古都グアナフアトとその銀鉱群/メキシコの世界遺産

メキシコの世界遺産の中から古都グアナフアトとその銀鉱群についての紹介ですメキシコ旅行のときには古都グアナフアトとその銀鉱群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古都グアナフアトとその銀鉱群 
Historic Town of Guanajuato and Adjacent Mines
所在国: メキシコ
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

古都グアナフアトとその銀鉱群は、メキシコシティーから北西に370kmのところに位置し、標高は海抜1996mである。銀鉱山の開発に伴い18世紀に発展しました。18世紀当時は、実に世界の銀採掘送料の15%以上を占め名実共に「世界一裕福な町」であったといいます。その銀鉱山により、得た富をチュリゲーラ様式の緻密かつ、過剰なまでの装飾を施した教会を鉱山経営者たちは建立したのでした。1554年に町として開かれ、1741年に市制施行。メキシコでも豊かな銀山に恵まれ、スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築で有名である。歴史的な市街地と近辺の銀山はユネスコ世界遺産に登録されている。グアナフアトという地名は先住民族のタラスカ族の言葉、「カエルのいるところ」(Quanax-juato)が語源である。※グアナフアト市(スペイン語Guanajuato)は、メキシコ・グアナフアト州の州都である。

メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ メキシコ/メキシコの世界遺産

メキシコの世界遺産の中からメキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ メキシコについての紹介ですメキシコ旅行のときにはメキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ メキシコへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

メキシコ メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ
Xochimilco
所在国:メキシコ
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

メキシコはその昔、アステカ帝国が栄えていました。アステカ帝国の首都はメキシコシティにありました。当時は大きな湖の中にありましたが、16世紀にスペイン人によって征服され、湖は埋め立てられ、アステカ帝国は滅びました。現在のメキシコシティは埋め立てられた湖の上に建設され、大地震の時には埋立地に立っていたビルはみな倒壊してしまいました。先年、メキシコシティで地下工事を行っていたところ、アステカ時代の遺構が発見され、それは昔の水路であったことが判明されました。メキシコシティのこうした水路の名残は今では郊外のソチミルコで見ることができます。ここは湖の埋め立てがあったにもかかわらず、全面的な埋め立てまでいたらず、水路が残ったものと見られ、現在でも当時の面影がしのばれます。ソチミルコでの楽しみは水路に浮かぶ船で水路を航行するもので、行きかう船とその旅客との交流、またメキシコシティから電車などで移動する場合は、車内でのメキシコ人との交流が忘れられないくらい楽しかったという人もいます。

リオ・プラタノ生物圏保護区/ホンジュラスの世界遺産

ホンジュラスの世界遺産の中からリオ・プラタノ生物圏保護区についての紹介ですホンジュラス旅行のときにはリオ・プラタノ生物圏保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

リオ・プラタノ生物圏保護
Rio Platano Biosphere Reserve
所在国:ホンジュラス
世界遺産登録年:1982年
世界遺産の種類:自然遺産

リオ・プラタノ生物圏保護区はユカタン半島北部、カリブ海に注ぎ込むプラタノ川流域のホンジュラスのモスキティア地区に広がる約3500平方キロメートルにわたる熱帯雨林地帯を中心とする地域のことで、1982年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されたところです。このリオ・プラタノ生物保護区は1300mを越す山々が大半を占めていますが、一方でプラタノ川河口付近のマングローブ森が広がる低湿地帯や、熱帯雨林・亜熱帯雨林、草原地帯など非常にバラエティ豊かな自然環境を有しており太古の自然の姿を今に残しています。リオ・プラタノ生物圏保護区はその豊かな自然環境のおかげでアリゲーター(ワニ)、コンゴウインコ、ナマケモノ、オオアリクイ、ジャガーや絶滅が危惧されているアメリカ・マナティー(ジュゴン目のマナティー科に属する大型海棲哺乳動物)など多数の貴重な動物が生息しています。しかし近年ではリオ・プラタノ生物圏保護区への入植による森林伐採や動物の密猟のために動植物の生存が危ぶまれ、1996年には危機にさらされている世界遺産(World Heritage in Dange:危機遺産)に登録されました。しかし政府の努力が実って2007年には危機遺産解除となりました。中南米の小アマゾンとも呼ばれているのがこのリオ・プラタノ生物圏保護区です。

