カルタヘナの港、要塞群と建造物群 /コロンビア共和国の世界遺産

コロンビア共和国の世界遺産の中からカルタヘナの港、要塞群と建造物群 コロンビア共和国についての紹介ですコロンビア共和国旅行のときにはカルタヘナの港、要塞群と建造物群 コロンビア共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カルタヘナの港、要塞群と建造物群
Port, Fortresses and Group of Monuments, Cartagena
所在国:コロンビア共和国
世界遺産登録:1984年
世界遺産の種類:文化遺産

カルタヘナ(Cartagena)は、コロンビア共和国北部、カリブ海沿岸に位置するボリーバル県の首府で、コロンビア共和国で最も観光客の多い観光都市です。
正式名称を「カルタヘナ・デ・インディアス」といい、スペイン植民地時代の様々な歴史的建築物が数多く現存しています。カルタヘナ市は、もともとカリブ語を話す戦闘的なカラマリ族というインディオの一族が先住人で、カラマールと呼ばれていました。1500年、カラマールはスペイン人により発見され、カラマリ族はスペインに征服されます。1533年に現在のカルタヘナ市が、スペイン人のペドロ・デ・エレディアにより建設されました。
その後、スペイン人がインカ帝国を滅ぼして以来、スペイン帝国の最も重要な投錨地として発達し、17世紀から18世紀にかけて繁栄の絶頂期を迎えました。
現在ある遺跡の城塞教会、植民地街等はこの時代の物なのです。

ロス・カティオス国立公園/コロンビア共和国の世界遺産

コロンビア共和国の世界遺産の中からロス・カティオス国立公園についての紹介ですコロンビア共和国旅行のときにはロス・カティオス国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ロス・カティオス国立公園
Los Katios National Park
所在国:コロンビア共和国
世界遺産登録年:1994年
世界遺産の種類:自然遺産

ロス・カティオス国立公園は、コロンビア北西部チョコ県、パナマと国境を接する丘陵地、草原、森林を含む面積720kuの国立公園で、100万年前の間氷期に水没を免れた熱帯雨林を擁しています。ロス・カティオス国立公園は、1974年に国立公園となり、1980年には保護区をより広く拡張し、隣接するパナマのダリエン国立公園と続いた、広大な保護区となっています。アトラズ川とその支流流域に、熱帯雨林のジャングルが広ががっています。 変化にとんだ環境のために、この地域でしか見られない種が多数生息しています。インコ、カワセミ、オオハシ、ハチドリ、ナマケモノ、ヤマアラシ、マントホエザル、アルマジロ、ジャガーやピューマなどの稀少動物や、約400種の鳥類や珍しい昆虫類が確認されています。また水の吸収力をよくするため、根が板状になったカポックノキなど多種多様な植物が群生しており、なんと植物の25%はこの地方の固有種であるといいます。100万年前の氷河期でも、熱帯雨林は消滅しないで生き残ったことで、太古の種が現存しています。※固有種とは、世界中のごく一部、その国、あるいは地域にしか生息・生育・繁殖しない生物学上の種がある。そのような生息範囲の狭いものを指して、その地域の固有種と呼ぶ。特産種とも言う。大陸などから隔絶されている島嶼などで多く見られる。地域個体群の絶滅が、即座に、種そのものの絶滅につながるので、保護対象として重要である。

マルペロの動植物保護区/コロンビア共和国の世界遺産

コロンビア共和国の世界遺産の中からマルペロの動植物保護区についての紹介ですコロンビア共和国旅行のときにはマルペロの動植物保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マルペロの 動植物保護区
Malpelo Fauna and Flora Sanctuary
所在国:コロンビア共和国
世界遺産登録: 2006 年
世界遺産の種類:自然遺産

マルペロの動植物保護区:Malpelo Fauna and Flora Sanctuaryは、コロンビア海岸の沖合い506キロメートル。マルペロの動植物保護区:Malpelo Fauna and Flora Sanctuaryは(350 ha)および周囲の海洋の環境(857,150 ha)を含んでいる。 この広大な海洋公園と熱帯太平洋の最も大きな保護地帯は国際的に脅された海洋種に、重要な生息地を提供しています。 特に鮫、巨大なハタおよびビルフィッシュのための保護区です。歯付き鮫、深海の鮫が、確認された世界でもまれな地域のひとつです。 顕著で美しい自然の絶壁、そして洞窟の存在のために世界の有数のダイビングスポットの1つとして広く、しられています。この海で自然に抱かれて生息する大型の捕食者(200匹のシュモクザメのと1,000匹の膚触りがよい鮫、ジンベイザメ)は今でもマグロなどを追いかけています。

