sponsoredlinks

マサダ/イスラエル国の世界遺産

イスラエル国の世界遺産の中からマサダについての紹介ですイスラエル国旅行のときにはマサダへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マサダ
Masada
所在国:イスラエル国
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

マサダは、紀元前にヘロデ一族が立て籠もったことで、難攻不落と言われた岩山の頂上にある要塞の遺跡です。マサダは、アラム語の『要塞』を意味する『ハ・メサド』に由来すると言われています。マサダは、イスラエル国のエン・ゲディの南側約25km、死海の西側の絶壁のような岩山の上にあり、その岩山は死海(東)側の高さは400m、麓(西)側の高さは100m、頂上は東西300m、南北600mという菱形をしています。マサダは、古代イスラエルの歴史家であるフラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ戦記』によると紀元後70年にエルサレムがローマ軍の手により陥落した後、967人のユダヤ人がマサダに立て籠もりましたが、ローマ軍は15000人もの兵士でマサダを包囲し、紀元後73年に陥落したといわれています。マサダの周辺には、ローマ軍陣営の遺跡が残されています。陥落後、マサダに籠城していた女性2人と子ども5人以外のすべてユダヤ人がローマ軍の奴隷になるよりは、と集団自決をしたという話は、抑圧と自由の狭間での人間の闘いの歴史を物語る悲しいエピソードです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。