sponsoredlinks

ジャムのミナレットと考古遺跡群/アフガニスタンの世界遺産

アフガニスタンの世界遺産の中からジャムのミナレットと考古遺跡群についての紹介ですアフガニスタン旅行のときにはジャムのミナレットと考古遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジャムのミナレットと考古遺跡群
Minaret and Archaeological Remains of Jam
所在国:アフガニスタン
世界遺産登録:2002年
世界遺産の種類:文化遺産、危機遺産

ジャムのミナレットと考古遺跡群は、アフガニスタンの中西部ゴール州のシャーラク地方に位置しています。ハリー・ルード川とジャーム・ルード川の合流点のほとりの渓谷に、建っているミナレットは、グール朝のスルタンであるギヤースッディーン・ムハンマドが12世紀末に築いた、世界第二の高さ(65メートル)をもつミナレットとして知られています。なお世界第一のミナレットはインドのクトゥプ・ミナール(72.5メートル)です。このジャムのミナレットの特徴としては、八角形の土台の上に建ち、幾何学模様がなされた青色のタイル装飾、褐色の耐火レンガ、クーフィー体アラビア文字によるコーランの刻印装飾がなされていることなどが挙げられます。世界遺産登録以前に、政変や内戦などにより遺跡の損傷が激しく、2002年に文化遺産として登録されるだけでなく、同時に危機遺産としても登録されました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。