サン・アグスティン遺跡公園 /コロンビアの世界遺産

コロンビアの世界遺産の中からサン・アグスティン遺跡公園 コロンビアについての紹介ですコロンビア旅行のときにはサン・アグスティン遺跡公園 コロンビアへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サン・アグスティン遺跡公園
San Agustin Archaelogical Park
所在国:コロンビア
世界遺産登録:1995年
世界遺産の種類:文化遺産

サン・アグスティン遺跡公園の遺跡の最古のものは紀元前500年といわれています。また、遺跡と同時に独特な石彫で知られる遺跡群も有名で、この遺跡群はコロンビアのマグダレナ川上流の標高1200mから2000mの山岳地帯に500km2の範囲にわたって点在しています。主な遺跡だけでも30ヶ所前後に達し、南米でも最大規模となっています。サン・アグスティン遺跡公園が発見されたきっかけは、1757年にスペイン人修道士サンタ・ヒエルトゥディスが旅行記に記したことが最初だとされています。その後、黄金を求める山師などが入りこみ、いくつかは破壊されましたが、20世紀初頭にはドイツの人類学者、コンラード=テオドール=プロイス(Preuss,K.T.)によってサン・アグスティンの重要性が正当に評価かれるまでになりました。サン・アグスティン遺跡群の特徴は、やはりその独特な石彫でしょう。丸彫りや板状の石を用いた石彫は、ペルーを中心にアンデス地方一帯に影響を及ぼしたチャビン文化の石彫を思わ、ネコ科の動物的な神格をもった半人半獣の牙を生やした怪人像、神官や戦士を表すと見られる人物像、蛇、ワニ、トカゲ、カエル、サンショウウオ、猛禽類を刻んだ石彫が400個体近く確認されています。これらの特徴ある石像は他に類例をみない独特のものです。

サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区/エクアドル共和国の世界遺産

エクアドル共和国の世界遺産の中からサンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区についての紹介ですエクアドル共和国旅行のときにはサンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区
Historic Centre of Santa Ana de los Rios de Cuenca
所在国:エクアドル共和国
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

サンタ・アナ・デ・ロス・リオス・クエンカの歴史地区はエクアドルの首都キトの南300q、アンデス山脈の谷間の標高2600mの内陸高地にあります。エクアドルの第3の都市でもあるクエンカは1557年にヒル・ラミレス・ダヴァロスによってスペインの植民都市として建設されました。エクアドルのクエンカの名前の由来はスペインのクエンカから取ったものでありスペインのクエンカも1996年に文化遺産として登録されています。町の中心にあるアブドン・カルデロン広場や日干し煉瓦を敷き詰めた碁盤目状の街路、サン・フランシスコ教会などの建物がある計画的な美しい街並み景観は、スペインの植民都市だった歴史をいまも色濃く残しています。

サンガイ国立公園/エクアドル共和国の世界遺産

エクアドル共和国の世界遺産の中からサンガイ国立公園についての紹介ですエクアドル共和国旅行のときにはサンガイ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サンガイ国立公園
Sangay National Park
所在国:エクアドル共和国
世界遺産登録年:1983年
世界遺産の種類:自然遺産

サンガイ国立公園は、エクアドル中央部モロナ・サンティアゴ州、チンボラソ州、トゥングラワ州にまたがる国立公園で、標高800〜5000mの広大な地域に位置するアンデス山脈内の標高差4000m以上に広がっています。面積は5177.65km? にも及んでいます。(世界遺産登録地域は2719.25 km?)。1983年に世界自然遺産に登録されました。公園名の由来となったサンガイ山(標高5230 m)とトゥングラワ山(標高5016 m)という二つの活火山を持ち、さらにもう一つ、カルデラ湖を持つ休火山アルタール山(標高5320m)がそびえています。氷河地帯や、世界でもっとも長時間にわたって火山活動を続けているサンガイ山に代表される火山群、植生においては荒涼としたパンパ地帯、急斜面の雲霧林帯、標高800m付近の熱帯雨林など、多様な自然が広がり、5000m級の高山帯を含んでいることから、高さによって動物相・植物相とも豊かで800 - 1800m 地域にはジャングルが広がり、コンゴウインコをはじめとする40種以上のオウムのほか鳥類や、モルフォチョウなどの昆虫類が生息し、アマゾン川の支流にはピラニアもいます。 2000 - 3000m地域は森林が広がっていて、サンガイ国立公園のシンボルにもなっているヤマバクをはじめとして、ジャガー、メガネグマなどが生息しています。 4000m地域になると植生はまばらになりますが、コンドルなどが棲息しています。それより高くなると、氷河と岩肌のみの荒涼な地形になります。 1992年、公園内に縦貫道路建設の計画がもち上がったことから、危機遺産に登録されましたが、計画中止により2005年にリストから削除されました。

