sponsoredlinks

聖書時代の遺丘群−メギッド、ハツォール、ベエル・シェバ/イスラエルの世界遺産

イスラエルの世界遺産の中から聖書時代の遺丘群−メギッド、ハツォール、ベエル・シェバについての紹介ですイスラエル旅行のときには聖書時代の遺丘群−メギッド、ハツォール、ベエル・シェバへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

聖書時代の遺丘群−メギッド、ハツォール、ベエル・シェバ
Biblical Tels - Megiddo, Hazor, Beer Sheba
所在国:イスラエル
世界遺産登録: 2005年
世界遺産の種類:文化遺産

聖書時代の遺丘群−メギッド、ハツォール、ベエル・シェバ (Biblical Tels - Megiddo, Hazor, Beer Sheba)メギドは、イスラエル北部、エズレル平原の西端に位 置する遺跡丘(テル)。新約聖書の黙示録に、最終戦争が行われる場所としてハルマゲドン(ヘブライ語でメギドの丘)として記述されています。紀元前2000年代にはカナン人の都市として、また紀元前1000年ごろにはソロモン王の重要な都市としてメギドが登場します。メギドのテルはイスラエルでも最大級で、聖書時代のテル(遺跡丘群)として、ハツォール、ベエル・シェバの遺跡とともに、2005年に世界文化遺産に登録された。ハルマゲドン=ヨハネの黙示録(16:16)によると、善と悪の最終決戦がハルマゲドンで行われた後、神(とイエス)が降臨し、キリスト教の教えに忠実に生きてきた善人のみを救い出し、1000年続く王国(ミレニアムキングダム、千年王国)をつくりだす。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。