コスタリカのグアナカステ保全地域/コスタリカ共和国の世界遺産

コスタリカ共和国の世界遺産の中からコスタリカのグアナカステ保全地域についての紹介ですコスタリカ共和国旅行のときにはコスタリカのグアナカステ保全地域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コスタリカの「グアナカステ保全地域
Area de Conservacion Guanacaste
所在国:コスタリカ共和国
世界遺産登録年:1999年、2004年
世界遺産の種類:自然遺産

コスタリカのグアナカステ保全地域は、コスタリカの北西部、グアナカステ州とアランジュエラ州にまたがっている広大な保護地区で実に国土の2.5%を占めています。4つの国立公園と太平洋海域から構成される自然遺産です。ここの森は、カリブ海からの湿った空気と地形の関係で、山をはさんで太平洋側が中米に唯一残る熱帯乾燥林とカリブ海側が熱帯湿潤林という、違う様相のジャングルに分かれています。乾燥した森と湿度の高い森が隣り合うコスタリカの「グアナカステ保全地域」は、6万種の動植物がすむ命の宝石箱です。このような多様な生物相を保護する重要な原生地では、内陸性、海洋性の両方の自然環境での生態系の変化を見ることができます。25万頭を超えるウミガメが産卵のために訪れる海岸。クロコダイルやジャガーといった稀少な動物など、940種の脊椎動物を含む23万種に及ぶ動植物が確認され、植物群落、絶滅寸前の種や珍種の宝庫になっています。   ★2004年に陸域のサンタ・エレナ保護区が登録範囲に含められました。

ココ島国立公園/コスタリカの世界遺産

コスタリカの世界遺産の中からココ島国立公園についての紹介ですコスタリカ旅行のときにはココ島国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ココ島国立公園
Cocos Island National Park
所在国:コスタリカ
世界遺産登録:1997年、2002年
世界遺産の種類:自然遺産

ココ島国立公園 は、コスタリカから南西550Kmに位置する、太平洋最大の無人島(国立公園管理者を除く)です。また東太平洋のエリアにおいて唯一、熱帯雨林を擁する火山島でもあります。ココ島の名前の由来は、ココヤシの実によります。年間降水量7,000mmもの雨量や湧き水と豊かな熱帯雨林の環境には、動植物の固有種が多数残されています。特に海洋生物の種類は豊富で、シュモクザメ、マンタなどが生息していることで有名です。かの海洋学者、ジャック・クストーは「世界で最も美しい島」と評しています。島の地形は火山島だけに複雑で、岩場や滝、洞窟などもあることから、海賊による財宝の隠し場所ではないか、とハンター達がおしかけたこともありました。このことをモデルにして書き上げられたのが、スティーブンソンの小説「宝島」です。また、複雑な地形と熱帯雨林という特徴から、映画「ジュラシックパーク」に出てくる、ソルナ島とヌブラル島は、ココ島をモデルにしたと言われています。

タラマンカ地方−ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園/コスタリカ、パナマの世界遺産

コスタリカ、パナマの世界遺産の中からタラマンカ地方−ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園についての紹介ですコスタリカ、パナマ旅行のときにはタラマンカ地方−ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タラマンカ地方−ラ・アミスター保護区群/ラ・アミスター国立公園
Talamanca Range-La Amistad Reserves/La Amistad National Park
所在国:コスタリカ、パナマ
世界遺産登録:1983年、1990年
世界遺産の種類:自然遺産

タラマンカ地方のラ・アミスター保護区群とラ・アミスター国立公園は、総面積5654平方kmの広大な土地に広がる自然遺産で、コスタリカとパナマの国境をまたぐ位置にあります。1983年にコスタリカのラ・アミスター保護区群として世界遺産として登録されましたが、1990年にパナマのラ・アミスター国立公園として世界遺産登録されたことで、二国にまたがる世界遺産となりました。タラマンカ地方に広がる熱帯雨林地帯、雲霧林、高原地帯、火山など変化に富んだ地形と気候を持つ国境地帯は、中央アメリカ最大規模の大きさにものぼり、世界でも有数の生態系を誇っています。人気番組『あいのり』で『幸せを呼ぶ幻の鳥』として紹介された絶滅の危機に瀕しているケツァールや空中で停止して花の蜜を吸うホバーリング飛行をする南北アメリカにしかいないと言われる『ハチドリ』の仲間などの鳥類や青く美しく光る羽をもつモルフォチョウなどの貴重な昆虫、動植物の宝庫です。

