ラパ・ヌイ国立公園/チリ共和国の世界遺産

チリ共和国の世界遺産の中からラパ・ヌイ国立公園についての紹介ですチリ共和国旅行のときにはラパ・ヌイ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ラパ・ヌイ国立公園
Rapa Nui National Park
所在国:チリ共和国
世界遺産登録:1995年
世界遺産の種類:文化遺産

ラバ・ヌイ国立公園は、モアイ像で有名なイースター島全域を指す太平洋に浮かぶ火山島で、1935年にチリ共和国の国立公園に指定され、1995年には、文化遺産として世界遺産登録をされています。ラパ・ヌイとは、ポリネシア系先住民の言葉で『広い大地』や『大きな島』を意味し、島の正式名は、スペイン語のバスクア島(Isla de Pascua)です。イースター島(Easer Island)は英語での呼称。イースター島(バスクア島)は、チリの首都サンチアゴから西へ3760km、タヒチから東へ4050kmの南太平洋上にあり、4世紀頃にポリネシアのマルケサス島から移住したのが先住民と推測されており、それから約1300年後の1722年にオランダ人海軍提督のヤコブ・ロッゲフェーンに発見されるまで、孤立が故に複雑で謎に満ちた神秘的な文化が形成されました。不可思議な凝灰石で造られた巨石像モアイをはじめ、アウという大きな石の祭壇、鳥人の儀式が行われたとされる村や墓や火葬場、住居跡、内壁を石で縁取られた洞窟、その中の壁画や岩絵、モアイが切り出された石切り場や武器、道具なども残されており、ラパ・ヌイの文化を知る貴重な遺跡といえます。モアイは、10〜16世紀にかけて行われた各部族や血族の神化された先祖という意味合いで、村の守り神として造られましたが、16〜17世紀には部族間の内紛が勃発し、フリ・モアイと呼ばれるモアイ倒し戦争(モアイ倒し闘争)が繰り広げられ、多くのモアイ像が破壊されたと言われています。

シーウェル鉱山都市/チリ共和国の世界遺産

チリ共和国の世界遺産の中からシーウェル鉱山都市についての紹介ですチリ共和国旅行のときにはシーウェル鉱山都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シーウェル鉱山都市
Sewell Mining Town
所在国:チリ共和国
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

シーウェル鉱山都市は世界最大の地下銅です。
首都(アンデス山脈の上で2,000m以上、最大の気候によってマークされる環境のサンチァゴ)で南に85kmあって、シューウェルMining Townは世界最大の地下銅山(El Teniente)であったことで住宅労働者に20世紀初期にブラーデンCopper会社によって造られました
それは先進工業国から地元の労働組合と資源の融合から世界の多くの遠い地域で生まれ
企業町の目立つ例です。そして、高い価値天然資源を採掘して、加工します。
そのピークで、シューウェルは15,000人の住民を数えたが、主に1970年代に捨てられました。町は、駅から上がっている大きな中央階段のまわりで、動かされた車両のためにあまりに急な地形の上に築き上げられました。そのルートに沿って、観賞用の木と植物による不規則な形の形式的正方形は、町の主な公共の場または正方形を構成しました。中央階段を離れて、経路は町の異なるレベルを結んでいるより小さな正方形と第二の階段に至っている輪郭に沿って走りました。
通りを埋め尽くしている建物は材木です。そして、しばしば鮮明な緑、黄色、赤と青に塗られます。
米国で計画されて、彼らのほとんどは19世紀のアメリカのモデルの上に築き上げられました、しかし、Industrial学校(1936)のデザインは、たとえば、現代主義インスピレーションです。
シューウェルは、一年中の使用のために造られた20世紀でかなりの唯一の山の産業の鉱業和解です。

ハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群/チリン共和国の世界遺産

チリン共和国の世界遺産の中からハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群についての紹介ですチリン共和国旅行のときにはハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群
Humberstone and Santa Laura Saltpeter Works
所在国:チリン共和国
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産、危機遺産

ハンバーストーンとサンタ・ラウラ硝石工場群はチリ北部のアタカマ砂漠の海岸沿いにある街です。チリ硝石は有名ですよね、誰もが小学校か中学校で学習しているはずです。19世紀〜20世紀の半ばにハンバーストーンとサンタ・ラウラ等約300のオフイシナと呼ばれた鉱山町がありましたが、1950年代の半ばに鉱山の閉鎖に伴い人々が消え去り、現在では全てがゴーストタウン化しています。ハンバーストーンは当時の面影をもっともよく伝えており、街全体が貴重な歴史資産として保護され一般にも公開されています。サンタ・ラウラは2005年にハンバーストーンと同時に世界遺産として登録されましたが同時に建物の脆弱化と最近の地震の衝撃等の理由から危機にさらされており危機遺産にも登録されました。

チロエの教会群/チリの世界遺産

チリの世界遺産の中からチロエの教会群についての紹介ですチリ旅行のときにはチロエの教会群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チロエの教会群
Churches of Chiloe
所在国:チリ
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

