タフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群/パキスタンイスラム共和国の世界遺産

パキスタンイスラム共和国の世界遺産の中からタフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群についての紹介ですパキスタンイスラム共和国旅行のときにはタフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群
Buddhist Ruins at Takht-i-Bahi and Neighbonibg City Remains at Sahr-i-Bahlol
所在国:パキスタンイスラム共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

タフティ-バヒーの仏教遺跡群とサライ-バロールの近隣都市遺跡群はパキスタンのペシャワール市の北東約50qにあるタフティ-バヒ〔春の王座〕に残る山岳仏教の仏教遺跡群です。これらの遺跡群は山の中腹にあり、搭院、僧院、会堂、などの遺跡群として残されており、特に搭院跡には仏搭の方形基壇と祀堂郡の山岳仏教の特徴のある遺跡が残されております。ガンダーラにおける山岳仏教寺院の代表格とも言われています。丘陵に点在する建物群は1-7世紀にかけて建造されものですが、ガンダーラは北西辺境州の州都・ペシャワール一帯の古い地名。クシャン王朝時代にもっとも栄えたといわれます。近くにあるサライ-バロールにも都市跡にタフティ-バヒーの仏教遺跡群と同様な仏教遺跡群が数多く残されています。方形基壇なども他には無いほど数多くのこされています。

ロータス城塞/パキスタンの世界遺産

パキスタンの世界遺産の中からロータス城塞についての紹介ですパキスタン旅行のときにはロータス城塞へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ロータス城塞
Rohtas Fort
所在国:パキスタン
世界遺産登録: 1997年
世界遺産の種類:文化遺産

ロータス城塞 (Rohtas Fort)は、ラーワルピンディーの南東約80qにあり、ムガル帝国第2代皇帝のフマユーンから一時的に王位を奪ったスール朝のシェール・シャー・スゥリー(Sher Shah Suri)が、中央アジアからの遊牧民の侵入を阻止するために1540年に造られたという堅牢な城塞。ロータス城塞 は周囲は5kmもあります。ロータス城塞の入り口にはソヘール門(SOHAIL GATE)という美しい構えのゲートがあります。聖者ソヘール・ブカーリィーの名前に由来するもっとも美しい門の1つです。ロータス城塞の内側にはロータス村が存在します。その村の住人は遊牧民で中央アジアからの遊牧部族の侵入を阻止するために作られたはずのロータス城塞を住まいとしています。パキスタン政府は立ち退きを勧告していますが、ロータス村の住民は勧告を無視しているそうです。

ラホールの城塞とシャーリマール庭園/パキスタンの世界遺産

パキスタンの世界遺産の中からラホールの城塞とシャーリマール庭園についての紹介ですパキスタン旅行のときにはラホールの城塞とシャーリマール庭園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ラホールの城塞とシャーリマール庭園
Fort and Shalamar Gardens in Lahore
所在国:パキスタン
世界遺産登録: 1981年危機遺産(2000)
世界遺産の種類:文化遺産 危機遺産

ラホールの城塞とシャーリマール庭園(Fort and Shalamar Gardens in Lahore)は、タージ・マハルを建築したシャー・ジャハーンが建てた保養施設シャーリマール庭園と17 世紀に建てられた赤い砂岩造りのバドシャイモスクとそのミナレットはシーシュ・マハル、アーラムギーリー門、ノウラーカー・パビリオン、モーティー・マスジドといった有名な遺跡が存在し、パキスタン、パンジャブの州都ラホールの旧市街にそびえる世界遺産です。11 世紀から 17 世紀にかけて、ラホールはインドのムガル帝国の中心として栄え、その後はシク王国の中心となりました。シャーリマール庭園は1999年に道路拡張により庭園の貯水池の一部が取り壊された。その事で危機遺産の登録を2000年に急所行い、現在は、保護体制は急速に整備されつつあります、そのおかげで、危機遺産リストからの削除の日も近いといわれています。

タッターの文化財/パキスタンの世界遺産

パキスタンの世界遺産の中からタッターの文化財についての紹介ですパキスタン旅行のときにはタッターの文化財へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タッターの文化財
Historical Monuments of Thatta
所在国:パキスタン
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:文化遺産