アンティグア・グアテマラ/グアテマラ共和国の世界遺産

グアテマラ共和国の世界遺産の中からアンティグア・グアテマラについての紹介ですグアテマラ共和国旅行のときにはアンティグア・グアテマラへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アンティグァ・グアテマラ
Antigua Guatemala
所在国:グアテマラ共和国
世界遺産登録年:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

古都アンティグァ・グアテマラは、首都グアテマラ・シティの西40kmにある富士山のような形をしたアグア火山など3つの山に囲まれた標高1520mの古都。アンテイグア・グアテマラとは「古き良きグアテマラ」の意味です。古都アンティグァ・グアテマラは、1543年、現在のメキシコ南部からコスタリカまでの地域を統括する総督府として創建されると、38に及ぶ聖堂や、大学、神学校などが次々と建てられました。大聖堂がそびえる中央広場を中心に碁盤の目のように道路が敷かれ、広場を囲んで、旧グアテマラ総督の宮殿、ラ・メルセー教会、修道院やコロニアル風の建物が静かにたたずみ、石畳の美しさが印象的です。宗教や学問の中心地としての地位を築いた町の人口は、18世紀には8万人にまで膨らんだといいます。中米ではもっとも華やかな都市として栄えましたが、1773年の大地震による崩壊で、首都がグアテマラ・シティに移されました。建都以来、たびたび地震に襲われたため、イスラムの影響を受けたスペインの様式と先住民の様式を融合したバロック様式の建物には耐震性が加えられ、厚い壁、低い天井、両端に塔を備えた独特の構造になりました。

ティカル国立公園/グアテマラ共和国の世界遺産

グアテマラ共和国の世界遺産の中からティカル国立公園についての紹介ですグアテマラ共和国旅行のときにはティカル国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ティカル国立公園
Tikal National Park
所在国:グアテマラ共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:複合遺産

ティカル国立公園は、マヤ文明最大最古の都市遺跡で、グアテマラ北東部のペテン州の密林地帯にあります。都市部にあたるエリアだけでも約16平方kmありますが、4000以上の建物跡を含め、小さな建造物が散在しているため、遺跡全体としては、120平方kmもの広さがあります。テオティワカン文化の強い影響を受けている古代都市・ティカルには、紀元前から人が住んでいたとされ、3〜8世紀には周辺を従え、マヤ古典期の初期から中心都市として栄えましたが、10世紀頃になると他の低地マヤ諸都市のように捨てさられてしまい、その理由は未だ解明されていません。しかし、海抜250mの密林の中に立ち並ぶピラミッド状の数々の神殿は、ジャガー、仮面、双頭の蛇などと名づけられていたとされ、持送り式アーチで作られた宮殿や建造物複合体群を結ぶ大通り、漆喰(しっくい)彫像の建築装飾や石碑などは、マヤ文明の都市建築技術をうかがい知ることができます。

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷/キューバ共和国の世界遺産

キューバ共和国の世界遺産の中からトリニダードとロス・インヘニオス渓谷についての紹介ですキューバ共和国旅行のときにはトリニダードとロス・インヘニオス渓谷へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷
Trinidad and the Valley de los Ingenios
所在国:キューバ共和国
世界遺産登録年:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷はキューバの首都ハバナから南東へ約280km離れたカリブ海に面し海岸線から少し内陸に入った場所に位置する街で、1988年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された地域です。トリニダードは金鉱探索をしていたスペイン人ディエゴ・ベラスケスが1514年に建設した植民都市です。18〜19世紀半ばに栄えたサトウキビから砂糖を生産する工場を50余りもトリニダードから北西に約14km離れたロス・インヘニオス渓谷につくり、人口は約3万人にも増加しました。トリニダードには現在でもサトウキビの大農園を所有していたオルティス、ブルネート、カンテロ、マリブラーンなどの大邸宅が博物館として残されています。しかしサトウキビ工場で働いていたのは西アフリカから強制的に連行されてきた黒人奴隷たちであり、ロス・インヘニオス渓谷にはその黒人達を監視するために建てられたイスナーガの塔が残っています。トリニダードとロス・インヘニオス渓谷は人類が残した負の世界遺産として知られています。