コパンのマヤ遺跡/ホンジュラスの世界遺産

ホンジュラスの世界遺産の中からコパンのマヤ遺跡についての紹介ですホンジュラス旅行のときにはコパンのマヤ遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コパンのマヤ遺跡
Maya Site of Copan
所在国:ホンジュラス
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

コパンのマヤ遺跡は、ホンジュラスとグアテマラの国境に近い、コパン渓谷にあります。コパン川沿岸の肥沃な土地を基盤として、紀元前1200年までには、町が建造され、4〜9世紀には、コパン川という交易ルートを利用した交易都市として栄えました。カカオやヒスイ、黒曜石の貿易があったとされています。遺されている遺跡は、古代マヤ文明の謎を解明するための大きな手がかりとなりました。建造物としては、63段の階段に2000以上のマヤ文字が刻まれている「神聖文字の階段」や、今での歴代王がレリーフされている、16 代目の王、ヤシュ・パサフ・チャン・ヨアートの時代に建造された祭壇Qが有名です。またラス・セプルトゥーラスやエル・ボスケは貴族の居住地域とされており、隆盛を誇った当時の様を伝えてくれます。コパン遺跡を観光するには、最寄のコパン・ルイナスから行く方法と、グアテマラから国境を越えて行く方法があります。

ベリーズのバリア・リーフ保護区/ベリーズの世界遺産

ベリーズの世界遺産の中からベリーズのバリア・リーフ保護区についての紹介ですベリーズ旅行のときにはベリーズのバリア・リーフ保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ベリーズのバリア・リーフ保護区
Belize Barrier Reef Reserve System
所在国:ベリーズ
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:自然遺産

ベリーズのバリア・リーフ保護区は、オーストラリアのグレートバリアリーフに次ぐ世界第二の大きさを誇るサンゴ礁です。カリブ海に面するユカタン半島南部の東海岸に沿って約200kmものびたサンゴ礁は、陸地と外洋を隔てる防波堤のように広がっています。ベリーズのバリア・リーフ保護区の中には、『海の怪物の寝床』と呼ばれるひときわ美しく神秘的なブルー・ホールがあります。浅いサンゴ礁の中で、直径約300mの部分だけ深さが同じく約300mもあることが、そのブルーホールの正体ですが、大昔の鍾乳洞が海底に沈んでしまったあとに、水圧で天井が崩れ落ちたものと考えられています。ベリーズのバリア・リーフ保護区内には、絶滅の危機にあるアメリカマナティやウミガメなど、さまざまな動物も棲息しています。そのさまざまな海の生き物の生態系を支えているのが、保護区内に無数に存在するサンゴのかけらが堆積した小島です。それらの小島には、マングローブが生い茂り、その落ち葉などから沁み出す有機物が海に栄養を与えています。それらは、キー(caye)と呼ばれ、175以上あると言われています。

パナマ・ビエホ古代遺跡とパナマの歴史地区/パナマ共和国の世界遺産

パナマ共和国の世界遺産の中からパナマ・ビエホ古代遺跡とパナマの歴史地区についての紹介ですパナマ共和国旅行のときにはパナマ・ビエホ古代遺跡とパナマの歴史地区 パナマ共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

パナマ・ビエホ古代遺跡とパナマの歴史地区
Archaeological Site of Panama Viejo and Historic District of Panama
所在国:パナマ共和国
世界遺産登録:1997年、2003年
世界遺産の種類:文化遺産

