カスビのブガンダ王国歴代国王の墓/ウガンダ共和国の世界遺産

ウガンダ共和国の世界遺産の中からカスビのブガンダ王国歴代国王の墓についての紹介ですウガンダ共和国旅行のときにはカスビのブガンダ王国歴代国王の墓へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カスビのブガンダ王国歴代国王の墓
Tombs of Buganda Kings at Kasubi
所在国:ウガンダ共和国
世界遺産登録年:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

カスビのブガンダ王国歴代国王の墓はウガンダ共和国の首都カンパラの北西約3キロメートルのカスビの丘の頂上にある旧宮殿を中心とする約30ヘクタール
にある歴代国王の墓で、2001年ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。19世紀半ばにブガンダ王国の王であったムテサ1世が1882年に
カスビの丘に木、レンガ、ヨシ、編んだ木の枝やそれらの表面を塗布したりして造ったかやぶき屋根の宮殿を建造しました。2年後の1884年にムテサ1世
が亡くなったあとは、宮殿がそのまま墓となり、そしてムテサ1世の後を継いだムワンガ2世も20世紀初めに亡くなった後、この同じ墓に埋葬されました。
その後、ダウディ・クワ2世(1896年?1939年)も、その後を継いだブガンダ最後の王でウガンダ初代大統領ムテサ2世(1924年?1969年)
も、死後はやはりこの同じ墓に埋葬され、また、歴代の王たちの縁者も周辺に葬られています。これは初代キントゥ・カト以来、ブガンダ王国では一人の王に
1つの墓が造られていたことからすると異例のことです。現在4人の歴代ブガンダ王国の王たちの墓となっているこの建造物は建築様式や建築技術の集積とい
う物理的な価値以外にも、信念、スピリチュアリティ、継続性、アイデンティティなどの無形の価値を持つものです。

ブウィンディ原生国立公園 /ウガンダ共和国の世界遺産

ウガンダ共和国の世界遺産の中からブウィンディ原生国立公園についての紹介ですウガンダ共和国旅行のときにはブウィンディ原生国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ブウィンディ原生国立公園
Bwindi Impenetrable National Park
所在地:ウガンダ共和国
世界遺産登録:1994年
世界遺産の種類:自然遺産

ブウィンディ原生国立公園は、ウガンダ共和国にあるブウィンディ原生林の一部です。ウガンダは、英国のチャーチルが「黒い大陸の真珠」「緑の国」と呼んだほど美しい国です。ブウィンディ原生国立公園は、ウガンダの南西部の標高1200〜2600mの山あいにあり、未開の地である森林地帯です。公園内には、100種を超えるシダ類や樹木、絶滅危惧種のマウンテンゴリラをはじめ、カッコウハヤブサ、アカムネハイタカ、ハチクマなどさまざまな生物が見られます。特にゴリラを安全に観察するには、世界でも唯一な場所といえます。熱帯雨林の中をトレッキングするサファリが中心になります。マウンテンゴリラを探しながら、他の動物や鳥類などを観察することができます。トレッキング中には、300種を超える蝶が生息しており、色鮮やかな美しい蝶が水たまりに集まっています。トレッキングといっても、3時間〜5時間近く道の無いところを歩いたり、川を渡ったり、急斜面を登ったりと、かなり体力と装備が必要となります。その分、マウンテンゴリラと出会えた時の感動はとりわけ大きいものだそうです。

ルウェンゾリ山地国立公園/ウガンダの世界遺産

ウガンダの世界遺産の中からルウェンゾリ山地国立公園についての紹介ですウガンダ旅行のときにはルウェンゾリ山地国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ルウェンゾリ山地国立公園
Rwenzori Mountains National Park
所在国:ウガンダ
世界遺産登録年:1994年
世界遺産の種類:自然遺産

