中国で一番人気のスポットは?

世界遺産:黄龍の自然環境は守られるか
中国情報局ニュース - China

いま中国で最も人気の高い観光地となっている四川省の
九賽溝と黄龍を訪れた。1992年に世界自然遺産に登
録されてから世界の注目を浴びるようになったが、なに
せ四川省の省都である成都からバスで約10時間もかか
るとあって、当初は観光客もそれほど多くはなかった。


JTBワールドバケーションズ、チャーター便利用の
ルックJTB「ANA『FLY!パンダ』で行く中国」を発売

マイライフ手帳@ニュース (プレスリリース)
また、今、中国で最も人気のあるスポットの一つ世界自
然遺産「九寨溝」を訪問する商品では、晩秋から初冬に
移りゆく自然美を楽しむことが可能。ほかにも、昨今話
題となっている中国の鉄道で、山と峡谷が続く険しい地
域を走る成都〜昆明間の「成昆鉄道」利用商品など、多

古代都市テオティワカン/北アメリカの世界遺産

北アメリカの世界遺産の中から古代都市テオティワカンについての紹介です北アメリカ旅行のときには古代都市テオティワカンへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古代都市テオティワカン
Pre-Hispanic City of Teotihuacan
所在国:北アメリカ
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

テオティワカン (Teotihuacan)とは、メキシコシティ北東約50キロの地点にあり紀元前2世紀から6世紀まで存在した巨大な宗教都市遺跡です。
当時のアメリカ大陸では最大規模を誇っていました。
テオティワカンはマヤ文明とアステカ文明にまたがるメキシコ中央高原最大の古代都市遺跡です。
紀元前2世紀ごろ標高2000mを超す高地に誕生し、黒曜石やカカオの産地として栄えていました。
紀元7世紀半ばに歴史の表舞台から姿を消したが、最盛期の350年ごろから650年ごろにかけては30万人前後が住む大都市でした。
都市には月の神殿、太陽のピラミッドをはじめ、雨の神のトラロックとケツァルコアトルを祀ったケツァルコアトル神殿などがあります。
極めて計画的に設計された都市で太陽のピラミッド、月のピラミッドそして南北5キロにわたる道(「死者の大通り」)が基点となり各施設が配置されています。
太陽のピラミッドの地下には、人類の起源の地との伝説のあるチコモストックをおもわせる七つの洞穴が枝状につながる洞窟があったので都市を建設する際の立地条件になったのかもしれません。
紀元前50年にテスココ湖の南方に立地したクィクィルコがシトレ火山の噴火によって埋まると急速に発展しました。
都市の面積は約20平方キロメートルで、最盛期には、10万から20万人が生活を営み下水網も完備されていました。
しかしながら人口の集中に伴い下水道もその処理能力を超えるようになり、やがて旱魃等の災害により、治安が悪化して、やがて滅びを迎えました。
メソアメリカの中心的都市として機能していました。
戦争や圧政のない平和な都市と考えられていたが、近年の発掘調査の結果から、生け贄を捧げる風習が存在したことが判明しました。

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡/北アメリカの世界遺産

北アメリカの世界遺産の中からオアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡についての紹介です北アメリカ旅行のときにはオアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡
Historic Centre of Oaxaca and Archaeological Site of Monte Alban
所在国:北アメリカ
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

モンテ=アルバンは、メキシコ、オアハカ州のオアハカ盆地中央、オアハカ市街の西方10km、盆地の「底面」からの比高差400mにある山の頂上を平らにして築かれたサポテカ文化の中心をなす祭祀センターです。
紀元前500年頃から紀元800年頃まで繁栄していました。
後古典期には、ミシュテカ族に支配されていました。
メソアメリカ文明を考える上で非常に重要な考古遺跡であって、1987年に世界遺産にも登録されています。
遺跡全体のひろがりは42平方キロメートルに及ぶが、中央広場をかこむ東西200m、南北300mの範囲に主な神殿や、天体観測所(建造物J)、球戯場などがあります。
現在残っている建造物は、古典期に相当するモンテ=アルバンIII期のものがほとんどであるが、中央広場南西部隅にある「踊る人々の神殿」(Temple of the Danzantes)は、先古典期中期末から後期初頭の建造物で、神殿の周囲におかれた石彫には、あたかも踊っているように見える人物像などがあります。