ガラパゴス諸島/エクアドルの世界遺産

エクアドルの世界遺産の中からガラパゴス諸島についての紹介ですエクアドル旅行のときにはガラパゴス諸島へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ガラパゴス諸島
Galapagos Islands
所在国:エクアドル
世界遺産登録:1978年、2001年
世界遺産の種類:自然遺産

ガラパゴス諸島は、南アメリカのエクアドルを西へ約900km先に位置する、太平洋上の19からなる火山群島です。原語となった「Islas Galapagos」(スペイン語)は「ゾウガメの島」を意味します。正式名称はコロン諸島 Archipielago de Colon(スペイン語)になります。現在も活動を続けている火山活動によって海底から隆起してできた島なので、どこの大陸とも隔絶された環境のもと、独自の進化をとげた動植物相が特徴となっています。チャールズ・ダーウィンが進化論を著すきっかけとなった島としても有名です。かつては、海賊の補給地として、エクアドルの領地となってからは、流刑地として利用されたこともありました。特異な生態系の中で、代表的な固有種としては、現存する中で世界最古の爬虫類として知られるガラパゴスゾウガメ、ウミイグアナ、オオグンカンドリ、ガラパゴスコバネウ、ガラパゴスペンギンなどが挙げられます。2001年には、ガラパゴス海洋保護区も世界遺産の範囲となりました。生態系を守るため観光に際しては、ナチュラリストガイド制度などの、厳格な自然保護対策が適用されています。

キト市街/エクアドルの世界遺産

エクアドルの世界遺産の中からキト市街についての紹介ですエクアドル旅行のときにはキト市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

キト市街
City of Quito
所在国:エクアドル
世界遺産登録:1978年
世界遺産の種類:文化遺産

キト市街とは、エクアドル共和国の首都に広がる市街のことで、グアヤキルに次いで人口の多い都市です。位置的には、赤道直下にあるが、アンデス山脈の中腹(標高2850メートル)にあるため比較的涼しい気候です。キト市街の発祥は紀元1000年以前で、当時、この一帯は遊牧民たちの遊牧する土地でしたが、その後今のキトの位置に市が開かれました。15世紀末にはインカ帝国の支配下に置かれました。11代インカ皇帝ワイナ・カパックの母親がキトの出身だったので、帝国の第二の首都として整備されたのです。第一の首都であるクスコからキトまでは、インカ道が通されました。 しかしその後、帝国ではクスコ派とキト派との対立が深まり、ワイナ・カパックの死後、帝国は2人の息子により分けられました。その後起こった内戦などでキトはスペインに破壊されてしまいます。1534年、フランシスコ・ピサロがキトへの殖民を開始し、街は「サン・フランシスコ・デ・キト」と名づけられました。その後300年にわたり、キトはスペインの植民地として支配されたのです。1800年代に入ると、スペインからの独立の気運が高まりましたが、1810年にリマから派遣されたスペイン軍により鎮圧されてしまいます。 ですが、その後、救援に来たアントニオ・ホセ・デ・スクレが1822年にスペイン軍にピチンチャの戦いで勝利したことで、スペインからの独立を勝ち取り、大コロンビアの一部となりました。1830年には独立し、キトはエクアドルの首都となったのです。

コロニア・デル・サクラメントの歴史的街並み/ウルグアイの世界遺産

ウルグアイの世界遺産の中からコロニア・デル・サクラメントの歴史的街並みについての紹介ですウルグアイ旅行のときにはコロニア・デル・サクラメントの歴史的街並みへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コロニア・デル・サクラメントの歴史的街並み
Historic Quarter of the City of Colonia del Sacramento
所在国:ウルグアイ
世界遺産登録:1995年
世界遺産の種類:文化遺産