タッターはパキスタン・シンド州にある人口22,000人の歴史的な都市です。この都市の歴史は14世紀に始まります。その後、インドのムガール帝国の支配下に入りました。18世紀に入ると、そのころ急激に勢力を伸ばしてきたアフシャール朝の初代のシャーであるナーディル・シャーにより侵攻を受け、陥落し、次に遺棄されるに至りました。当時、ナーディル・シャーはアナトリア東部からイラン、中央アジア、インドにおよぶ広大な領域を支配下に入れ、その武勇は「ペルシアのナポレオン」、「第二のアレクサンドロス」と言う歴史家もいます。タッターの文化財は1647年から1649年にかけて、シャー・ジャハーンの手によって建設されました。建物は釉薬がかけられたタイルが特徴です。また、1461年から1509年にかけてタッターを統治したジャーム・ニザームディーンやムガール帝国の役人の墓もタッターにはあります。また、数千の墓を持つ広大な共同墓地がマクリーの丘の近くに見つかっています。タッターの中心地には、シャー・ジャハーンが建設したモスクがあります。このモスクは101もののドームによって構成され、拡声器などの道具なしでもこのモスクの随所でイマームの声が届くように設計されています。

モヘンジョダロの遺跡群/パキスタン・イスラム共和国の世界遺産

パキスタン・イスラム共和国の世界遺産の中からモヘンジョダロの遺跡群についての紹介ですパキスタン・イスラム共和国旅行のときにはモヘンジョダロの遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

モヘンジョダロの遺跡群
Archaeological Ruins at Moenjodaro
所在国:パキスタン・イスラム共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

モヘンジョダロの遺跡群は、世界四大文明のひとつと言われるインダス文明を代表する最古、そして最大の都市遺跡です。モヘンジョダロは、紀元前2500年から紀元前1800年の間、最大4万人が暮らしていたと言われるほど、とても栄えていたと言われていますが、大規模な洪水で衰退したと考えられています。モヘンジョダロの遺跡群には、穀物倉庫、沐浴用大浴場、焼レンガで造られた住宅、会議用広場、学問所、祭祀場などの遺跡が残されていますが、それらをつなぐ直線道路からもわかるように、緻密な都市計画のもと、造られた都市で、モヘンジョダロの東側には市街地、西側には城塞が配置されています。モヘンジョダロの遺跡群は、パキスタン・イスラム共和国のインダス川西、シンド州ラールカナから南に36km行ったところにあり、1922年にR・G・バナルジーによる発掘調査で発見されました。

カルアト・アル-バフレーン−古代の港とディルムンの首都/バーレーンの世界遺産

バーレーンの世界遺産の中からカルアト・アル-バフレーン −古代の港とディルムンの首都についての紹介ですバーレーン旅行のときにはカルアト・アル-バフレーン −古代の港とディルムンの首都へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カルアト・アル-バフレーン −古代の港とディルムンの首都
Qal'at al-Bahrain ― Ancient Harbour and Capital of Dilmun
所在国:バーレーン
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

「カルアト・アル-バフレーン−古代の港とディルムンの首都」は、中東の国であるバーレーンにある世界遺産です。マナーマ郊外のカルババードに位置するカルアト・アル-バフレーン自体は14世紀にこの地を支配していたアラブ人が築いた要塞の跡に、その後、支配したポルトガル人が1522年、新たに建設した要塞の遺跡です。そのため、別名バーレーン要塞(バーレーンフォート)とも、ポルトガル要塞とも呼ばれます。それだけならただの遺跡にすぎないのですが、この遺跡を発掘している際に、なんと紀元前三千年もの昔に栄えたディルムン文明があったことが判明したのです。バーレーンは古代、ディルムンという名前であり、メソポタミア文明とインダス文明の二大文明をつなぐ重要な中継地として、豊富な湧き水によるオアシスとして、繁栄を遂げました。かのギルガメッシュ叙事詩にも、「聖なる島」「不老不死の地」として記録されています。つまりカルアト・アル-バフレーンには、4000年もの長きにわたって、幾層もの遺跡が形成されているのです。まだ発掘は四分の一程度しか進んでいない状況ですが、しっかりと整備された道路、住居、公共施設、そして数千もの古墳が確認されています。発掘が進むにつれまだまだ新しい研究結果が出てくることが期待されています