パナマといえばパナマ運河ですが、パナマ共和国は16世紀からヨーロッパ人により南米の征服の拠点として栄えました。1530年代のインカ征服はパナマを拠点として行われ、ペルーや近隣の植民地からスペインへの銀などの物資の輸送は、海路で太平洋側のパナマ・シティへ、陸路でカリブ海側のポルトベロへ、そして海路でスペインへというように行われました。「パナマ・ビエホ古代遺跡とパナマの歴史地区」のパナマ・ビエホは1519年、征服者ペドラリアス・ダヴィラによって建設されました。当地はアメリカ大陸の太平洋沿岸における最も古いヨーロッパ人の居留地です。街は碁盤の目のように整然としており、計画的な街作りの概念がヨーロッパからもたらされたことを示しています。17世紀の中頃にその機能を取って代わった「新しい町」(現在の「歴史地区」)もまた当初の街路計画と、そのアーキテクチャ、そしてスペイン風、フランス風、アーリーアメリカン風の3つの異なった様式の混在した状態を保存してきました。これが今でも残る歴史地区です。一方、古代遺跡はというと、カリブ海側と太平洋側とを結ぶ古代の道がそれです。この道は「王の道」と呼ばれ、輸送路が整備され、ペルーやボリビアからの荷を運んでいました。ポルトベロや現在のパナマ運河の航路になっているチャグレス川の河口には当時の要塞が残っており、パナマの歴史地区とは別に世界遺産に登録されています。

ダリエン国立公園/パナマ共和国の世界遺産

パナマ共和国の世界遺産の中からダリエン国立公園についての紹介ですパナマ共和国旅行のときにはダリエン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ダリエン国立公園
Darien National Park
所在国:パナマ共和国
世界遺産登録年:1981年
世界遺産の種類:自然遺産

ダリエン国立公園はパナマの東部に位置し、コロンビアとの国境に接する面積5970平方キロメートルのパナマ最大の国立公園です。その独自で貴重な動植物の生態系を守るために、南北アメリカ大陸を縦断するパン・アメリカン・ハイウェイもこのダリエン国立公園で分断されており、1981年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。太平洋岸の海岸地帯にはマングローブ林、ヤシ林の湿地帯、60mを越える巨木に覆われた熱帯雨林、山岳地帯には雲霧林帯とバラエティに富んだ環境が存在しています。そのため動植物では1000種以上のランやシダ植物、約450種以上の鳥類(ハーピーイーグル、コンゴウインコが特に有名)、世界でもここでしか見られない12種類のほ乳類をはじめとしてジャガー、ピューマ、オセロット、ケイマン、アメリカンクロコダイル、カピバラ、アカクザルなどが生息しており絶滅種の最後の秘境ととも呼ばれています。

パナマのカリブ海沿岸の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソ/パナマ共和国の世界遺産

パナマ共和国の世界遺産の中からパナマのカリブ海沿岸の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソについての紹介ですパナマ共和国旅行のときにはパナマのカリブ海沿岸の要塞群:ポルトベロとサン・ロレンソへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

パナマのカリブ海沿岸の要塞群:ボルトベロとサン・ロレンソ
Fortifications of the Caribbean Side Panama:Portobelo-San Lorenzo
所在国:パナマ共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

パナマのカリブ海沿岸の要塞群は、首都パナマの北、カリブ海側に位置する港町であるポルトベロとそこから南西60km地点に位置するサン・ロレンソからなります。ポルトベロは『美しい港』を意味し、コロンブスが4回目の航海途中の1502年に寄った際に、命名しました。町がつくられたのは、それから95年たってからではありますが、その後は、ペルーなど南米各地からの金銀の集散地として、大西洋岸の交易の中心地として繁栄しました。ポルトベロは、海賊の攻撃に備えるために建造された要塞で、湾の入り口には、5つもの堅固な要塞が建ち並んでいます。サン・ロレンソは、1668年にヘンリー・モーガン傘下の海賊に来襲され、略奪された後は、廃れてしまいましたが、17世紀の当時を今だ、とどめており、砲台、跳ね橋、砦などもそのまま残っています。

