エル・ジェムの円形闘技場/チュニジア共和国の世界遺産

チュニジア共和国の世界遺産の中からエル・ジェムの円形闘技場についての紹介ですチュニジア共和国旅行のときにはエル・ジェムの円形闘技場へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

エル・ジェムの円形闘技場
Amphitheatre of El Jem
所在国:チュニジア共和国
世界遺産登録年:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

エル・ジェムの円形闘技場はチュニジア共和国のスースの南約60キロメートルのマハディア州にあり、ローマ帝国の属州として繁栄した3世紀に約10年の
歳月をかけて造られたもので、円形闘技場の周囲は400メートル、長径が165メートル、短径118メートル、アリーナと呼ばれている中央の舞台の直径
が65メートル、収容人員35,000人の3階建ての建造物で、1979年ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。このエル・ジェムの円形闘
技場はイタリアはローマ、ヴェローナに次ぐ3番目に大きな円形闘技場であり、保存状態は現存する円形闘技場の中で最も良いものと言われています。エル・
ジェム円形闘技場の特徴は建築当初から地下通路を造ることを計画してあったことです。その地下通路の部分にはライオンなどの猛獣が檻ごとロープで引き揚
げられる仕掛けになっていたおり、剣闘士が登場するゲートも設けられていて、猛獣と人がこの円形闘技場で戦ったり、人々が格闘をしていました。このよう
に凝った造りになっているエル・ジェム円形闘技場の建設資金は、当時栄えていたオリーブオイルの交易で得た資金で、エル・ジェムの貴族たちがその豊かさ
を誇示するためにローマに対抗してこの円形闘技場を造ったと言われています。

チュニス旧市街/チュニジア共和国の世界遺産

チュニジア共和国の世界遺産の中からチュニス旧市街についての紹介ですチュニジア共和国旅行のときにはチュニス旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チュニス旧市街
Medina of Tunis
所在地:チュニジア共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

チュニス旧市街は、メディナと呼ばれる城壁に囲まれておりた旧市街地で、古く続くチェニジアの首都です。チュニス旧市街は、チェニジアの北東にあり地中海に面しており、チュニス湖とその西方の塩湖の間の地峡に挟まれた位置にあります。その歴史は古く紀元前のローマ帝国との戦いの時代から栄えていました。戦争により破壊と再建が繰り返されました。現在の形を形成し始めたのは、7世紀末にピザンチン帝国の統治下であったチュニスの近郊にあるカルタゴを破ったアラブの征服者ハッサーン率いるサラセンが現在の町の原型を作りました。アグラブ朝の首都になった9世紀にイスラム教の礼拝場所である「オリーブの木のモスク」と呼ばれる大モスクが再建されました。ジトウナ・モスクを中心にミナレットが印象的なマレカイト・モスクやハネファイト・モスクなどがあります。ミナレットとは、モスクに据え付けられた礼拝時刻の告知(アザーン)を行うために使われる塔のことです。現在の町は、中庭のある家並みを含めて、ハフシド王朝時代の14世紀にほどから続いています。

ドゥッガ/トゥッガ/チュニジア共和国の世界遺産

チュニジア共和国の世界遺産の中からドゥッガ/トゥッガについての紹介ですチュニジア共和国旅行のときにはドゥッガ/トゥッガへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ドゥッガ/トゥッガ
Dougga/Thugga
所在国:チュニジア共和国
世界遺産登録:1997年
世界遺産の種類:文化遺産

ドゥッガ/トゥッガは、チュニジアの北部に位置する文化遺産です。ドゥッガ(トゥッガ)は、肥沃な平野を見下ろす高台に作られた、65ヘクタールと北アフリカ最大のローマ時代の遺跡です。東ローマ帝国の支配地となり、北アフリカで最も印象的なローマの遺跡が残る遺跡となりました。ローマおよびビザンチンの時代に最も栄えた都市でしが、イスラム教に支配され没落していきました。ドゥッガ(トゥッガ)の中心には、ジュピター、ジュノー、ミネルバの3神を祀った「キャピトル」があり、その神殿を中心に風の広場や議会が広がっています。また珍しいローマ人の水洗トイレや、リキニウスのテルメと言われる公共浴場の跡も残っています。他にも、ユノ・カエレスティス神殿、アレクサンデル・セヴェルスの凱旋門、ドゥッガの古代劇場、貯水場など、多くの遺跡が見られます。ドゥッガ(トゥッガ)は、保存状態の良い北アフリカ最大のローマ遺跡として、多くの観光客を集めています。