ロイヤル・チトワン国立公園/ネパール王国の世界遺産

ネパール王国の世界遺産の中からロイヤル・チトワン国立公園についての紹介ですネパール王国旅行のときにはロイヤル・チトワン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ロイヤル・チトワン国立公園
Royal Chitwan National Park
所在国:ネパール王国
世界遺産登録:1984年  
世界遺産の種類:自然遺産

ロイヤル・チトワン国立公園はネパールの首都カトマンズから南西120q、インドとの国境に近いタライと呼ばれる標高70〜200mの平原の湿地帯に位置し広大なジャングルと草原が広がっている。この地域の豊富な生態系、ゾウ、インドサイ、ベンガルタイガー、ナマケモノ、ヒョウや野牛などを密猟者からの保護や違法な移住、密林の伐採などからこの大自然を守るために1984年に世界遺産の登録された。またこの地域の小鳥は約500種類もの生息が確認されており世界一の称号を得ている地域でもありカラフルな鳥類の楽園としても知られています。ロイヤル・チトワン国立公園は一般観光客にも解放されておりゾウの背中に乗って密林内を一周することも出来るようになっています。

サガルマータ国立公園/ネパールの世界遺産

ネパールの世界遺産の中からサガルマータ国立公園についての紹介ですネパール旅行のときにはサガルマータ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サガルマータ国立公園
Sagarmatha National Park
所在国:ネパール
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:自然遺産

サガルマータ国立公園は、ネパール北東部に位置しています。世界最高峰のエベレストをはじめとした、ローツェ、マカルー、チョ・オユーなどの7千から8千メートルクラスの「世界の屋根」と称される山岳地帯を擁する自然遺産です。その面積は1244平方キロメートルにもおよびます。サガルマータとは、エベレストのことを指し、サンスクリット語で「世界の頂上」を意味します。なお、チベット語ではチョモランマ(大地の母の意味)と呼びます。切り立った山々と氷河や渓谷がおりなす景色は圧巻です。また公園内には、貴重な動植物もたくさん生息しています。代表的なところでは、ユキヒョウ、レッサーパンダ、ヒマラヤグマ、ヒマラヤタール、ヒマラヤジャコウジカ、イワヒバリ、テンジクウスバショウチョウなどが挙げられます。登頂を目的とした登山家以外にも、国立公園のトレッキングを楽しむ人が増えてきています。トレッキングが目的の場合は、カトマンズからルクラまで飛行機で行くのが一般的です。

カトマンズの谷/ネパールの世界遺産

ネパールの世界遺産の中からカトマンズの谷についての紹介ですネパール旅行のときにはカトマンズの谷へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カトマンズの谷
Kathmandu Valley
所在国:ネパール
世界遺産登録:1979年、2006年
世界遺産の種類:文化遺産/危機遺産

カトマンズの谷とは、標高1350メートルに位置するヒマラヤ山脈の麓にある盆地です。500平方キロメートルの温暖な気候の地に、13世紀から18世紀にかけてマッラ王朝のカトマンズ、バクタプル、パタンの3王国が栄え、ヒンズー教と仏教が融合した独自の文化が育て上げられました。この歴史遺産は、非常に貴重で高く評価されており、盆地全体が世界文化遺産に登録されています。その中のひとつであるカトマンズのダルバール広場や、その周辺にある生き神が住むといわれるクマリの館やシヴァ寺院など各時代の寺院20棟あまりが高度な建築技術を競い合っています。旧王宮や庶民のバザールである、ハヌマン・ドカと呼ばれるところは、いつもにぎわいを見せています。多様な民族文化や宗教文化が息づき、中世マッラ王朝以来の町並みが残るカトマンズの谷。現在のネパールは国民の9割近くがヒンズー教徒にあたりますが、古来チベットとインドを結ぶヒマラヤ越えの中継地であったこのカトマンズの谷にはチベット仏教の寺院も数多く残されています。その中で最古の歴史を誇るのが、チベットからインドへ向かおうとした文殊菩薩が創建したといわれているスワヤンブナートです。その境内では、1日中全身を大地に投げ出し来世の生まれ変わりを願うという「五体倒地」を行う信者の姿がよく見られます。カトマンズの谷の主な宮殿・寺院・史跡は、次のとおり。ダルバール広場 ・シヴァ寺院 ・クマリの館 ・パタン ・クリシュナ寺院 ・パタン博物館 ・スワヤンブナート・パシュパティナート ・ボダナート 。

