ホヤ・デ・セレンの古代遺跡/エルサルバドル共和国の世界遺産

エルサルバドル共和国の世界遺産の中からホヤ・デ・セレンの古代遺跡についての紹介ですエルサルバドル共和国旅行のときにはホヤ・デ・セレンの古代遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ホヤ・デ・セレンの古代遺跡
Joya de Ceren Archaeological Site
所在国:エルサルバドル共和国
世界遺産登録:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

ホヤ・デ・セレンの考代遺跡は、6世紀末のカルデラ火山の大噴火により埋没してしまい、1976年に人類学者であるペイソン・シーツに発見されるまでの1400年もの間、火山灰の下に眠り続けていたホヤ・デ・セレンという古代マヤ文明時代の村の遺跡です。ホヤ・デ・セレンは、エルサルバドルの首都であるサン・サルバドルの北西40kmのマヤ南部に属する地域にありますが、その地域は翡翠(ひすい)やカカオがよく収穫され、作物がよく育つよく肥えた土地で『蜜滴る地』と呼ばれていました。ホヤ・デ・セレンの古代遺跡には、当時の古代マヤ文明の農村集落の生活の様子が推測させるものが多数あります。畑や作物、農耕器具など当時の様子、住居、集会所、寺院、共同浴場やサウナ、それに、台所用品や織物、食料、陶器、家具、装身具まであり、数少ない農村集落の遺跡の中でも貴重な考古学遺跡です。ホヤ・デ・セレンの発掘作業は、ヴェスヴィオ火山の噴火で埋没したふたつのローマ帝国の都市、ボンベイとヘルクラネウムの発掘作業と多くの共通点があります。

イエローストーン国立公園/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中からイエローストーン国立公園についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときにはイエローストーン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

イエローストーン国立公園
Yellowstone National Park
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録年:1978年
世界遺産の種類:自然遺産

イエローストーン国立公園 は、アイダホ州、モンタナ州、及びワイオミング州にまたがるアメリカ合衆国最大の公園であり、また、世界最古の国立公園であり、マグマの熱によって形成された熱水現象を地球上で最も多く見ることができる場所として知られています。間欠泉が噴出し、温水が湧く場所は1万ヵ所に及び、その数は全世界で見られる熱水現象の約半分に相当しています。なかでも間欠泉の数は、200〜250に及び、地球上の間欠泉の4分の1にあたると言われています。特に間欠泉のスケールは最大60mにもなり、世界のどの火山地域をもしのいでいます。また、地球に残された数少ない手付かずの巨大温帯地帯生態系の一つであり、一帯は動植物の宝庫であり、グリズリーや狼、及びバイソン(バッファロー)などの絶滅が危惧されている動物たちやワピチの群れが生息しています。 ただ、バイソンは、隣接する保留地を持つショーショーニ族、バンノック族によって、イエローストーン内でのバッファロー狩りが年に何回か行われています。イエローストーン地域で産出される黒曜石は、一帯で狩猟していたインディアン達によって矢尻やナイフに利用されていました。それらの矢尻は遠くミシシッピ川周辺でも発見されており、イエローストーン周辺で生活していた部族と、はるか東方の部族との交易があったことを証明しています。この公園はできるだけ人の手を加えずに生態系を保護している点でも重要です。大規模な山火事が起こっても積極的な消火活動や、鎮火後の人為的な植林は行われません。すべてが自然のままに任されています。    ※イエローストーンは、インディアン達に “Mitzi-a-dazi”(「黄色い石のある川」の意)として知られていた。(黄色い色は一般に信じられている様に硫黄分の色ではなく、熱水作用によって変色した鉄分の色である。

オリンピック国立公園/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中からオリンピック国立公園についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときにはオリンピック国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オリンピック国立公園
Olympic National Park
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:自然遺産

オリンピック国立公園は、米国ワシントン州、オリンピック半島 (Olympic Peninsula) にある国立公園で、太平洋の海岸線、オリンピック山脈、温帯雨林の3つのエリアに分けられています。太平洋岸の海岸線は、起伏に富んだ細長い領域で、砂浜だけでなく岩や藪が茂る自然そのものとなっています。途中には、ホー族やキルート族といった先住民の住む地域も見られます。オリンピック山脈は、ブルー氷河(Blue Glacier)や標高2,428mのオリンポス山が象徴する、山岳地帯の自然遺産となっています。またオリンピック山脈は、玄武岩質と堆積岩質が複雑に交じりあった地質体のメランジュ(メランジ・メランジェ・melange)となっています。温帯雨林は、うって変わって米国でも最も湿気の多い、ホー・レイン・フォレスト (Hoh Rain Forest) やキノート・レイン・フォレスト (Quinault Rain Forest)を含む地域があり、温帯雨林特有の樹木やコケなどが見られます。