シエンフェゴスの都市歴史地区/キューバ共和国の世界遺産

キューバ共和国の世界遺産の中からシエンフェゴスの都市歴史地区についての紹介ですキューバ共和国旅行のときにはシエンフェゴスの都市歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シエンフェゴスの都市歴史地区
Urban Historic Centre of Cienfuegos
所在国:キューバ共和国
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

シエンフェゴスの都市歴史地区は、キューバのほぼ中央部カリブ海に面したシエンフェゴス湾(Cienfuegos Bay)に接する文化遺産です。シエンフェゴスは、スペインの植民地町として1819年に創設されましたが、その後のフランスの移民によって開放されました。そして、砂糖きび、マンゴ、タバコおよびコーヒーの生産と交易によって栄えました。シエンフェゴスの都市はフランス式の近代的都市計画を取り入れ、碁盤目にみごとに区画整理された町並みとなり、広い通りや広場、フレンチバロック様式の建物が造られました。これは、19世紀ラテンアメリカの都市計画の顕著な例となっています。とくに、ホセ・マルティ広場の周辺には、当時の建物が多く残っています。シエンフェゴスの代表的な建築物として、市庁舎(City Hall)、サンロレンツォ学校(San Lorenzo School)、宮殿(Ferrer Palace)、などがあります。

オールド・ハバナとその要塞群/キューバの世界遺産

キューバの世界遺産の中からオールド・ハバナとその要塞群についての紹介ですキューバ旅行のときにはオールド・ハバナとその要塞群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オールド・ハバナとその要塞群
Old Havana and its Fortifications
所在国:キューバ
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

オールドハバナとその要塞は、コロンブスにキューバ島が発見された以後、スペイン領として隆盛を誇った16〜18世紀のハバナの歴史をとどめた文化遺産です。現在もキューバの首都となっています。ハバナは1519年にベラスケスが都市を作ったことから始まります。新大陸とヨーロッパとの貿易として、砂糖やタバコ、奴隷を扱い、栄えました。富裕層は、その富を誇り、次々とバロック大聖堂、邸宅、カテドラル広場、カピトリオなどを建設し、そのどれもが見事なバロック様式によって建設されており、現在もその当時の隆盛振りを伝えています。富が集中した反面、海賊や外国の侵略を防ぐために、強固な要塞が数多く築かれ、ハバナ自体が結果として要塞都市となりました。カリブ海最強の砦と称された、モロ要塞をはじめ、プンタ要塞、フエルサ要塞とした城塞が壮観です。

キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観/キューバの世界遺産

キューバの世界遺産の中からキューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観についての紹介ですキューバ旅行のときにはキューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観
Archaeological Landscape of the First Coffee Plantations in the Southeast of Cuba
所在国:キューバ
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観 (Archaeological Landscape of the First Coffee Plantations in the Southeast of Cuba)マエストラ山脈の麓、その小さな丘にコーヒー畑の痕跡があります。19世紀当時の困難な地勢のコーヒー農業の先駆的形態の独特な景観を現代に伝えています。それらはカリブおよびラテンアメリカの地域の経済的、社会的、科学技術の歴史のをも訴えているかのようです。キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観は、世界各地で繁栄し消えた原生林からのコーヒー農業の開発の形態の証として19世紀から20世紀初頭の東キューバのコーヒー農業の独特の景観を残しています。また、コーヒー農園の形態の開発過程の重要な段階を説明する独特な文化的な景観は、19世紀の間の東のキューバのコーヒーおよび20世紀初頭のキューバ経済を支えたのでした。

アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園/キューバの世界遺産

キューバの世界遺産の中からアレハンドロ・デ・フンボルト国立公園についての紹介ですキューバ旅行のときにはアレハンドロ・デ・フンボルト国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園
Alejandro de Humboldt National Park
所在国:キューバ
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:自然遺産

アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園 (Alejandro de Humboldt National Park)は、キューバ東部、首都ハバナの東南東およそ780kmに位置し、キューバ東部のバラコア山地中にある(面積597.7平方km)アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園(Alejandro de Humboldt National Park)には、典型的な熱帯林が広がり、 およそ100種の植物が見られる。 また、ここには12の固有種を含む64種の鳥類が見られるほか、 キューバソレノドンといった哺乳類も含む稀少な生物たちの最後の砦となっている。ここでよく知られるのがキューバ固有のカタツムリの一種ポリミタスで、 世界で最も美しいカタツムリと言われるものである。 固体によって貝の色や模様はさまざまで、 赤、黄、茶色などとても派手だが、 体は対照的に黒色をしている世界遺産登録は2001年、自然遺産

サンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城 キューバ/キューバの世界遺産

キューバの世界遺産の中からサンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城 キューバについての紹介ですキューバ旅行のときにはサンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城 キューバへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

キューバ サンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城
San Pedro de la Roca Castle, Santiago de Cuba
所在国:キューバ
世界遺産登録:1997年
世界遺産の種類:文化遺産

サンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城は、1588年、スペインがイギリスの無敵艦隊に敗れたことに危機感を抱いて、そのころスペインの植民地であったキューバ東部を守るべくこの地に築いた要塞です。スペイン軍の軍事的建造物の傑作と言われる要塞です。この要塞はキューバ東部のサンティアゴ・デ・クーバ湾を望む断崖上に築かれています。サンティアゴ・デ・クーバはキューバの南東部にある都市で、サンティアーゴ・デ・クーバ州の州都です。また16〜17世紀には海賊による密貿易の拠点でもありました。18世紀になるとハイチ独立で逃れてきたフランス人も住み着き、建物もフランス様式のものも増え、スペイン風、フランス風とさまざまな様式が混在するようになりました。ただ、サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城は1590年から建設が始まりましたが、設計にはイタリアの軍事建築家が参加しました。ルネサンス様式を基本設計とし、武器庫や監視塔、砲台を備えた巨大な要塞になりました。そういう意味ではルネッサンス様式の要塞といえるでしょう。サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城は1997年に世界遺産に登録されました。

ナハニ国立公園/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からナハニ国立公園についての紹介ですカナダ旅行のときにはナハニ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ナハニ国立公園
Nahanni National Park
所在国:カナダ
世界遺産登録年:1978年
世界遺産の種類:自然遺産

ナハニ国立公園はカナダ北西部のノースウエスト準州にある国立公園で、1976年に世界で初めてユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された森と氷河とツンドラの地域です。ナハニ国立公園の面積は4766平方キロメートルで、ロッキー山脈から連なるアラスカに至るまでの地域で、その内部をサウスナハニ川が横断しており、その自然環境の厳しさから車でのアクセスは不可能。セスナ機やヘリコプターもしくは船(カヌーなどの小舟)で川を遡るしかなく、容易に人を寄せ付けないために現在でも手つかずの自然が残されており野生動物の楽園と言われています。ナハニ国立公園で有名なところといえばナイヤガラの滝、イグアスの滝以上の落差100mを誇る壮大な景観のバージニア滝、1年を通してオーロラが見られるイエローナイフ、世界8大キャニオンのひとつラム・キャニオンの深い渓谷、氷河から流れ出すエメラルド色の水をたたえたグレイシャー湖などがあり、また30万年もの間、氷河の影響を受けることのなかった東部の原野は太古の景観をそのままに残しています。カルスト地形も見られ、地中には無数の洞窟が広がっており鍾乳洞も多数あります。また温泉が多数湧き出ており、北緯60度を超える地域にもかかわらず穏やかな気候で珍しいランの種類の群生やオオカミ、グリズリー、カリブー、ムース、ドールシープなど多くの動植物の生息地となっています。

ケベック旧市街の歴史地区/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からケベック旧市街の歴史地区についての紹介ですカナダ旅行のときにはケベック旧市街の歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ケベック旧市街の歴史地区
Historic District of Old Quebec
所在国:カナダ
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

ケベック旧市街の歴史地区は、カナダのケベック州の州都ケベック・シティにある旧市街(Old Quebec)のエリアです。北米では珍しい城壁都市で知れられおり、長い歴史のある文化遺産となっています。ケベック旧市街の歴史地区は、城壁に囲まれた丘の上にあるアッパータウン(Upper Town)と、丘と川岸に間にあるロウワータウン(Lower Town)とに分かれています。アッパータウンには、ダルム広場(Pace d'Armes)、トレゾール小路(Rue du Tresor)、ノートルダム聖堂(Notre-Dame de Quebec)があります。また、ケベック・シティのランドマークにもなっている伝統ある高級ホテル、シャトー・フロンテナックも有名です。ロウワータウンには、北米最古といわれる繁華街のプチ・シャンプラン(Quartier du Petit Champlain)、ロワイヤル広場(Place Royale)、勝利のノートルダム教会(Eglise Notre-Dame-des-Victoires)があります。

グロス・モーン国立公園/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からグロス・モーン国立公園についての紹介ですカナダ旅行のときにはグロス・モーン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