ルウェンゾリ山地国立公園は、コンゴ民主共和国との国境に連なる標高2100mから、アフリカで3番目に高い標高5109mのマルゲリータ山頂までを包含する総面積99600ヘクタールにも及ぶウガンダの国立公園です。ルウェンゾリ山地には、キリマンジャロ、ケニアに続くアフリカ第三の高峰マルゲリータ峰があります。エジプト文明を生んだ「母なる川ナイル」の源流として知られ、「聖なる山」と称えられた山です。ルウェンゾリとは、現地のバコンジョ人の言葉で「雪を戴いた山」を意味しています。その名の通り、アフリカでは3つしかない万年雪を戴く山地です。その3つとは、アフリカ最高峰のキリマンジャロ山と第2位のケニア山、そしてアフリカ第3位ルウェンゾリのマルガリータ山です。このため、ルウェンゾリ山地国立公園は赤道直下にありますが、山頂は万年雪と氷河に覆われ、通年深い霧に包まれています。さらにふもとには熱帯のジャングルが広がっています。標高が上がるにつれて植物相が変化し、高地では珍しいジャイアント・セネシオなど巨大な高山植物が見られます。 標高2500メートル付近のジャングルには、ゾウやゴリラのほか、幻の鳥「ルウェンゾリトラコ」や、鼻の長い「ストレンジノーズカメレオン」といった珍しい動物たちも生息しています。標高3000メートル付近に広がる巨大な苔の森。さらに富士山に匹敵する3400メートルの高さにある大湿原。そこには巨大化した高山植物が、山を登ってきた人間を見下ろすように立ち並んでします。植物が巨大化するのは、昼と夜の極端な寒暖の差に耐えるためだといわれています。標高4700メートルから頂上にかけて広がる赤道直下の氷河。その面積は1500平方メートルに及び、厚さは100メートル近くもあると考えられています。そして氷河の先端で一滴、一滴と流れ落ちる雪解け水。それが「母なる川ナイル」の最初の一滴なのです。ルウェンゾリ山地自体は死火山ですが、ヴィルンガ火山群とつながっているため、コンゴ民主共和国のヴィルンガ国立公園に隣接しています。

ムザブの谷 /アルジェリア民主人民共和国の世界遺産

アルジェリア民主人民共和国の世界遺産の中からムザブの谷についての紹介ですアルジェリア民主人民共和国旅行のときにはムザブの谷へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ムザブの谷
MZab Valley
所在国:アルジェリア民主人民共和国
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

ムサブの渓谷はアルジェの南60q、サハラ砂漠北部に位置しています。、この渓谷にはベージュやピンク、明るいトルコブルーに塗られた立方体の家屋が密集している町があります。11世紀初頭、「イスラムの清教徒」と言われ、故郷を追われたベルベル人の一部族、ムザブ族が流浪の果てにこの地にたどり着き築いたものですが、それ以来、砂漠の中のオアシスとなったこの町では、人々の生活が現在まで形態を変えことなく現在も営まれており、住人たちが厳格な決まりごとを定めて自分たちの生活を律するとともに、禁欲主義的イスラム教徒として、町の機能や美しさを保ってきたのです。さらに立方体をした密集家屋の統一化されたデザインや建材、砂漠の過酷な環境に適応した都市計画が、20世紀の建築家たちに大きな影響を与えたなどの理由もあり、ムザブの渓谷は世界遺産に登録されたのです。

ベニ・ハンマド要塞/アルジェリア民主人民共和国の世界遺産

アルジェリア民主人民共和国の世界遺産の中からベニ・ハンマド要塞についての紹介ですアルジェリア民主人民共和国旅行のときにはベニ・ハンマド要塞へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ベニ・ハンマド要塞
Al Qal'a of Beni Hammad
所在地:アルジェリア民主人民共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