コロニア・デル・サクラメントは、南アメリカはウルグアイの南西部に位置するコロニア州の州都です。対岸には、当時スペイン人が拠点としていたブエノスアイレス(現在はアルゼンチンの首都)があります。ラプラタ川の河口に位置する港湾都市として、交易上重要な水運の要として機能しました。その重要度の高さから、ポルトガル人が1680年に、建設した後も、支配権をめぐってスペインと争奪戦を繰り返し、そのたびに、町の名前はポルトガル語の「コロニア・ド・サクラメント」であったり、スペイン語の「コロニア・デル・サクラメント」であったりしました。そのため、街並みは、17世紀後半のポルトガル、18世紀半ばのスペインが混在した独特なコロニアル都市となっています。約16万ヘクタールものこのエリアは、歴史地区として、保存されています。

バルデス半島 /アルゼンチン共和国の世界遺産

アルゼンチン共和国の世界遺産の中からバルデス半島についての紹介ですアルゼンチン共和国旅行のときにはバルデス半島へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バルデス半島
Peninnsula Valdes
所在国:アルゼンチン共和国
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:自然遺産

バルデス半島はアルゼンチンの首都ブエノスアイレスから南約1300kmにあり、チュプト東部にあるサンホセ湾とヌエボ湾に囲まれた面積39万haの半島です。バルデス半島は絶滅の危機にさらされているセミクジラ、ゾウアザラシ、マゼランペンギン、固有種のパタゴニア・アシカ等が生息しておりパタゴニアの海洋哺乳類の保護に当たっての世界的に重要な地域であります。またバルデス半島周辺のシャチはユニークな方法で獲物を狩ることでも知られております、バルデス半島近くには、トレレウと、プエルト・マドリンの2つの空港があり、2つの都市ともバルデス半島観光の拠点になっていますがこれらの海洋哺乳類や海鳥などが観光地の開発等により危険因子ともなっているのが現状です。

ロス・グラシアレス/アルゼンチン共和国の世界遺産

アルゼンチン共和国の世界遺産の中からロス・グラシアレスについての紹介ですアルゼンチン共和国旅行のときにはロス・グラシアレスへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ロス・グラシアレス
Los Glaciares
所在国:アルゼンチン共和国
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:自然遺産

ロス・グラシアレスは、南極大陸、グリーンランドに次ぐ世界第三の大きさを誇る氷河群があるアルゼンチン共和国の国立公園です。ロス・グラシアレスとは、スペイン語で『氷河』を意味し、アンデス山脈の南端パタゴニアに位置しています。国立公園に指定されているエリアは、コロラド川を境に南緯40度以南からチリ国境アルヘンディーノ湖までの約4500平方kmで、自然保護区にも指定されています。琵琶湖ほどの大きさを持つ最大のウプサラ氷河(面積は約600平方km)や、今でも活動を続けているペリト・モレノ氷河や、スペガッツィーニ氷河などがあり、夏季には、高層ビルほどの高さを持つ氷の塊が大きな音とともに崩れ落ちる姿が見られ、ロス・グラシアスの名物のひとつになっています。この地域には、グアナコ、ハイイロギツネ、ヌートリア、マゼランキツツキ、クロハラトキなどの貴重な生物をはじめ、パタゴニア特有の動植物が多く棲息しています。

イスチグアラスト/タランパジャ自然公園群 /アルゼンチン共和国の世界遺産

アルゼンチン共和国の世界遺産の中からイスチグアラスト/タランパジャ自然公園群 アルゼンチン共和国についての紹介ですアルゼンチン共和国旅行のときにはイスチグアラスト/タランパジャ自然公園群 アルゼンチン共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

イスチグアラスト/タランパジャ自然公園群
Ischigualasto/ Talampaya Natural Parks
所在国:アルゼンチン共和国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:自然遺産

