物群/ヴェトナム社会主義共和国の世界遺産

ヴェトナム社会主義共和国の世界遺産の中からフエの建造物群についての紹介ですヴェトナム社会主義共和国旅行のときにはフエの建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

フエの建造物群
Complex of Hue Monuments
所在国:ヴェトナム社会主義共和国
世界遺産登録:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

フエの建造物群は、1802年に国内統一されたのを機にザロン帝こと阮福暎(グエン・フク・アイン)により建てられたベトナム最後の王朝グエン朝(阮朝)の首都して1945年まで繁栄した古都フエの中にある建造物群で、遺産規模は520kmにも及んでいます。フエの建造物群は、ヴェトナム中部、ダナン北西100kmに位置しています。南シナ海へと流れるフォン川左岸にある古都フエの中には、旧王宮や明命帝の霊廟(れいびょう)、六角の形をした高さ21mまで伸びた七重の塔・トゥニャン塔をもつティエン・ムー寺やホンチェン寺院など、中国、フランスの影響を受けつつも亜熱帯独特のスタイルが入り交じったスタイルの建造物が建ち並んでいます。

ブッダガヤの大菩提寺/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からブッダガヤの大菩提寺についての紹介ですインド旅行のときにはブッダガヤの大菩提寺へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ブッダガヤの大菩提寺
Mahabodhi Temple Complex at Bodh Gaya
所在国:インド
世界遺産登録年:2002年
世界遺産の種類:文化遺産

ブッダガヤの大菩提寺はインド東部のビハール州はパトナーから約100キロメートルほど離れたネーランジャヤー(尼蓮禅)河のほとりにある古い煉瓦構造建築様式の1つで、釈迦牟尼(ゴータマ・ブッダ/釈迦)が悟りを開いたとして有名な場所として2002年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。紀元前530年に僧として修行の放浪の旅をしていた釈迦(ブッダ)がガンジス川支流の森の岸に着いたその一を示すためにブッダガヤの大菩提寺は建立されました。ブッダガヤの大菩提寺(マハーボーディー寺)には本堂が高さ52メートルの大塔と、ブッダ(釈迦)が成道(悟りを開いた時)したときに座っていた金剛宝座と、成道したときにその陰にいたブッダ(釈迦)の菩提樹(ピパラの樹)、沐浴の蓮池などが残されており、世界でも有数の宗教である仏教生誕の地として八大聖地の一つと言われています。ブッダガヤの大菩提寺(マハーボーディー寺)は13世紀にイスラム軍団からの破壊を免れるために、仏教徒によって大塔一円を土で覆いましたが、19世紀末にイギリス人によって発掘されました。

サーンチーの仏教建造物群/インド共和国の世界遺産

インド共和国の世界遺産の中からサーンチーの仏教建造物群 インド共和国についての紹介ですインド共和国旅行のときにはサーンチーの仏教建造物群 インド共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サーンチーの仏教建造物群
Buddhist Monuments at Sanchi
所在国:インド共和国
世界遺産登録:1989年
世界遺産の種類:文化遺産

サーンチーの仏教建造物群は、インド中部、マディア・プラデシュ州にあり、インドの首都ニューデリーの南約580Kmに位置しています。釈尊滅後およそ100年の頃である、紀元前268年頃 〜 紀元前232年にマウリヤ朝の第3代の王であるアショーカ王は、古代インドにあって仏教を守護した大王として知られています。釈尊の遺骨は8つのストゥーパに分骨されていましたが、アショーカ王はさらに分けて、インド亜大陸全土に8万以上の寺院や僧院、ストゥーパを建立しました。そのほとんどは、仏教の衰退とともに崩れ、焼け落ち、破壊されて消滅しましたが、サーンチーの丘の上には樹木で覆われ、人々から忘れ去られていたことから、奇跡的に3基のストゥーパがほぼ完全な形で残されています。第1塔は大ストゥーパで、第2塔は丘の下に1つだけ離れてたたずんでいて、第3塔は仏陀の高弟である舎利弗の遺骨が納められています。今では、サーンチーは世界の仏教徒にとって、聖地のひとつになっています。

ナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園 /インド共和国の世界遺産

インド共和国の世界遺産の中からナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園 インド共和国についての紹介ですインド共和国旅行のときにはナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園 インド共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園
Nanda Devi National Park
所在国:インド共和国
世界遺産登録:1988、2005年
世界遺産の種類:自然遺産