コイバ国立公園とその海洋保護特別地帯 パナマ共和国/パナマ共和国の世界遺産

パナマ共和国の世界遺産の中からコイバ国立公園とその海洋保護特別地帯 パナマ共和国についての紹介ですパナマ共和国旅行のときにはコイバ国立公園とその海洋保護特別地帯 パナマ共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

パナマ共和国 コイバ国立公園とその海洋保護特別地帯
Coiba National Park and its Special Zone of Marine Protection
所在国:パナマ共和国
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:自然遺産

パナマ共和国はご存知の通り、南北アメリカをつなぐ細い紐のような陸地に立国しています。もっと有名なのはパナマ運河でしょう。パナマの自然遺産である「コイバ国立公園とその海洋保護特別地帯」は2005年7月14日に認定され登録された比較的新しい自然遺産です。そのため「コイバ国立公園とその海洋保護特別地帯」の情報もまだ少ないです。自然遺産に登録された理由ですが、魚類760種、鮫33種、クジラ類20種の住むところとして評価されました。大変多くの海洋生物の宝庫として認定されたわけです。コイバ国立公園は北太平洋上に浮かぶ島々ですが、正式にはコイバ諸島国立公園と呼ばれています。コイバ諸島国立公園はベラグアス県の太平洋側に位置し、地上面積53,528ヘクタール、海域は216,543ヘクタールという広大な海洋保護地域となっています。パナマ国内には、ユネスコの世界遺産リストに登録された文化遺産が2件、自然遺産が2件あります。さらにコスタリカとにまたがって1件の自然遺産が登録されています。

国立歴史公園-シタデル、サン・スーシ、ラミエール/ハイチ共和国の世界遺産

ハイチ共和国の世界遺産の中から国立歴史公園-シタデル、サン・スーシ、ラミエールについての紹介ですハイチ共和国旅行のときには国立歴史公園-シタデル、サン・スーシ、ラミエールへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

国立歴史公園-シタデル、サン・スーシ、ラミエール
National History Park -- Citadel, Sans-Souci, Ramiers
所在国:ハイチ共和国
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:文化遺産

ラミエール歴史公園は、ハイチ共和国のカベヘイシャン南の高地にあります。コロンブスが発見した新大陸は、このイスパニョーラ島でした。スペイン次いでフランスに植民地化されましたが、1804年に独立した北東部の王アンリ・クリストフが900mの高地に建てた城砦が「シデタル」(シタデル・ラフェリエール)です。そして、ベルサイユ宮殿を模して作られた城館が「サン・スーシー」です。その一帯をラミエール国立公園として保護されています。独立戦争のときに作られた砦がハイチ国内あちこちにありますが、権力の誇示のために作られたようで実際に攻められたことはなく、非常に良い状態で保存されています。ハイチの公用語は、フランス領であった名残がありフランス語です。しかし、現地人はほとんど黒人でクレオール語が一般的です。これは、植民地時代に先住民がほとんど奴隷化され労働により酷使のため絶滅してしまい、アフリカから奴隷として連れてきた人々が独立し生活しているためです。

レオン・ビエホ遺跡群/ニカラグアの世界遺産

ニカラグアの世界遺産の中からレオン・ビエホ遺跡群についての紹介ですニカラグア旅行のときにはレオン・ビエホ遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

レオン・ビエホ遺跡群
Ruins of Leon Viejo
所在国:ニカラグア
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