チロエの教会群とは、チリのロス・ラゴス州にある大きな島、チロエ島にある教会群のことです。最も古い教会で1740年に建てられています。チロエ島の面積は約8,394キロ平方メートルで、チリの島の中ではフエゴ島に次いで広く、南米でも5番目に広い島とされています。チロエ島とその周辺の小島で構成されるチロエ諸島の主島です。チロエ島の人口は155,000人(2002年)で、農業、林業、サケ養殖、観光が主要産業となっています。2000年にチロエの教会群が世界遺産に登録されたことで、観光客が増えています。教会群の中で、主なものをご紹介します。チロエ島の中で最も古い教会は、1740年に造られたキンチャオ島にあるアチャオの教会です。正面にあるタワーは後に付け加えられたものです。同じくキンチャオ島にあるキンチャオ教会は、チロエ島の全ての教会の中で最も大きいものです。毎年、この教会では宗教的なお祭りが行われていて、多くの人々が参加します。 チロエ島にあるカストロのメイン広場に建つカストロ教会は、チロエ島の住民にキリスト教が伝えられた頃に建てられました。最初の教会は1902年の火災で消失してしまいましたが、現在の教会は、イタリア人建築家・エドアルド・プロバソーリによって1912年に建てられました。

中央スリナム自然保護区/スリナム共和国の世界遺産

スリナム共和国の世界遺産の中から中央スリナム自然保護区についての紹介ですスリナム共和国旅行のときには中央スリナム自然保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

中央スリナム自然保護区
Central Suriname Nature Reserve
所在国:スリナム共和国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:自然遺産

中央スリナム自然保護区は、160万ヘクタールからなる南米で最も大きな自然保護区のひとつで、1998年に国連財団などの支援のもと、スリナム政府により、3つの保護地区が合併することで創設され、2000年には自然遺産として世界遺産登録されました。スリナム共和国の国土中央部の熱帯原生自然地域に位置する、まさに人跡未踏の地で原始の状態をそのまま保っています。コペンナーメ川の上流域、ギアナ・シールドの広い地形にある低山帯と低地森林は、6000種ものさまざまな維管束植物が棲息するなど貴重な生態系が残されています。また、中央スリナム自然保護区でしか見られないジャガーや、オオアルマジロ、オオカワウソ、ナマケモノ、バク、8種の霊長類にくわて、400種の鳥類が生息しています。

パラマリボ市街歴史地区/スリナム共和国の世界遺産

スリナム共和国の世界遺産の中からパラマリボ市街歴史地区についての紹介ですスリナム共和国旅行のときにはパラマリボ市街歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

パラマリボ市街歴史地区
Historic Inner City of Paramaribo
所在国:スリナム共和国
世界遺産登録:2002年
世界遺産の種類:文化遺産

パラマリボ市街歴史地区とは、スリナム共和国の首都パラマリボにある、世界遺産に登録された文化遺産である市街歴史地区のことです。2002年に登録されました。パラマリボの人口は約222,843人で、大西洋からおよそ15kmのところに位置しています。郊外ではボーキサイト・サトウキビ・米・カカオ・コーヒーが産出され輸出されています。パラマリボ市街では、セメント・ラム酒等を製造しています。パラマリボは1630年にイギリス人によって植民され、1815年からスリナムからの独立までオランダの支配下にありました。市民はインド人・アフリカ人・オランダ人がほとんどです。パラマリボにはオランダの名残で、博物館・大聖堂があります。17世紀半ばにオランダ人が入植してからは、木材やサトウキビなどの栽培や輸出で繁栄を築きました。建造物は、ヨーロッパ様式と先住民の文化が融合しているといわれています。碁盤目状に区画された町には木造家屋が整然と並んでいて、当時の面影を残しています。

ティエラデントロの国立遺跡公園/コロンビア共和国の世界遺産

コロンビア共和国の世界遺産の中からティエラデントロの国立遺跡公園についての紹介ですコロンビア共和国旅行のときにはティエラデントロの国立遺跡公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ティエラデントロの国立遺跡公園
National Archacological Park of Ticrradentor
所在国:コロンビア共和国
世界遺産登録:1995年
世界遺産の種類:文化遺産

ティエラデントロの国立遺跡公園はコロンビアの南部カウカ県の標高1700mの起伏の激しい広大な地域で現在はパエス先住民が移住しています。公園内は5つのエリアに分かれており地下埋葬室がこれらの随所に点在しています。6世紀〜10世紀のプレ・イスパニック時代に作られた巨大な人物像と地下埋蔵室があるのは山の頂上や中腹の景観のすばらしいところにあり、地下埋蔵室はあまり深くないものから地下7mの深くて広いものまで変化にとんでおり地下室には12mの棺もあります。これらの建設民族は現在でも不確定であるがパエス・インディオ説が有力です。公園内には博物館があり墓の内部で発見された冬季の壷やパエス共同体の文化を説明する民俗学展示ルームなどがあります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。