ベニ・ハンマド要塞は、アルジェリア中北部の高原地帯の山中にあります。アルジェリアは、国土の大部分がサハラ砂漠であり、乾燥した平原地帯ですが、ベニ・ハンマド要塞は豊潤な土地を選んだようです。紀元前には、フェニキア人が海岸部に移住し、内陸部にはベルベル人が生活していました。紀元前5世紀になるとカルタゴの支配地域となり、ヌミディアと呼ばれていましたが、ローマ帝国が勢力を保っていた頃には、その支配下にされていました。その後、6世紀後半にベニ・ハンマド要塞は、イスラム教徒が支配者ビザンチンを倒して作ったものです。城壁で周囲を8キロぐるりと囲んまれていました。11世紀には、キャラバン交易によって、商業、学問の中心として栄えた都市です。12世紀には、ノルマン人に襲撃によって滅ぼされました。現在では、エル・バハール宮殿やエル・メナット宮殿など遺構が残るだけになっています。しかし、特徴的なミナレットがあるモスクは、アルジェリアで2番目の大きさを持ち保存されています。

ジェミラ /アルジェリア民主人民共和国の世界遺産

アルジェリア民主人民共和国の世界遺産の中からジェミラ アルジェリア民主人民共和国についての紹介ですアルジェリア民主人民共和国旅行のときにはジェミラ アルジェリア民主人民共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジェミラ
Dje'mila
所在国:アルジェリア民主人民共和国
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

ジェミラはアフリカのアルジェリア民主人民共和国の北東サハラアトラス山脈の山村にある。村の名前はアラビア語で「美しいもの」を意味します。この地方の気候が乾燥気候のため、ローマ時代の遺跡が世界でも非常によく保存された有数の地として知られています。遺跡は1世紀ごろのローマの植民地開拓者が建造したもので、山の地形に合わせてローマ建築が持ち込まれた点に特色があり、劇場、2つの集会場、寺院、バシリカ、アーチ、街路、住居群などが現存しています。ローマ時代の遺跡といえば、列柱、ローマ風の彫刻、円形劇場など当時の特徴のある建造物が残されています。幸いなことに後の時代にムスリムが一帯を制圧した時、彼らはこの村に再入植しようとはしなかったが、名前を「美しいもの」(ジェミラ)を意味するアラビア語に改称しました。

アルジェのカスバ /アルジェリアの世界遺産

アルジェリアの世界遺産の中からアルジェのカスバ についての紹介ですアルジェリア旅行のときにはアルジェのカスバへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アルジェのカスバ
Kasbah of Algiers
所在国:アルジェリア
世界遺産登録: 1992 年
世界遺産の種類:文化遺産

カスバKasbah of Algiersとは、オスマン帝国の統治下時代の16世紀にアルジェに建てられた城塞の名前でありましたが、この城塞と海岸線と起伏のある地形に囲まれた一帯で人口が増加し、アルジェの旧市街が形成されていきました。帝国の統治が解かれた後、この旧市街一帯を「カスバ」と呼ぶようになったそうです。カスバには宮殿やモスクは残っていますが、植民地時代の面影は大部分が姿を消しています。一見、美しく見えるこの都市は、実は崩壊の危機に直面しているのです。実際に路地を歩いてみると、崩壊寸前の様子が明らかで、この都市の構造上、ある家が崩れると、それと折り重なっている家々もドミノ倒しのように倒壊の危機にさらされるのです。

ティムガッド/アルジェリアの世界遺産

アルジェリアの世界遺産の中からティムガッドについての紹介ですアルジェリア旅行のときにはティムガッドへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ティムガッド
Thamugadi
所在国:アルジェリア
世界遺産登録: 1982 年
世界遺産の種類:文化遺産