仏陀の生誕地ルンビニ/ネパールの世界遺産

ネパールの世界遺産の中から仏陀の生誕地ルンビニについての紹介ですネパール旅行のときには仏陀の生誕地ルンビニへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

仏陀の生誕地ルンビニ
Lumbini, the Birthplace of the Lord Buddha
所在国:ネパール
世界遺産登録:1997年
世界遺産の種類:文化遺産

ルンビニは、ネパールの西部タライ盆地にある小さな村です。釈迦(如来)の生まれた地として有名です。ヒマラヤ山脈南麓にあるルンビニは、仏教の八大聖地の1つでもあります。紀元前6世紀、この地で釈迦族の王妃が満開の無憂樹に手をかけると、右腋から赤子が生まれ落ち、地面に忽然と現れた蓮の花に降り立ちました。舞い降りた天人が赤子に香水を注ぎ誕生を祝うと、赤子は7歩歩き、「天上天下唯我独尊」と唱えたといいます。6世紀頃、その地にマーヤーデビ寺院が建立され、巡礼地として栄えましたが、14世紀の記録を最後に忘れ去られてしまいます。1896年、ドイツ人考古学者によって廃墟の中からアショーカ王が残した石柱が発見された後、ルンビニー聖園として整備され、巡礼地として蘇りました。マーヤー・デーヴィ寺院を中心に、アショーカ王が巡礼したときに建立された石柱、釈迦が産湯をつかったという池などが残っています。
1997年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

クニヤ‐ウルゲンチ/トルクメニスタンの世界遺産

トルクメニスタンの世界遺産の中からクニヤ‐ウルゲンチについての紹介ですトルクメニスタン旅行のときにはクニヤ‐ウルゲンチへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

クニヤ‐ウルゲンチ
Kunya-Urgench
所在国:トルクメニスタン
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

クニヤ‐ウルゲンチとは、日本語で表すと「旧ウルゲンチ」という意味ですが、現地ではクフナ・ウルゲンチと呼ばれ、ホラズム・シャー朝期からティムール朝期の遺跡が残されている世界遺産です。クニヤあるいはクフナというのは、「旧」「古い」といった意味で、ウルグンチは、中央アジア、ホラズム地方の歴史的都市のことです。ウルゲンチには、もともとはペルシア系の住民が多く住んでいましたが、カザフ草原に住むテュルク系遊牧民たちの交易拠点となり、「草原の港」として経済的に発展していきました。その後、さらなる繁栄と衰退を経験し、砂漠の中の廃墟と化したウルゲンチ、現在トルクメニスタン領に組み込まれています。クニヤ‐ウルゲンチの中の主な遺跡は次のとおり。【テキシュ廟】12世紀のホラズム・シャー、テキシュの墓廟。ホラズム・シャー朝期の代表的な遺跡で、青いタイルで飾られた三角錐の帽子型の屋根が特徴的です。 【クトルグ・ティムールのミナレット】 14世紀にジョチ・ウルスのホラズム総督クトルグ・ティムールによって建設されたミナレット。テキシュ廟の北西そばに位置し、中央アジア最長の67mの高さを誇っています。 【テュラベク・ハヌム廟 】クトルグ・ティムールの夫人テュラベク・ハヌムの墓廟。旧ウルゲンチで最大の建造物。 このほか、キャラバンサライやスーフィズムの聖者の墓廟が数多くあり、トルクメニスタンの主要な観光地となっています。

国立歴史文化公園”古代メルフ”/トルクメニスタンの世界遺産

トルクメニスタンの世界遺産の中から国立歴史文化公園”古代メルフ”についての紹介ですトルクメニスタン旅行のときには国立歴史文化公園”古代メルフ”へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