レオン・ビエホ遺跡群(レオン・ビィエホの遺跡)は、ニカラグアの北西部レオン市の南方30キロにあります。レオン・ビエホ(旧レオン市)は、アメリカ大陸で最も古いスペイン植民都市の一つで、1524年にスペイン南部のグラナダと同時期に建設されました。1605年にアナグア湖にあるモモトンボ火山の噴火や地震が起こり、レオン・ヴィエホ旧市街は噴煙により埋まってしまいました。1968年に発掘調査が開始されるまで手付かずであったため、16世紀当時の社会構造を知るための考古学的遺産として注目されています。現在までの発掘された遺跡は、大聖堂や総督部、修道院の基礎部分などです。レオン・ヴィエホの町を作ったフランシスコ・ヘルナンデス・デ・コルドバの遺骸がレオン・ヴィエホの教会があった祭壇で発見されています。構造的には、初期のスペイン・コロニアル様式を模したものでありスペイン植民地時代の様子が研究対象となる遺跡です。

トロイの古代遺跡 文化遺産/トロコ共和国の世界遺産

トロコ共和国の世界遺産の中からトロイの古代遺跡 文化遺産についての紹介ですトロコ共和国旅行のときにはトロイの古代遺跡 文化遺産へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

トロイの古代遺跡
Archacological Site of Troy
所在国 : トロコ共和国
世界遺産登録:1998年 
世界遺産の種類:文化遺産

トロイの木馬としてあまりにも有名であるトロイの古代遺跡はアジアとヨーロッパの大陸に跨るトルコの北部のエーゲ海地方、マルマラ海沿岸地域のビガ半島のトロイにあります。この地域は紀元前3000年からローマ時代までの9つの異なる時代の集落や、塔、城壁、門、神殿、祭殿、寺院などがドイツの考古学者シュリーマンらによって発掘されミケーネ文明、と同時期にトロイ文明があったとされ、伝説のトロイ戦争の実在を確証させました。
現在ではトロイの木馬は復元されて遺跡の入り口に建てられており、毎年8月中旬に国際トロイ・フェスティバルが開催されるチャナッカレからバスで30分と近いこともありイスタンブールからの日帰りの観光を楽しむ人たちも多い文化遺産です。

モーン・トロワ・ピトンズ国立公園/ドミニカ国の世界遺産

ドミニカ国の世界遺産の中からモーン・トロワ・ピトンズ国立公園についての紹介ですドミニカ国旅行のときにはモーン・トロワ・ピトンズ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

モーン・トロワ・ピトンズ国立公園 自然遺産 / 1997 / (viii)(x)
Morne Trois Pitons National Park
所在国:ドミニカ国
世界遺産登録:1997年
世界遺産の種類:自然遺産

モーン・トロワ・ピトンズ国立公園(モゥーン・トワ・ピトン山国立公園)は、ドミニカの南中部、首都ロゾーから13キロの高原にあります。小アンティル諸島のウィンドワード諸島の北端にある中新世の時代の火山活動でできた火山島である三つの高峰をもつトワ・ピトン山(海抜1342m)を中心にした国立公園です。モゥーンは山を意味し、トワは3つを意味します。その面積は広大で、68キロ平方メートルもあります。蒸気と硫黄ガスに包まれた不毛の地と緑鮮やかな熱帯雨林が対照的に広がっています。断崖絶壁が数多くあり、切り立った崖と深い渓谷には、50以上もの噴気孔、温泉、湖、五つの火山、滝などが存在しています。特に湖は透明度が高く透き通って観察できるところもあります。生物学的にも特異な生物が数多く生息しており、ここでしか生息していない動植物などが豊富です。世界最大のヘラクレスオオカブトムシを含むカブトムシ類などの昆虫類や、ハチドリなど鳥類など、数多く生息しています。

サント・ドミンゴ植民都市/ドミニカ共和国の世界遺産

ドミニカ共和国の世界遺産の中からサント・ドミンゴ植民都市についての紹介ですドミニカ共和国旅行のときにはサント・ドミンゴ植民都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サント・ドミンゴ植民都市
Colonial City of Santo Domingo
所在国:ドミニカ共和国
世界遺産登録:1990年
世界遺産の種類:文化遺産