龍門石窟・世界遺産から日中友好の歌声

世界遺産・龍門石窟で「響け!日中友好の歌声」

河南省洛陽市で開かれている「2007日中友好合唱文化フェスティバル」で、4日午前には世界遺産に登録されている同市の龍門石窟でコンサートが行われた。
1500年の歴史を持つ歴史の宝庫の前で、両国の合唱団計約1000名による日中友好の歌声が響きわたった。

この合唱文化祭は日中国交正常化35周年を記念する「2007日中文化スポーツ交流年」の一環として開催された。
河南省人民対外友好協会と、日本・日中メディア文化交流会などの共催による「2007中日友好合唱文化フェスティバル」が2日、河南省鄭州市で開催された。
同フェスティバルは、2007中日文化スポーツ交流年のイベントの1つ。写真は埼玉県戸田市の60歳以上のメンバーからなる宝珠コーラスのステージ
中国情報局より

東北・北海道で縄文遺跡を文化遺産に

縄文遺跡を文化遺産へ、
青森県議会文教公安常任委員会(田名部定男委員長)は4日、一戸町岩舘の国指定史跡・御所野遺跡を視察した。岩手、青森、北海道、秋田の4道県の縄文遺跡群で目指す国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録の推進に向けた取り組みの一環。 田名部委員長ら委員7人が現地を訪れ、復元された土屋根の竪穴住居や御所野縄文博物館などを視察。稲葉暉町長や高田和徳・御所野縄文博物館長らの説明を受けた。 田名部委員長は「三内丸山遺跡よりも規模が大きく驚いた。自然を残すことに気を配っている印象を受けた。4道県での世界文化遺産登録の早期実現に向け、努力していきたい」と意欲を語った。 稲葉町長は「健康的かつ持続可能な生活だった縄文時代は、現代に求められる精神文化にもつながる。4道県の縄文遺跡群のそれぞれの個性をアピールしていきたい」と期待を込めた。 4道県でつくる縄文遺跡群世界文化遺産登録推進会議は4月に青森市で初会合を開き、世界遺産暫定リスト登載に向け、12月に文化庁への提案書提出を目指すことを確認している。
デーリー東北,河北新報より

古代都市パレンケと国立公園/メキシコ合衆国の世界遺産

メキシコ合衆国の世界遺産の中から古代都市パレンケと国立公園についての紹介ですメキシコ合衆国旅行のときには古代都市パレンケと国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古代都市パレンケと国立公園
Pre-Hispanic City and National Park of Palenque
所在国:メキシコ合衆国
世界遺産登録年:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

パレンケはユカタン半島の付け根、メキシコ南東部のチアパス州に位置し、7世紀に統治者となったパカル王の頃に最盛期を迎え10世紀末に放棄されたマヤ文明の古代都市遺跡です。マヤ遺跡の典型ともいわれているものであり、1987年ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。ジャングルに囲まれたパレンケは1784年にスペイン人によって発見されるまで約800年に渡って眠り続けていたパレンケは、約8平方キロメートルの範囲に500余りの建造物があったと言われ、いまだに未発掘の部分が多いために謎の遺跡とも言われています。マヤ文明の古代都市であるパレンケには高さ15mの塔を持つ宮殿を中心としたピラミッド群や碑文の神殿、球戯場など数々の石造の建造物が残されています。1952年に碑文の神殿地下からパカル王の墓所が発見され、それまで中央アメリカのピラミッドはエジプトのピラミッドとは違って王の墓ではなく頂上の神殿を置くための土台であるという定説を覆し考古学界の大きな話題となりました。発見されたパカル王の顔には翡翠(ひすい)の仮面が付けられており、マヤ文明において最も高貴な色であったとされる緑の翡翠(ひすい)は非常に美しく今でもその輝きをとどめたままメキシコ人類学博物館に所蔵されています。

