sponsoredlinks

香料の道−ネゲヴ砂漠都市/イスラエルの世界遺産

イスラエルの世界遺産の中から香料の道−ネゲヴ砂漠都市についての紹介ですイスラエル旅行のときには香料の道−ネゲヴ砂漠都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

香料の道−ネゲヴ砂漠都市
Incense Route / Desert Cities in the Negev
所在国:イスラエル
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

ネゲヴ(Negev)はイスラエルの南部地方を指します。 イスラエルでは、 香は神への捧げ物やなどに使われる貴重な必需品でした。香料の道は紀元前3〜後2世紀にかけ、古代ナバタイ人が地中海沿岸の富裕階級の人々が求めた乳香や没薬を運ぶ際に通過した、ネゲヴ砂漠上の交易路です。一帯にはナバタイ人の築いたハルザ、マムシト、アヴダト、シヴダの四つの町のほか、要塞や隊商宿などが点在しています。ネゲヴの土壌はもともと多くの塩分を含むため、 生育できる植物は限られており、 聖書にも記されているアカシアやギョリュウくらいしか育ちません。またネゲヴの土壌はチョーク質なので、 水が土に沁み込む速さが極めて遅く、 雨季にはちょっとした雨でも簡単に洪水を引き起こします。 (聖書にもこの「ネゲヴの洪水」を扱ったものがあります。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。