アルゼンチンは隣のチリと並んで南アメリカの最南端にあり、大西洋に面しています。イスチグアラスト/タランパジャ自然公園群は、南米大陸を縦断するアンデス山脈の一部にあり、急峻な斜面と荒涼とした景色が有名です。アルゼンチンは北の亜熱帯性地域、東のパンパ(大平原)、西のアンデス山脈、そして荒涼たる砂漠が広がるパタゴニア地方など、その気候は大きく亜熱帯、温帯、乾燥、寒冷気候の4つに分けることができます。ちょうど日本の四季とと似ています。イスチグアラスト自然公園は、山肌が風と雨の侵食作用により月面の風景に似ていることから、「月の谷」とも呼ばれています。かなり岩々が寝食され、荒涼として風景が想像できます。また、タランバジャ自然公園は大きな奇岩が立ち並び、思わず恐竜時代にタイムスリップしたような気持ちになります。約2億年前はこのあたりは熱帯性気候の湿地帯であった為、化石が多く発掘されており、地球の古生物学上、大変貴重な場所です。

イグアス国立公園(アルゼンチン)/アルゼンチンの世界遺産

アルゼンチンの世界遺産の中からイグアス国立公園(アルゼンチン)についての紹介ですアルゼンチン旅行のときにはイグアス国立公園(アルゼンチン)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

イグアス国立公園
Iguacu National Park
所在国:アルゼンチン
世界遺産登録:1984年
世界遺産の種類:自然遺産

イグアス国立公園は、世界遺産の中でも特に名を知られた世界三台瀑布「イグアスの滝」を擁する、国立公園です。イグアス国立公園はブラジル側にもありますが、アルゼンチン側の方が早くに世界遺産として認定されました。目玉はなんといっても最大落差80メートル以上にもおよぶ、「悪魔の喉笛」(Garganta del Diablo)です。アルゼンチン側では遊歩道から見下ろす形でこの「悪魔の喉笛」を観ることができます。また、イグアスの滝だけでなく、南米の亜熱帯の特徴がありありと保存されているジャングルも見もので、公園には絶滅が危惧されている、ジャガーやピューマ、アリクイ、バク、そして南米ならではのバラエティに富んだ400種もの鳥類、500種にも及ぶ珍しい蝶が生息しています。ジャングルの中をトレッキングしたりマウンテンバイクで回ることもできるので、運がよければいろいろな動物昆虫に出会えることでしょう。

ケブラーダ・デ・ウマワーカ/アルゼンチンの世界遺産

アルゼンチンの世界遺産の中からケブラーダ・デ・ウマワーカについての紹介ですアルゼンチン旅行のときにはケブラーダ・デ・ウマワーカへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ケブラーダ・デ・ウマワーカ
Quebrada de Humahuaca
所在国:アルゼンチン
世界遺産登録: 2003 年
世界遺産の種類:文化遺産

ウマウアカの谷はその美しい景観や、植民地時代とそれ以前の時代の集落が、コージャ(アンデス高地に住む人々)の文化を伝えていることが世界遺産登録のメインになっています。この渓谷はパラグアイ川の支流の一つですリオグランデ (rio Grande)の河川侵食により形成された渓谷です。ケブラーダ・デ・ウマワーカの谷には、荒漠とした見事な景観があり、南北に点在する文化的に貴重な遺産が残されていて、七色の丘 (Cerro de los Siete Colores)、マイマラ (Maimara)、ティルカラ (Tilcara)、ウマウアカなどで有名なプルママルカ (Purmamarca)はその代表的格です。

コルドバのイエズス会管区とエスタンシアス/アルゼンチンの世界遺産

アルゼンチンの世界遺産の中からコルドバのイエズス会管区とエスタンシアスについての紹介ですアルゼンチン旅行のときにはコルドバのイエズス会管区とエスタンシアスへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コルドバのイエズス会管区とエスタンシアス
Jesuit Block and Estancias of Cordoba
所在国:アルゼンチン
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

コルドバ市にある教会と、その伝道のためにコルドバ州にイエズス会が開いたエスタンシア(農場)は、アルゼンチンの歴史を垣間見ることができます。
市のラ・コンパーニャ・ヘスス教会はアルゼンチン最古の教会で、南米の文化と融合し、この地での独特の雰囲気を味わうことができます。
また、コルドバ市近郊にあるエスタンシアは、美しい自然の中でゆったりと過ごす楽園というところで、現在は保養地として、人気があります。カサ・デ・カロヤ、ヘスス・マリア、サンタ・カタリーナ、アルタ・グラシア、ラ・カンデレーラは、2000年に、コルドバ市の、イエズス会地区とともに、ユネスコ世界文化遺産に指定されました。アルゼンチン中部に位置するこの辺りは気候も過ごしやすく、ブエノスアイレスより、先に栄えた町であり、教会以外の建物も歴史を感じさせる雰囲気は、散策するだけでも十分満足できます。
ブエノスアイレスからコルドバへは航空便で約1時間。日に数多く便がありますので、気軽に訪れることができます。これらの管区跡には、ツアーで回ることもできますが、1日に全てを回ることは難しく、だいたい2日間かかります。イエズス会管区を巡るたびは、舗装されていない道や、コルドバの高原を通ったり、小さな村を訪れたりするもので、イエズス会管区跡以外にも、いろいろなコルドバ州の要素を知ることができます。