国立歴史文化公園”古代メルフ”
State Historical and Cultural Park Ancient Merv
所在国:トルクメニスタン
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

国立歴史文化公園”古代メルフ”は、カラクム砂漠が国土の8割を占めるトルクメニスタンにある中央アジア最大の遺跡です。古代都市メルフ(メルブ)は、シルクロードが通る中央アジアの中でも、最も古い歴史を持つオアシス都市で、紀元前6世紀からモンゴル軍に攻め落とされた紀元後13世紀までの約2000年もの間の遺跡群が残されています。中央アジアから地中海まで勢力を広げたとされるセルジューク朝というトルコ人による王朝の東の都として栄え、紀元後11世紀から12世紀ころは、当時の建築様式や文化は、周辺の中央アジアの国々やイランにも大きな影響を与えたといわれるほど、繁栄していました。1221年には、チンギス・ハンが率いるモンゴル帝国の侵略により、町は焼かれ陥落してしまいました。国立歴史文化公園”古代メルフ”の中には、メルフ(メルブ)最古のエルク・カラ都城跡(紀元前6世紀)やモンゴル時代の支配者であったスルタン・サンジャルの霊廟や住居跡、大キズガラと小キズガラの城壁などがあります。国立歴史文化公園”古代メルフ”は、「古都メルブ」州立歴史文化公園や、メルブ遺跡とも和訳されることがあり、トルクメニスタンでは、マルイとかマリイと呼ばれています。

トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群/タイ王国の世界遺産

タイ王国の世界遺産の中からトゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群についての紹介ですタイ王国旅行のときにはトゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群
Thungyai-Huai Kha Khacng Wildlife Sanctuaries
所在国:タイ王国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:自然遺産

トゥンヤイ-ファイ・カ・ケン野生生物保護区群はタイの首都バンコクの西部130q、ミャンマーとの国境に近いカンチャナブリの郊外にある広大な、東洋アジア最大級の広さを誇る野生生物保護区になっています。多くの湖や沼をもつ大草原〔トゥンヤイ〕は大きな草原と現地の言葉では言うが熱帯サバンナ気候で竹林が目立つ原始的な密林も多く残っている。ここに生息するゾウ、トラ、ヒョウをはじめイノシシ、サル、シカなど東南アジアの哺乳類の1/3以上が生息しているが密猟者の横行により絶滅の危機に瀕している動物も多い。これらから、1992年に人の立ち入りが禁止されているが密猟者があとを絶たず、森林警備隊のレンジャーが動物の保護活動にあたっている。

古都アユタヤ/タイ王国の世界遺産

タイ王国の世界遺産の中から古都アユタヤについての紹介ですタイ王国旅行のときには古都アユタヤへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古都アユタヤ
Historic City of Ayutthaya
所在国:タイ王国
世界遺産登録年:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

世界文化遺産の古都アユタヤは、タイの首都バンコクから、車で約1時間、3つの川の合流地点にあります。14世紀から18世紀までの約400年もの間、貿易を中心に栄えた、アユタヤ王朝は、北にスコータイ、東にクメール、南にマラッカ王国、西にビルマと、四方を強国に囲まれていましたが、1362年、クメール王朝のアンコールを攻めて領土を広げると、1438年にはスコータイを吸収し、東南アジア最大の国家となりました。最盛期には、3つの宮殿、100の門、400の寺院、1万体の仏像を要したという古都アユタヤ。アユタヤはヒンドゥー教の影響を受けたクメールを真似て、王自ら神の化身を名乗り、独裁的で厳粛な法や罰を適用して国を引き締めました。建築様式もその影響を受けて、仏像ひとつとっても形は数パターンに決められており、豪華絢爛かつ厳格な美術様式で国民を圧倒したのです。ちなみに現在バンコクで見られる王宮などはこのアユタヤの豪華絢爛を再現したもので、アユタヤはスコータイとともにタイ美術の基礎を磨き上げました。16世紀になるとポルトガルやスペイン、オランダ、イギリスらと通商条約を結び、アユタヤ王朝は「シャム」と呼ばれ、世界規模の貿易によって大繁栄しました。アユタヤ王朝と聞いてもピンと来なかった人も、「シャム」や「山田長政」「日本人町」と聞くと、イメージがつかめるのではないでしょうか?山田長政が朱印船でこの国に来たのが1612年で、やがて日本人傭兵隊長となり、日本人町の頭領となったことは有名です。(小学校の教科書に載っていましたね)アジア各国が次々と植民地化されるなか、アユタヤは欧米列強との巧みな外交政策を通して独立を貫き通しましたが、1767年、ビルマ・コンパウン朝のシンビューシンによって陥落し、400年に及ぶ王朝は幕を下ろしたのです。 