ティムガッドは収容人員15000人を想定して設計された都市でしたが、すぐに予定人員をオーバーし、碁盤目状の区画の外側に、より柔軟な区画設計でティムガッドは、拡大していきました。デクマヌスの西端には、高さ12mの凱旋門「トラヤヌスの門」がそびえていますが、この門は、1900年に部分的に修復されていて、この凱旋門は「ティムガッドの門」としても知られています。トラヤヌス帝は多くの「トラヤヌス門」を作ったので、この「ティムガッドの門」はそれらのひとつに過ぎない他の主要建造物には、4つの公衆浴場や図書館、バシリカなどがあり、この結果主要なキリスト教都市として再び人々が住まうようになったが、7世紀にはベルベル人の侵攻を受け、ティムガッドなどの都市は打ち棄てられた。発見されたとき、都市遺跡の周辺は海抜1000mの肥沃な農業地帯となっていたが、ティムガッドの遺跡地帯はサハラに侵食されていた。そのためティムガッドが発見された当時は遺跡の保存状態が良好でした。

タッシリ・ナジェール/アルジェリアの世界遺産

アルジェリアの世界遺産の中からタッシリ・ナジェールについての紹介ですアルジェリア旅行のときにはタッシリ・ナジェールへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タッシリ・ナジェール
Tassili n'Ajjer
所在国:アルジェリア
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:複合遺産

タッシリ・ナジェールとは、北アフリカにあるサハラ砂漠の最奥に広がる乾燥した岩山の山地地帯、タッシリ・ナジェール山脈のことです。「水流の多い地域」を意味しており、直訳すれば「水流の多いナジェール地域」ということになるようです。タッシリ・ナジェールは、現アルジェリア民主人民共和国領南東部に位置し、域内東寄り中部で概ね東西に広がっています。東端は社会主義人民リビア=アラブ国の西国境近くまでに至り、リビアのフェザーン地方との間が大きめのワディ(涸谷)で隔てられています。タッシリ・ナジェール山脈には、平均標高が1000メートル、10,000年前に遡る原始壁画や刻画が点在しています。それは、世にも不思議な光景で、その数はおよそ2万点にのぼります。新石器時代から紀元前後頃まで、数千年間に渡って描かれたものと言われています。奇岩そびえる砂漠の地形と、先史時代の人類のもっとも重要な痕跡としての岩絵とが、周囲の自然環境と併せて1982年以降、ユネスコ世界遺産の複合遺産に登録されています。当時、サハラが湿潤であったことを証明する数々の壁画には象やキリン、ライオンやバッファローなどの様々な野生動物が描かれています。紀元前2000年頃からサハラの乾燥化が始まると、壁画の主題も乾燥に強いラクダへと変わってきます。ただし、サハラ砂漠のタッシリ・ナジェールに、水流が豊かだった時代があったかどうかは想像の域を出ません。

ティパサ/アルジェリアの世界遺産

アルジェリアの世界遺産の中からティパサについての紹介ですアルジェリア旅行のときにはティパサへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ティパサ
Tipasa
所在国:アルジェリア
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

ティパサは、アルジェリア沿岸部にあるティパサ県の県庁所在地です。
1857年に建造されたその近代的な町並みは、砂浜でひときわ目立っています。
町の名前はアラビア語で「荒廃した都市」の意味を持ちます。
その名前の由来となった古代ローマの遺跡群が町には残り、ユネスコの世界遺産にも登録されています。この町は紀元前7世紀にカルタゴが建設し、後にローマの植民地になり、北アフリカでもっとも重要なキリスト教徒住居区になりました。
とくに、後4世紀建造のバシリカ大聖堂はアルジェリア最大の規模を誇りました。
遺跡の管理体制が整わず、破壊や略奪などが多いため、危機遺産に登録されています。クラウディウス帝のときに古代ローマの軍事拠点とされたあと、市 (municipium) になった。
その都市は海を見下ろす3つの小丘の上に建てられました。
家々のほとんどは中央の丘に建てられましたが、その痕跡は残っていません。
そのかわりに、西の丘の大バシリカ (Great Basilica) とアレクサンデル大聖堂 (Basilica Alexander)、東の丘の聖サルサ大聖堂 (Basilica of St Salsa) の計3つの教会堂、2つの墓地、浴場、劇場、アンフィテアトルムなどの廃墟は残っています。
また、城壁のラインは明瞭に辿ることが出来るし、東の丘のふもとには港跡があります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。