ナンダ・デヴィ国立公園及び花の谷国立公園は、インド北部、ウッタル・プラデシュ州、中国およびネパールの国境付近にあり、首都ニューデリーの北東約330Kmに位置しています。
標高7816mの、ヒマラヤ山脈の一角を担う高峰ナンダ・デヴィは、「祝福された女神」という意味があるらしく、女神ナンダが住む聖地として守られてきました。
絶滅の危機に瀕する大型ネコの仲間であるユキヒョウの最後の生息地でもあり、他にもヒマラヤジャコウジカなどの珍しい動物もも生息しています。
20世紀初めに、本格的な登山が始まりましたが、大量のゴミが発生したために、1978年以降、環境保護のために立ち入りが禁止されていて、今では人跡未踏の地と言えそうです。
だから、ナンダ・デヴィ峰を遠巻きに眺めるだけですが、燦然と輝く氷河や、まばゆいばかりの白い雪原は壮大なパノラマ景観です。
1988年に世界遺産登録されて、その後2005年に拡張登録されています。

スンダルバンス国立公園/インド共和国の世界遺産

インド共和国の世界遺産の中からスンダルバンス国立公園 インド共和国についての紹介ですインド共和国旅行のときにはスンダルバンス国立公園 インド共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

スンダルバンス国立公園
Sundarbans National Park
所在国:インド共和国
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:自然遺産

スンダルバンス国立公園は、インドの西ベンガル州、コルカタ(カルカッタ)の南東約60kmの地点の、ベンガル湾の海水と、ヒマラヤを源流とするガンジス川・ブラマプトラ川の両河川の淡水が合流し合う河口地帯にあります。そのガンジス川とブラマプトラ川の合流する河口付近に堆積した土砂によって形成された、デルタ地帯は世界最大を誇っています。その沿岸に鬱蒼と繁る世界最大のマングローブ林があり、野鳥、魚類、ワニなどのは虫類、シカ、サルなど多様な生物が生息しています。スンダルバンス国立公園内には、ガンジスカワイルカなどの水生哺乳類や、数種類のコウノトリ類を含む多様な鳥類、イリエワニやウミガメなどの爬虫類を含む希少種・絶滅寸前種の相当種が生息しています。その中でも、絶滅の危機にあるベンガルトラ最大の棲息地で、現在はタイガー・リザーブと言われる虎保護区になっています。ベンガルトラは乱獲のため1972年にはわずか27頭にまで減少しましたが、徐々に増加してきていて、現在では約250頭を数え、インドで最多を誇っていて、手厚い保護を受けています。

大チョーラ朝寺院群/インド共和国の世界遺産

インド共和国の世界遺産の中から大チョーラ朝寺院群 インド共和国についての紹介ですインド共和国旅行のときには大チョーラ朝寺院群 インド共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

大チョーラ朝寺院群
Great Living Chola Temples
所在国:インド共和国
世界遺産登録:1987、2004年
世界遺産の種類:文化遺産

大チョーラ朝寺院群は、インド南東部、タミル・ナードゥ州にあり、チェンナイ(マドラス)の南西約290Kmに位置していて、タンジャーヴール県の県庁所在地にあります。
9世紀から13世紀に、南インドのタミル地方に栄えたドラヴィダ人の王国チョーラ朝の覇権を伝えるものです。
チョーラ朝は、南インドを支配したタミル系のヒンドゥー王朝のことです。
1010年、チョーラ朝の首都であるタンジャーヴールに、同王朝の全盛期を築いた英主ラージャラージャ1世は、シヴァ神そ祀るプリハーディシュワラ寺院を完成させました。
プリハーディシュワラ寺院は、本堂の高さは63mで、その頂部には重さ80tの円蓋置かれていています。
境内は約120mX240mあり、回廊に囲まれていて、回廊の内側には男性器像が並んでいます。
また、1930年に本堂の漆喰層の下から発見されたのは、魅惑的な天上界の舞姫や楽士達を描いた大チョーラ朝時代の壁画だったのです。
1987年に世界遺産登録されて、その後2004年に拡張登録されています。

エレファンタ石窟群/インド共和国の世界遺産

インド共和国の世界遺産の中からエレファンタ石窟群 インド共和国についての紹介ですインド共和国旅行のときにはエレファンタ石窟群 インド共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

エレファンタ石窟群
Elephanta Caves
所在国:インド共和国
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