バン・チアンの古代遺跡/タイ王国の世界遺産

タイ王国の世界遺産の中からバン・チアンの古代遺跡についての紹介ですタイ王国旅行のときにはバン・チアンの古代遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バン・チアンの古代遺跡
Ban Chiang Archaeological Site
所在国:タイ王国
世界遺産登録:1992年
世界遺産の種類:文化遺産

バン・チアンはバーンチエンとも呼ばれ、アジアの古代文明に新たな光を投げかけたものとして注目されています。バン・チアンの古代遺跡から出土した様々な物品を日本の奈良大学で発掘物の炭素検査を行った結果、バン・チアンの古代遺跡は紀元前3000〜2000年前のものと推測されています。出土品の一部は東京国立博物館東洋館において見学できます。ただ、バン・チアンの古代遺跡の存在が明らかになったのが近年であり、古代の住民についてはまだ特定されていません。この遺跡は付近の住民からは古くから知られていましたが、1960年に地元のプラチャーチエンチュート学校の教師たちが、出土される土器は実は考古学的な遺産なのではないかと考えるようになり、学校内に保存を目的とした博物館を設置、保存にあたり同年タイ文部省の発掘が始まりました。さらに後年、国王・プーミポンの肝いりでバン・チアンに国立博物館が設立されるまでになりました。バーンチエン遺跡では独特の渦をもった幾何学模様をもつ土器を中心に動物の骨なども見つかっており、黄河文明・メソポタミア文明とは違った、東南アジア独自の文明として注目を集めています。

古代都市スコタイと周辺の古代都市群/タイ王国の世界遺産

タイ王国の世界遺産の中から古代都市スコタイと周辺の古代都市群についての紹介ですタイ王国旅行のときには古代都市スコタイと周辺の古代都市群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古代都市スコタイと周辺の古代都市群
Historic Town of Sukhothai and Associated Historic Towns
所在国:タイ王国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

古代都市スコタイと周辺の古代都市群は、タイ王国の首都バンコクから約447km北上したところ、ピッサヌロークからだと西へ約60km行ったところにあるタイ族最古のスコタイ(スコータイ)王朝の都市遺跡です。スコタイ(スコータイ)とは、『幸福の夜明け』を意味しており、東西1.8km、南北1.6kmの城壁と三重の塀に囲まれた古都スコタイ(スコータイ)のエリア内には、多くの仏像と寺院が建ち並んでいます。古代都市スコタイ(スコータイ)と周辺の古代都市群は、寝そべった仏像のあるカムペーンペット歴史公園、大きな仏像の横にある小窓から仏像が持つ別の表情をみることができるスコタイ(スコータイ)仏があるワット・シーチュムやワット・サシーがあるスコタイ(スコータイ)歴史公園、シーサッチャナーライ歴史公園という3つのタイ政府指定の歴史公園が含まれています。

ドン・パヤーイェン‐カオ・ヤイ森林群/タイの世界遺産

タイの世界遺産の中からドン・パヤーイェン‐カオ・ヤイ森林群についての紹介ですタイ旅行のときにはドン・パヤーイェン‐カオ・ヤイ森林群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ドン・パヤーイェン‐カオ・ヤイ森林群
Dong Phayayen - Khao Yai Forest Complex
所在国:タイ
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:自然遺産

ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯はタイバンコク北東部に広がる森林地帯です。その森林の濃さのために開発が遅れた地域でした。チャクリー王朝初期には開発を促すために一部の地区を免税地区に設定し入植者を促したこともあるりますが、山岳部は鬱蒼とする森林と、その高低差のために稲作に適さなかったことから、開発が大幅に遅れました。ドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯は、サラブリー県東部からナコーンナーヨック県、プラーチーンブリー県、サケーオ県北部、およびナコーンラーチャシーマー県、ブリーラム県南部をまたいでカンボジア国境まで広がる広大な森林地帯で、カンチャナブリー県、ターク県などに広がる西部森林地帯に対して東部森林地帯と呼ばれることもあります。この未開発地域の自然資源の保護が行われたのは1959年には時の総理大臣サリット政権の時で、このときは制令に基づく保護地区に指定されました。2年後の1961年には仏歴2005年国立公園法が制定され、1962年9月18日にはこの森林の一部がカオヤイ国立公園として正式に保護され、その周辺の地域も国立公園や野生生物保護区などとして次々と保護地区に指定され、その後、中心的存在であるカオヤイ国立公園のアセアン遺産登録などを経て、2005年にはユネスコの世界遺産に登録されました。

古代都市シギリヤ/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中から古代都市シギリヤについての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときには古代都市シギリヤへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古代都市シギリヤ
Ancient City of Sigiriya
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録:1982年  
世界遺産の種類:文化遺産

古代都市シギリヤはスリランカのコロンボから163qに位置している、紀元前5世紀にスリランカの仏教王国の王、カッサパ王が建てた高さ180mの岩の上の城〔要塞〕です。普段は岩の下の宮殿で暮らしていて、敵が来ると岩の上に逃げる、といった生活だったようですが、当時はインドのヒンドゥー教の勢力の圧力があり、このような要塞を建築したようです。ライオンロックと呼ばれる岩山の中腹にあるシギリヤ・ロックの壁面に有名なシギリヤ・レディと呼ばれる壁画があります。かつては500人にも及ぶ女性が描かれていたと言われていますが風化のために現存をしているのは18体が残っているようです。この要塞の頂上からの展望はとても雄大で眼下には果てしないジャングルが広がる展望です。

古代都市ポロンナルワ/スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産

スリランカ民主社会主義共和国の世界遺産の中から古代都市ポロンナルワについての紹介ですスリランカ民主社会主義共和国旅行のときには古代都市ポロンナルワへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ポロンナルワ
Ancient City of Polonnaruwa
所在国:スリランカ民主社会主義共和国
世界遺産登録年:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

ユネスコ世界遺産に1982年文化遺産として登録されている古代都市ポロンナルワは、スリランカで清潔で美しい町として知られる北中部州第二の都市であるポロンナルワの旧市街あります。ポロンナルワは、城塞として建設されたのですが、スリランカの最初の王都アヌラダーブラが11世紀にインドのチョーラ朝の侵略を受け、ここポロンナルワに都を移したのです。その後13世紀に再びインドからの侵略を受け王朝がさらに南にその拠点をうつすまで、ポロンナルワ各地に寺院やダーガバが築かれました。現在のポロンナルワは、壮麗な王宮や寺院のほか貯水池や灌漑設備、防衛のための城壁の跡など自然に囲まれたパラークラマ・サムドゥラ(パラークラマ海)等で観光客から注目を集めています。ポロンナルワの遺跡地区は、宮殿や寺院などといった様々な遺跡によって構成されています。かつて7階建ての巨大な宮殿は、現在は3階分までしか残っていませんが、今に残るそのレンガの構造体から当時の宮殿の高さを感じ取ることができます。遺跡の中央部には巨大なダーガバ(仏塔)を持つランコトゥ・ヴィハーラがあります。このダーガバは、アヌラーダプラのルワンウェリ・サーヤ大塔を模して作られました。また、ガル・ヴィハーラ寺院にはポロンナルワ独特の様式で作られたブッダの坐像、立像、涅槃仏の3体の石像があります。中央の石像は、流線型の体を横たえ、涅槃に入ろうとする釈迦の姿をあらわしています。全長は14m。衣は、二重の線をくりかえすという、ポロンナルワ独特の模様であらわされている。涅槃像の左は、仏陀の一番弟子アーナンダの立像で、高さは7m。仏陀が涅槃に入ることをなげきかなしんでいる姿をあらわしたものとされています。その左は瞑想する仏陀の座像で、高さ4.6m。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。