グロス・モーン国立公園
Gros Morne National Park
所在国:カナダ
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:自然遺産

グロス・モーン国立公園は、カナダの大西洋側に位置するニューファンドランド島にある自然遺産の国立公園です。国立公園の名前グロス・モーンは、ニューファンドランド島で二番目に高い山のグロス・モーン山からめ異名されました。この地の岩石は、プレートテクトニクスにより海洋地殻が沈み、地表に海洋地殻やマントル起源の岩石が見えることで有名です。また、オルドヴィス紀に海底の堆積物から形成された岩石や、先カンブリア時代の花崗岩、古生代の火成岩など、貴重な岩石を見ることができます。さらに、2万5千年前から1万年前にかけて氷河の侵食で形成されたフィヨルド、長さ30kmにわたる狭い湖のウェスタン・ブルック・ポンド(Western Brook Pond)、北アメリカ大陸東部で最も高い滝のピッシング・メア・フォールズ(Pissing Mare Falls)、トラウトリバー(Trout River)とウッディーポイント(Woody Point)の間に広がるカンラン岩の台地テーブルランズ、などがグロス・モーン国立公園に登録されています。

ランス・オ・メドー国定史跡/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からランス・オ・メドー国定史跡についての紹介ですカナダ旅行のときにはランス・オ・メドー国定史跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ランス・オ・メドー国定史跡
L’Anse aux Meadows National Historic Site
所在国:カナダ
世界遺産登録:1978年
世界遺産の種類:文化遺産

ランス・オ・メドー国定史跡(ランゾー・メドーズ国立史跡)は、カナダ東部ニューファンドランド島の最北端にある遺跡です。10世紀から11世紀の大航海時代に作られたノース人(ヴァイキング)が居住していた集積遺跡です。ヴァイキング時代の生活や文明を現すものが多く発見されており、治金の跡を含む8つの住居跡や道具類が多数発見されています。居住後も残っており、その作り方は、泥炭で壁を塗って屋根は草で覆われたものです。ヴァイキング形式の居住区空間を模しており、部屋の間仕切りの仕方や炉の置き方から北米大陸唯一のヴァイキングが住んでいたものと証明されている。出土品の中から、骨や石器、鉄器や青銅器などが多く発見されています。治金の技術力は高度のものが残っており、鍛冶と溶鉱炉、船作りに使われた製材所も発見されています。ランス・オ・メドーに住んでいた人々は、古代の西ヨーロッパ人であることがわかってきているが、北米の先住民族アルゴンキン族のサグネ王国の伝説とも推測されています。未だ解明中とのことです。

ルーネンバーグ旧市街/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からルーネンバーグ旧市街についての紹介ですカナダ旅行のときにはルーネンバーグ旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ルーネンバーグ旧市街
Old Town Lundenburg
所在国:カナダ
世界遺産登録:1995年
世界遺産の種類:文化遺産

ルーネンバーグ旧市街は、カナダ東部にあるノバスコシア州にある港町です。旧イギリス領植民地であり古都ルーネンバーグともいわれます。フランス人が開拓した街ですが、1753年にドイツやスイスなどからの移民のために建設された都市です。イギリスで一般的な昔ながらの長方形の碁盤の目状の石畳でできた景観です。東西南北に伸びる通りは統一されており「モダンタウン」のように計画された都市として建設されました。町並みは、赤、白、黄色、青など派手な色彩でのペイント、独特な出窓や屋根飾りでできたルーネンバーグ・バンプが特徴的です。18〜19世紀の木造建築を大切に守りながら、街並みを保護するよう生活されています。ルーネンバーグ旧市街の都市建築初年1753年に建築された聖ジョン・アングリカ教会はネオ・ゴシック形式でデザインされています。家並みはビクトリア様式がもされており映画などのロケ地でもよく使われています。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からカナディアン・ロッキー山脈自然公園群についての紹介ですカナダ旅行のときにはカナディアン・ロッキー山脈自然公園群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群  
Canadian Rocky Mountain Parks
所在国: カナダ
世界遺産登録:1984、1990(範囲拡大) 年
世界遺産の種類:自然遺産