グアラニーのイエズス会伝道施設群:サン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート、サンタ・マリア・ラ・マジョール(アルゼンチン)、サン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群(ブラジル)/アルゼンチン、ブラジルの世界遺産

アルゼンチン、ブラジルの世界遺産の中からグアラニーのイエズス会伝道施設群:サン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート、サンタ・マリア・ラ・マジョール(アルゼンチン)、サン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群(ブラジル)についての紹介ですアルゼンチン、ブラジル旅行のときにはグアラニーのイエズス会伝道施設群:サン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート、サンタ・マリア・ラ・マジョール(アルゼンチン)、サン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群(ブラジル)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

グアラニーのイエズス会伝道施設群:サン・イグナシオ・ミニ、サンタ・アナ、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート、サンタ・マリア・ラ・マジョール(アルゼンチン)、サン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群(ブラジル)
Jesuit Missions of the Guaranis: San Ignacio Mini, Santa Ana, Nuestra Senora de Loreto and Santa Maria Mayor (Argentina), Ruins of Sao Miguel das Missoes (Brazil)
所在国:アルゼンチン、ブラジル
世界遺産登録:1983年、1984年
世界遺産の種類:文化遺産

グアラニー人のイエズス会伝道所群は、17世紀から18世紀にかけてイエズス会がグアラニー族のキリスト教の教化を進めるために建てられたものです。ブラジルとアルゼンチンにまたがっており、アルゼンチン側は、ミシオネス州内の、サン・イグナシオ・ミニ 、ヌエストラ・セニョーラ・デ・サンタ・アナ 、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレート 、サンタ・マリア・ラ・マジョールです。そのうち、ヌエストラ・セニョーラ・デ・ロレトは、現存する最古のイエズス会伝道所として知られています。ブラジル側は、リオグランデ・ド・スル州のサント・アンヘロ (Santo Angelo) にある、サン・ミゲル・ダス・ミッションの遺跡群です。もともとは、このブラジル側のサン・ミゲル・ダス・ミソンイス群が1983年に、この名称にて単独で登録されたのですが、翌年、アルゼンチン所在の4施設もそれに含まれるものである、という流れになり、名称を「グアラニーのイエズス会伝道施設群」として、ひとまとめに再登録されることになりました。当時の最盛期で一万人もの人々が暮らしていましたが、1767年にスペイン王カルロス三世が発令したイエズス会追放令によって、集落は放棄され、風化し自然に取り込まれるのを待つままとなっていました。その中で観光する上で保存状態のいいものは、サン・イグナシオ・ミニです。バロック様式と、グアラニーの様式が絶妙に混じった見事な装飾に加え、教会、礼拝堂、食堂、学校、作業場などの跡が遺されています。

スヴェシュタリのトラキア人の墳墓/ブルガリア共和国の世界遺産

ブルガリア共和国の世界遺産の中からスヴェシュタリのトラキア人の墳墓についての紹介ですブルガリア共和国旅行のときにはスヴェシュタリのトラキア人の墳墓へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

スヴェシュタリのトラキア人の墳墓
Thracian tomb of Sveshtari
所在国:ブルガリア共和国
世界遺産登録年:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

スヴェシュタリのトラキア人の墳墓はブルガリア共和国の西北部のドナウ川沿いの街であるシリストラの西にあるルーマニアとの国境の町ルセの郊外にあります。1985年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたスヴェシュタリのトラキア人の墳墓は、1944年に防空壕を掘っていた兵士たちによって偶然に発見されました。トラキア人は紀元前300年頃には既に王制をしいており、貨幣をつくり農林業を営むという高度な文明・文化を持っていました。このスヴェシュタリのトラキア人の墳墓の中の王族の墓1982年に発見され、直径70m、高さ12mで紀元前300年頃に作られたものだそうです。玄室(王と王妃の間)には生命の衰えと再生を象徴する老若男女の10体の女性像が飾られており、天井に描かれた壁画も保存状態が良くヘレニズム文明の重要な遺産といえるものです。

