sponsoredlinks

バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群/アフガニスタンの世界遺産

アフガニスタンの世界遺産の中からバーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群についての紹介ですアフガニスタン旅行のときにはバーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群
Cultural Landscape and Archaeological Remains of the Bamiyan Valley
所在国:アフガニスタン
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産/危機遺産

バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群とは、バーミヤン渓谷(バーミヤーン渓谷)にある古代遺跡群で、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群は、アフガニスタンの首都カブールの北西230kmの山岳地帯に位置しています。バーミヤン渓谷とは、標高2500mほどの高地に位置する、古代以来の都市であるバーミヤーン(バーミヤン)の町を中心とするヒンドゥークシュ山脈山中の渓谷地帯のことです。古代から存続する都市バーミヤーンの近郊には、1世紀からバクトリアによって石窟仏教寺院が開削され始めたといわれます。石窟の数は1000以上にものぼり、グレコ・バクトリア様式の流れを汲む仏教美術の優れた遺産です。高さ55mの西大仏や38mの東大仏など2体の大仏をはじめとする多くの巨大な仏像が彫られはじめたのは、5世紀から6世紀頃のことです。石窟内にはグプタ朝のインド美術やサーサーン朝のペルシア美術の影響を受けた壁画が描かれ、バーミヤーンの仏教文化は繁栄をきわめました。唐の仏僧玄奘がこの地を訪れた630年にも、依然として大仏は美しく装飾されて金色に光り輝き、僧院には数千人の僧が居住していたといわれています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。