カイルアン/チュニジア共和国の世界遺産

チュニジア共和国の世界遺産の中からカイルアンについての紹介ですチュニジア共和国旅行のときにはカイルアンへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カイルアン
Kairouan
所在国:チュニジア共和国
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

カイルアンは、北アフリカのチュニジアのほぼ中央部に位置する文化遺産です。西暦670年に創設され9世紀ころにアグラブ(Aghlabid)王朝の下で最も繁栄し、イスラム教の4大聖地の一つとされている都市です。カイルアンは、イスラム世界の代表的な迷宮都市となっており、中に入ると王朝時代のイスラム世界を彷彿とさせる雰囲気を漂わせています。カイルアンには、大理石や斑岩のコラムで建築されたモスクが多く、7世紀に建設れた古い街と装飾が美しい霊廟とが良くマッチしています。なかでも多くの柱が並ぶアフリカ最古のグランド・モスクは640年に建てられ、今も多くの巡礼者が訪れています。また、シッディ・サハブ霊廟は、マグレブで最も美しいといわれる霊廟で、壁面にはみごとなアラベスク文様が描かれていることでよく知られています。また、アグラブ朝時代に建設された貯水池は、過装置など高度な技術も使われ、当時の科学水準の高さを表しています。

スース旧市街/チュニジアの世界遺産

チュニジアの世界遺産の中からスース旧市街についての紹介ですチュニジア旅行のときにはスース旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

スース旧市街 文化遺産
Medina of Sousse
所在国:チュニジア
世界遺産登録: 1988年
世界遺産の種類:文化遺産

スースは、チュニジアの第三の都市。チュニスの南約140kmに位置し、人口は約43万人。スースの町は美しく、「サヘルの真珠」といわれる。その、旧市街メディナが世界遺産の文化遺産として登録されています。スースは紀元前9世紀頃、フェニキア人によって建てられ、第二次ポエニ戦役の際、ハンニバルが陣を張ったところでもあります。市内にある「リバトの塔」は8世紀に建てられた、メディナで最も古い建築です。当初は要塞の役目を果たしていました。2階の回廊はイスラム教徒たちの住まいにもなっていて、いくつもある銃眼は彼らの警戒心を物語っています。地上38メートルのリバトの塔からは、町や港を監視することが出来ました。スースが難航不落の都市となったのは、旧市街の高い場所に位置するカスバの役割が大きいです。今は灯台になっていますが、かつては、のろしを焚いたり、夜はタイマツを灯したりして、北アフリカ一帯と連絡を取り合う機能がありました。

イシュケル国立公園/チュニジアの世界遺産

チュニジアの世界遺産の中からイシュケル国立公園 チュニジアについての紹介ですチュニジア旅行のときにはイシュケル国立公園 チュニジアへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

イシュケル国立公園
Ichkeul National Park
所在国:チュニジア
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:自然遺産、危機遺産

イシュケル国立公園はアフリカ北部のチュニジアにあります。チュニジアといえば地中海に面した歴史のある国です。紀元前814年にはカルタゴと名乗り、沿岸の国々を支配していました。さて、イシュケル国立公園ですが、イシュケウル山を中心にイシュケウル湖や湿地帯から成り立っています。湿地帯には水牛の姿も見られ、イシュケウル湖や湿地帯にはにはあひる、ガチョウ、コウノトリ、フラミンゴなど毎年何十万もの渡り鳥が訪れます。この公園には農家の住宅もあり、山羊が放し飼いされています。世界遺産と危機遺産に登録された理由ですが、まず世界遺産に登録された理由は、広大な湿地と湖に飛来する水鳥と植物にあります。さらに危機遺産になったのは、もともと湿地帯と湖は淡水でしたが、湖の水源である川へのダムの構築は、湖と湿地の生態的均衡に大変化をもたらし、ダムが湖と沼への真水の流入を急激に減少させたので、ヨシ、スゲ、その他の真水植物類は好塩性の植物に置き換わってしまいました。こうした変化は、かつて存在した植物群に依存していた渡り鳥の個体数の急激な減少をもたらしたのです。イシュケル国立公園に行くには、直通バスなどはないので、途中まで路線バスを乗り、タクシーを利用するしかないようです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。