sponsoredlinks

サナア旧市街/イエメンの世界遺産

イエメンの世界遺産の中からサナア旧市街についての紹介ですイエメン旅行のときにはサナア旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サナア旧市街
Old City of Sana'a
所在国:イエメン
世界遺産登録:1986
世界遺産の種類:文化遺産

サナア旧市街とは、アラビア半島南西にあるイエメンの首都であるサナア(サヌア)に残る旧市街地のことで、世界遺産に登録されています。サナアは最も高い所で標高3,760メートルもの高原にあり、モンスーンの影響を受けるために雨量も多いです。サヌア市内には粘土で作った煉瓦造りの建物があって、アラブ文化が色濃く残っています。イスラムの都市であり、市内にはムスリム大学やモスクが数多く見受けられます。世界最古の摩天楼都市サナアは、砂漠と海に挟まれた山岳地帯にありますが、古代より、交易によって栄え、その豊かさゆえに、抗争にさらされてきました。サナアでは、膨らむ人口を城壁の中に詰め込むために建物を高くしていきましたが、高いものは、7階にも及びます。ひとつの建物の中に、同じ血縁の者同士が10人から30人で部屋を分け合って住んでいることもあります。主な建材は、土を固めただけの日干しレンガで、建物を補強するため、低層階には堅牢な石が使われています。 最上階に置かれているのは、マフラージという特別な部屋には、市街を一望することが出来ます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。