カナディアン・ロッキー山脈自然公園群 Canadian Rocky Mountain Parksコロラド州デンバーの北西に広がる山岳国立公園。ロッキー山脈の支脈であるフロント山脈の大部分がふくまれる。3000m級の山が多く、公園内の最高峰は、ロングズ山(4345m)である。4つの国立公園、3つの州立公園からなる世界遺産に登録されたカナディアン・ロッキー山脈自然公園群のこの山脈は100万年前の氷河期によって、現在の雄大な景観が生み出された。一帯では無数の氷河湖や氷原、渓谷、滝などが壮大な景観を造り出すとともに、地球史の一つでもある氷河期時代を知る重要な手掛かりにもなっている。また、1990年に包括登録されたバージェス頁岩からは、カンブリア紀中期の化石が数百種類発見され、当時の生態系を知る上で、貴重な資料となっている。

ミグアシャ国立公園 カナダ/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からミグアシャ国立公園 カナダについての紹介ですカナダ旅行のときにはミグアシャ国立公園 カナダへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ミグアシャ国立公園
Miguasha National Park
所在国:カナダ
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:自然遺産

脊椎動物の化石が出土する地層を保護するため、開設されたカナダ東部の国立公園です。
ミグアシャの化石の地層は1842年に発見された。
1880年代になってから、科学者や歴史学者たちにより採取されだし、たくさんの化石の標本は世界中の博物館そして大学に送られ、確認をされだしました。
一帯からは5000個に及ぶ化石が発見されています。
それは、3億7000万年前の地層が露出しており、デボン紀後期、魚類時代であった魚類の化石であったわけです。
骨のある4枚のヒレをもったユーステノプテロンの化石をはじめ、いずれも保存状態が良好で、魚類から、空気呼吸をして4本足を持った脊椎動物の進化過程を探るうえで
非常に貴重な史料になっています。
総ヒレ数のの最も多いことと、最も保存の良い化石の標本が多数出土したということで世界的に有名になっています。。

恐竜州立自然公園 カナダ/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中から恐竜州立自然公園 カナダについての紹介ですカナダ旅行のときには恐竜州立自然公園 カナダへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カナダ 恐竜州立自然公園
Dinosaur Provincial Park
所在国:カナダ
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:自然遺産

恐竜州立自然公園はカナダのアルバータ州にあります。名前を読めば由来が分かりますが、恐竜の化石が沢山出土するので有名です。現在まで発掘された数は300体あまりです。中には35体以上の恐竜の完全骨格もあり、この近辺が太古の昔は恐竜が沢山すんでいたことが伺えます。世界遺産に登録されたのが1979年で、あたりは荒涼とした山岳地帯です。別名Bad Landとも呼ばれるほどの地域です。しかし、現在では道路も整備されており、距離はかなりあるが快適な車の旅が楽しめます。近くにはキャンプ場もあり、世界有数の古生物専門の恐竜州立自然公園の博物館は入場無料で、恐竜の骨が発掘当時のまま展示されています。館内にはジオラマや手で触れる恐竜化石の標本などもあり、お子さんが見たらきっと喜ぶでしょう。さらに現在も発掘は継続されており、今後もさまざまな恐竜の発掘が期待されています。

スカン・グアイ カナダ/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からスカン・グアイ カナダについての紹介ですカナダ旅行のときにはスカン・グアイ カナダへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カナダ スカン・グアイ
SGaang Gwaii (Anthony Island)
所在国:カナダ
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:文化遺産

スカン・グアイとはその昔、ネイティブ・カナディアンのハイダ族が住んでいた島、アンソニー島のことです。スカン・グアイ(アンソニー島)はカナダ西岸の太平洋上のクイーン・シャーロット諸島の最南端にある無人島です。無人島なので手付かずの自然が残り、写真家の星野道夫氏が訪れたことで日本でも知られるようになりました。スカン・グアイが文化遺産として登録されたのは、7,000年以上も前から居住していたといわれている先住民族であるハイダ族の村落址が、歴史的にも文化的にも価値が高いと認められたからです。島にはハイダ族の廃屋や巨大なトーテムポールが残され、彼らの生活やアートなどを知ることができます。彼らは文字を持たなかったため現在では朽ち果てたトーテムポールと住居跡が残るのみです。このトーテムポールもあと 10年以内には完全に朽ち果てるといわれています。クィーンシャーロット諸島は複雑に入り組んだ地形で、ゾディアックと呼ばれるボートで進み、起伏に富んだ島々は美しい原生林に覆われ、アザラシやアシカが日向ぼっこで寝転び、空には海鳥が飛び交う世界が広がっています。またハイダ族の伝統料理も食べられる文化遺産です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。