セント・キルダ/イギリスの世界遺産

イギリスの世界遺産の中からセント・キルダについての紹介ですイギリス旅行のときにはセント・キルダへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

セント・キルダ
St. Kilda
所在地:イギリス
世界遺産登録:1986、2004-2005年
世界遺産の種類:複合遺産

セントキルダ島は,スコットランドの北方で大西洋にあるヒルタ島,ボーレ島,ソーア島,ダン島の4つの島と2つの岩礁から構成されています。ヒルタ島の面積が最大で、他の3島は、それぞれ4分の1程度の広さです。北大西洋最大の海鳥の繁殖地で,世界最大のシロカツオドリの生息地です。オオハシウミガラス,ウミガラスなどの珍しい鳥が生息する鳥の楽園といえます。鳥の楽園のように人間の楽園を作りたいとの想いが、キルダの由来です。ヒルタ島では、数千年前の巨石遺跡も発見されています。このことより、古代よりこの島に人が住んでいたと推測されています。バイキングもこの島に住んでいた跡があります。スコットランドで統治されていましたが、病気が流行り立ち退いたため、現在は,無人島となっています。ヒルタ島は、上陸可能ですが、ボーレ島,ソーア島,ダン島は不可能です。断崖絶壁など過酷な自然のため、世界の涯てにふさわしい場所ともいえます。

城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔/アゼルバイジャン共和国の世界遺産

アゼルバイジャン共和国の世界遺産の中から城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔についての紹介ですアゼルバイジャン共和国旅行のときには城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔
Walled City of Baku with the Shirvanshah's Palace and Maiden Tower
所在国:アゼルバイジャン共和国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔は、アゼルバイジャン共和国のカスピ海南西に面するアブセロン半島にある油田都市バクーの旧市街を指定した文化遺産です。ペルシア語で『風の吹く町』という意味を持つバクーは、城壁が海岸ギリギリに築かれており、その城壁内はアゼルバイジャン語で『内城』を意味する『イチェリ・シェヘル』と呼ばれています。城塞都市バクーは、5世紀頃からあったとされ、シルヴァン王朝の首都として栄えたが、1538年にサファヴィー朝の支配を受け、1585年にはオスマン帝国に征服されてしまいました。城塞都市バクーの街中には見張りの塔として使われた奇妙な楕円形をした乙女の塔や歴史的中央広場を中心に、ゾロアスター教、ペルシア、アラビア、オスマン帝国、ロシアなどの影響を受けた歴史的建造物が多く残されており、2000年には文化遺産として世界遺産登録されていますが、保護政策の欠如による都市開発の進行や、2001年11月の大地震の影響もあり、2003年から危機遺産として登録されています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。