エレファンタ石窟群は、中インドのマハーラーシュトラ州、ムンバイ (ボンベイ) の北北東約10kmの沖にあるアラビア海に浮かぶ周囲わずか 7キロメートルの小さな島、エレファンタ島にあります。このエレファンタ島に、岩山を掘ったヒンドゥー教の石窟寺院が残されています。エレファンタ島の名は、16世紀にポルトガル人が発見した、いくつもの大きな象の彫刻に由来していると言われています。古代インドの神は自然の岩窟の奥深くから信者の前に姿を現す、と言うヒンドゥ教の考え方とシヴァ神への帰依の心から、7世紀頃この島を修行の場とした僧侶たちが造ったものです。こうして作られた7つの石窟寺院は、第1窟のみ保存状態が良く、その壁面には見事なシヴァ神像がいくつも彫られています。その中でも、特に傑作とされているのは、高さ5.5mの巨像で3つの顔を持つ三面シヴァ神像です。

パッタダカルの建造物群/インド共和国の世界遺産

インド共和国の世界遺産の中からパッタダカルの建造物群 インド共和国についての紹介ですインド共和国旅行のときにはパッタダカルの建造物群 インド共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

パッタダカルの建造物群
Group of Monuments at Pattadakal
所在国:インド共和国
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

パッタダカルは、インド南西部のカルナータカ州、 ムンバイ (ボンベイ)フォンの南東約 460kmに位置しています。6〜8世紀半ばのチャルキヤ朝の首都はバーダーミにありましたが、パッタダカルはチャルキヤ王朝の第2の都市として栄えました。この地に遺跡として残るヒンドゥー教の寺院群は、南インド洋式と北インド洋式とが混在していて、現在は9つ残っています。最も大規模で雄大なヴィルーパークシャ寺院は、8世紀にパッラヴァ朝との戦いに勝利して凱旋した王の名誉を記念して造営された南インド洋式の寺院で、ピラミッド形です。
北インド洋式の代表的な寺院は、ガラガナータ寺院とパーパナータ寺院で、砲弾形です。イスラム教徒による大きな攻撃にさらされずに、パッタダカルの遺跡は奇跡的に破壊を免れることができ、聖域がほとんど無傷で残ったから、今にいたるまで「寺院都市」としての景観を残しています。

ケオラデオ国立公園/インド共和国の世界遺産

インド共和国の世界遺産の中からケオラデオ国立公園についての紹介ですインド共和国旅行のときにはケオラデオ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ケオラデオ国立公園
Keoladeo National Park
所在国:インド共和国
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:自然遺産

ケオラデオ国立公園は、インドの北部に位置する自然遺産で、ラジャスタン州の東部、デリーの南にあたりますす。ケオラデオ国立公園は、19世紀から人手によって水門や水路などが整えられた人工の湿地帯で、約364種の野鳥が観測されたアジア最大級の野鳥保護区となっています。モンスーン後の10月から3月にかけての乾季には、多くの野鳥や渡り鳥が集まります。モズ、ヒタキ、アオバト、ヒヨドリなどは良く見られますが、中には絶滅危惧種のツルなどの貴重な野鳥も見ることができます。また、鹿、ヒョウ、サンバル、アンティロープ、ジャッカル、などの動物やニシキヘビなどの爬虫類も多く生息しています。ケオラデオ国立公園は、人工による灌漑工事を行った結果、一年中安定した沼沢地の環境が維持されるようになりました。乾季には多くの観光客が集まり、サイクリングをしながらバードウォッチングを楽しめるようになっています。

マナス野生生物保護区/インド共和国の世界遺産

インド共和国の世界遺産の中からマナス野生生物保護区についての紹介ですインド共和国旅行のときにはマナス野生生物保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マナス野生生物保護区
Manas Wildlife Sanctuary
所在国:インド共和国
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:自然遺産/ 危機遺産

マナス野生生物保護区は、インド北東部に位置するアッサム州にある自然遺産です。ブータンおよびバングラデシュと国境を接するマナス国立公園で、ヒマラヤ山脈のふもとの緩やかな傾斜地にあり、熱帯雨林に変わる地域です。マナス野生生物保護区は、絶滅危機にある虎、インドサイ、インド象、などが生息し、コビトイノシシの個体群が生息する世界唯一の場所でもあります。また、地域内の民族抗争が激化し、密猟などを含めて大きな損害が起こりました。このため、インド政府、アッサム州政府、公園当局は、管理保護体制を強化しました。マナス野生生物保護区は、野生水牛、ベンガルトラ、ヒョウ、ウンピョウ、ゴールデン・ラングール、ガウル、アジアゾウ、アラゲウサギ、ベンガルショウノガン、サイチョウ、クジャクなど絶滅危惧種を含め、貴重な生き物が多く生息する自然遺産となっています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。