ピリン国立公園 /ブルガリア共和国の世界遺産

ブルガリア共和国の世界遺産の中からピリン国立公園 自然遺産についての紹介ですブルガリア共和国旅行のときにはピリン国立公園 自然遺産へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ピリン国立公園
Pirin Bational Oark
所在国:ブルガリア共和国
世界遺産登録:1983年
世界遺産の種類:自然遺産

ブルガリアの南西部にあり、ギリシャとマケドニアの国境に接するブルガリア最大の国立公園です。ピリン山脈は両国に接したヨーロッパの氷河期の時代に出来た山脈でありカール〔圏谷〕、U字谷、約70もの氷河湖など変化にとんだ景観を誇っています。山脈には最高峰の山、標高2914mのヴィーヘン山等がありこの山麓は深い針葉樹林に覆われた豊かな森林地帯を形成しています。また生態系も豊かでオウショウモミやエーデルワイスなどの植物、またヒグマ、オオカミ、キツネ、ムナジロテンなどの動物の種類も数多く生息しています。1934年にはブルガリアの自然保護区として指定され、ブルガリアの自然保護に対するテストケースとなり1983年に世界遺産に登録されました。

オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門/フランス共和国の世界遺産

フランス共和国の世界遺産の中からオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門についての紹介ですフランス共和国旅行のときにはオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門
Roman Theatre and its Surroundings and the Triumphal Arch of Orange
所在地:フランス共和国
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:文化遺産

オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門は、フランス南部プロヴァンス地方ヴォクリューズ県にあります。オランジュは、古代にはケルト人の居住地でしたが、ローマ帝国に支配され、植民地とされたのが紀元前1世紀のことです。ローマ帝国支配下のもとローマの都市計画を持ち込んでオランジュという町は作られました。当時の遺跡が原型をとどめて残っています。ローマ劇場は、1世紀にローマ初代皇帝アウグストゥスの治世下で建造されたもので、丘の傾斜を削って作られた観客席が舞台に面しているため、音響効果がとても素晴らしく、現在でも夏になるとオペラが催されています。オランジュの凱旋門は、紀元前20年頃に建てられたもので、オランジュの北側のアグリッパ街道にあります。古代ローマ人の功績を称える戦闘や戦利品などが描かれた彫刻がほどこされています。他にも似たような遺跡は各所にありますが、ローマ劇場・凱旋門とも保存状態が良いのが特徴です。

アルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群/フランスの世界遺産

フランスの世界遺産の中からアルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群についての紹介ですフランス旅行のときにはアルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群
Arles, Roman and Romanesque Monuments
所在国:フランス
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:文化遺産

アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群は、フランスは南部のプロヴァンス地方にある文化遺産です。紀元前一世紀にローマ人によってフランスが支配された際の首府となり栄えましたが、その後、中世でも、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の始点になったことで宗教都市としても発展したことから、古代ローマと中世という二つの時代の遺跡が混在しています。ローマ時代の遺跡としての見ものとして筆頭に挙げられるのは、円形闘技場と古代劇場です。一世紀末に建設されたという闘技場は2層(当時は3層)で60のアーチが周囲を取り囲み、2万人以上もの観客を収容できたとされています。現在でも、闘牛などに使用されています。古代劇場は、紀元前1世紀ごろに作られましたが、中世には教会建築として石材が切り出されたり、要塞に改築されたりしたこともあって、現在では、大理石の柱が残存しているだけです。ここで発掘されたアルルのヴィーナス像は、ルーブル美術館で観ることが出来ます。他のローマ時代の遺跡としては、地下回廊とフォルム(Cryptoportiques et forum romain)、コンスタンティヌスの公衆浴場(Thermes de Constantin)、ローマの城壁 (Remparts du castrum romain)、大墓地アリスカン(Les Alyscamps)が現存しています。中世の遺跡としての代表である、サン=トロフィーム教会 (L'eglise St-Trophine)はロマネスク様式の美しい彫刻で有名です。そもそもは、アルルの聖トロフィムスの聖遺物を納めるために7世紀に建造されたのですが、12世紀にロマネスク様式に改築されました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。