カンペチェ歴史的要塞都市/メキシコ合衆国の世界遺産

メキシコ合衆国の世界遺産の中からカンペチェ歴史的要塞都市についての紹介ですメキシコ合衆国旅行のときにはカンペチェ歴史的要塞都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カンペチェ歴史的要塞都市
Ancient Maya City of Calakmul, Campeche
所在国:メキシコ合衆国
世界遺産登録年:2002年
世界遺産の種類:文化遺産

カンペチェはメキシコ湾に面するユカタン半島の東にあるスペインの植民都市であり、2002年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。カンペチェとはマヤ語で「ヘビとダニの地」という意味です。1540年にスペイン軍のモンテホによって征服され、ユカタン半島で初のスペイン植民地となったカンペチェは、貿易港として栄えた都市です。新大陸の各地から集まった銀、毛皮、香木などの豊かな物資は海賊(イギリスやフランスなどのヨーロッパ諸国の後押しを受けた軍隊のようなもの)に目を付けられることになり、たびたび襲撃を受けることになります。そのためカンペチェは強固な要塞を築くようになり海側に2つの要塞を、さらに街全体をも城壁で囲んだ城塞都市、要塞都市に発展しました。今でもヨーロッパ風の石畳やカテドラル(大聖堂/ローマカトリックの主要な教会のこと)と共に要塞の城壁全体の2.5kmほどの一部である600mほどを残しており、当時の襲撃の激しさをしのばせるものがあります。

ソチカルコの古代遺跡地帯/メキシコ合衆国の世界遺産

メキシコ合衆国の世界遺産の中からソチカルコの古代遺跡地帯についての紹介ですメキシコ合衆国旅行のときにはソチカルコの古代遺跡地帯へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ソチカルコの古代遺跡地帯
Archaeological Monuments Zone of Xochicalco
所在国:メキシコ合衆国
世界遺産登録年:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

ソチカルコの古代遺跡地帯はメキシコ合衆国のモレーロス州の州都であるクエルナバカから南に約35kmほどの丘陵地帯にある城塞都市遺跡のことで、1999年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。ソチカルコとは「花々の館」を意味する言葉で、650年〜900年代にモンテ・アルバン、テオティワカン、パレンケ、ティカルなどの都市が衰退した後の民族移動や新興の都市国家間の抗争が続いた頃に発祥した都市であり、マヤ文明とも交流の深いトルテカ文明の政治、文化、商業、宗教などの中心地として栄えたところです。ケツァルコアトルという羽のあるヘビをモチーフとした彫刻は非常に有名で、神殿の四面にはマヤの神官のレリーフが彫られており保存状態が大変良く当時の様子が良くうかがえます。マヤ文明だけではなく時代をまたぎ地域を越え融合された独特の建築や美術が見られ、後のアステカ文明にも大きな影響を与えたと言われています。

カンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市/メキシコ合衆国の世界遺産

メキシコ合衆国の世界遺産の中からカンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市についての紹介ですメキシコ合衆国旅行のときにはカンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市
Ancicnt Maya City of Campecche
所在国 : メキシコ合衆国
世界遺産登録:2002年 
世界遺産の種類:文化遺産

メキシコのユカタン半島のメキシコ湾に面したカンペチェ州のカラクムル市にありカラクムールは、1931年にアメリカ人探検家によって、その存在が報告され調査が始まった遺跡です。この古代マヤ文明は都市国家として1200年以上にわたって栄えメキシコ南部のユカタン半島の熱帯雨林のなかにあり紀元前4世紀から後10世紀末までに続いた都市に築かれたピラミッドや球戯場、宮殿などの遺構は保存状態もよく、マヤ芸術として高い評価を受ける石碑も数多く発掘されています。このカラクムールはマヤ文明最大級の都市ティカルと対立するほどの規模をもった都市で古代マヤ文明の時代の都市生活の様子や文化が鮮明にわかる遺跡としても有名です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。