サントドミンゴの植民都市は、アメリカ大陸最初の植民都市として知られています。1496年クリストファー・コロンブスの弟である、バルトロメ・コロンブスによって、オサマ川沿岸の西側に建設されました。現在では、ドミニカ共和国の首都となっています。大航海時代、スペイン人は、このサントドミンゴを前線基地として、新大陸であるアメリカ大陸本土を征服していった、という意味で歴史上重要です。遺されている建造物は、どれも、かつてのスペイン時代の面影を残しています。中でも有名なのは、コロンブスの遺体が納められていることで知られるサンタ・マリア・ラ・メノル大聖堂(アメリカ首座大司教座聖堂)で、すべて珊瑚石で作られている様が見事です。また、新世界初の病院となった、サン・ニコラス・デ・バリ病院跡は、完成に40年もの歳月を費やした、当時としても規模の大きい病院でした。他にも、コロンブス宮殿、オサマ砦など重要文化財が多いです。

ブリムストーン・ヒル要塞国立公園/セントキッズ・ネイヴィーズの世界遺産

セントキッズ・ネイヴィーズの世界遺産の中からブリムストーン・ヒル要塞国立公園についての紹介ですセントキッズ・ネイヴィーズ旅行のときにはブリムストーン・ヒル要塞国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ブリムストーン・ヒル要塞国立公園
Brimstone Hill Fortress National park
所在国:セントキッズ・ネイヴィーズ
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

ブリムストーン・ヒル要塞国立公園は、17〜18世紀が最盛期だったヨーロッパ・カリブ海地域での植民地化時代に、奴隷の手によって建造されたブリムストーン・ヒル要塞を中心としたセントキッツ・ネイヴィースにある国立公園です。セントキッツ島南東部のブリムストーン・ヒル(標高267m)の頂上に位置しています。英国式要塞であるブリムストーン・ヒル要塞は、カリブ海にあった要塞の中でも最大級で、『カリブ海のジブラルタル』と呼ばれていました。1493年にコロンブスによって発見されたセントキッツ・ネイヴィース(当時は、ネトクリストファー・ネイヴィース)は、人口4万人強の小さな国でカリブ海の小アンティル諸島のなかのリーワード諸島に位置し、セントキッツ島、ネイヴィース島のほかに2つの火山島で構成されています。セントキッツ・ネイヴィースに作られたブリムストーン・ヒル要塞は、1850年代には放棄され廃墟となりましたが、今では、修復され、博物館やビジター・センターが設置され、観光施設としても活用されています。

ピトンズ・マネジメント・エリア/セント・ルシアの世界遺産

セント・ルシアの世界遺産の中からピトンズ・マネジメント・エリアについての紹介ですセント・ルシア旅行のときにはピトンズ・マネジメント・エリアへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ピトンズ・マネジメント・エリア
Pitons Management Area
所在国:セント・ルシア
世界遺産登録:2004年
世界遺産の種類:自然遺産

ピトンズ・マネジメント・エリアは、海岸から777mもの高さにそびえる大ピトン火山と743mの小ピトン山を含めた陸域保護地域467ヘクタール、陸域多目的地域1,567ヘクタール、海洋管理地域875ヘクタールからなる総面積2,909ヘクタールの自然保護区です。ピトン管理地域と訳されることもあり、ピトン・マネジメント・エリアの頭文字であるPMAと略されることもあります。ピトンズ・マネジメント・エリアは、硫黄の噴気孔や温泉がある地熱地帯ですが、海中にはサンゴ礁が広がり、168種の魚類をはじめとした多種多様の海の生き物が生息しています。海岸付近には、タイマイが、沖合いにはクジラ類も生息し、陸地には8種の珍しい樹種が生息しており、固有の鳥類や哺乳類も生息しています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。