カホキア墳丘群州立史跡/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中からカホキア墳丘群州立史跡についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときにはカホキア墳丘群州立史跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カホキア墳丘群州立史跡
Cahokia Mounds State Historic Site
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

カホキア墳丘群州立史跡は、米国イリノイ州、セントルイス郊外にあるミシシッピ文化期の遺跡です。カホキアは、当時(12〜13世紀)の政治・宗教の中心地であり、1万人とも5万人とも言われる人口を擁していたと考えられています。その名残が、モンクス=マウンド(Monk's Mound)で、大きいものは長さ316m・幅241m・高さ30.5mにもなります。このマウンドは2段の階段状のピラミッドを思わせる形をしていますが、大小あわせると、マウンド数は120基ほどにもなり、遺跡の中心部を囲むようにしてカホキア墳丘群が築かれています。マウンドは神殿と考えられていますが、発掘調査によって、墓として死者を埋葬した副葬品も数々発見されています。カホキア墳丘群州立史跡は、アメリカ大陸が西洋人に発見される前、A.D.700年〜1600年頃のアメリカ先住民の文化を示す貴重な大遺跡で、1982年に消滅した文化的伝統、人類の歴史上重要な時代を例証する、建築様式、建築物群、などの基準で世界遺産に登録されました。

メサ・ヴェルデ国立公園/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中からメサ・ヴェルデ国立公園についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときにはメサ・ヴェルデ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

メサ・ヴェルデ国立公園
Mesa Verde National Park
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録:1978年
世界遺産の種類:文化遺産

メサ・ヴェルデ国立公園は、コロラド州の南西端にあるアメリカ先住民(プエブロインディアンのアナサジ族)の集落遺跡です。「メサ・ヴェルデ」は、スペイン語で「緑豊かな大地」という意味です。アメリカの国立公園の中で唯一のインディアンの先史遺跡としての歴史公園で1906年にアメリカの国立公園に指定されました。東西7キロ、南北4キロに遺跡群があり21000ヘクタールの広さがあります。約2000年前からバスケットメーカー文化を作った農耕民が岩陰に住み始めました。8世紀頃からは丸太で組んで泥を塗るかたちで住居を作るようになり、弓矢を用いて狩猟を行なうようになりました。農耕に適したメサ台地上に弓状に家の連なる村を作り集団生活をし、トウモロコシなど作物を作っていました。12世紀以降は、外からの敵の攻撃に備えて崖の大きな岩陰を利用して石造の集落を作り岩窟住居と呼ばれています。集落遺跡の中でも特に大きな遺跡「クリフ・パレス」は、200室以上の部屋、壁は高さ4階建て分ほどと高度な建築技術があったことが推測されています。長い間放棄されていましが、1874年に発見され考古学的に発掘調査が続けられて現在は観光スポットして博物館・キャンプ場が整備されています。

グレート・スモーキー山脈国立公園/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中からグレート・スモーキー山脈国立公園についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときにはグレート・スモーキー山脈国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

グレート・スモーキー山脈国立公園
Great Smoky Mountains National Park
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録:1983年
世界遺産の種類:自然遺産

グレート・スモーキー山脈国立公園は、テネシー州とノースカロライナ州との州境で東西にそびえるアパラチア山脈にあります。その大きさは長大でグレート・スモーキー山脈を中心に長さ110キロ、幅30キロにもなります。国立公園内に1.8キロ級の山が多数あり温暖多湿の気候のために霧が立ち昇り、その様からグレート・スモーキーの名がつきました。標高差が大きい山がおおく、多種多様な樹木と1300を超える顕花植物が分布しています。ミンク、ビーバーなど毛皮として利用されている動物も多数生息しています。アメリカ人にとって霧は珍しいものなため観光スポットとして人気があります。山頂のパノラマ景観を楽しむハイキングに人気があります。ローレル滝山道とクリングマンズ・ドーム山道は、なだらかでハイキングには最適コースです。ルコント山 (Mount Le Conte) は、最も高低差の大きいハイキングコースがあり、壮観な眺めが楽しめます。トレッキングの他に、釣りや乗馬のできる公園もありますが、釣りについては規制が厳しいため事前の情報収集が必要です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。