sponsoredlinks

アッコ旧市街 /イスラエル国の世界遺産

イスラエル国の世界遺産の中からアッコ旧市街 イスラエル国についての紹介ですイスラエル国旅行のときにはアッコ旧市街 イスラエル国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アッコ旧市街
Old City of Acre
所在国:イスラエル国
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

アッコ旧市街は、レバノン国境に近いイスラエル北西部の港町に位置しており、その歴史は驚くほど古くて、紀元前20世紀には町の機能を備えていたとされています。そして紀元前16世紀にはフェニキア時代に港湾都市として建設され、繁栄していたといわれています。アッコは、アッカ、アッコン、アクレなどとも表記されています。旧約聖書ではアッコ、新約聖書ではプトレマイスの名で知られています。5世紀にはアルタクセルクセス王のエジプト遠征の基地でありましたが、後にビザンチン帝国、十字軍、イスラム教徒、オスマン帝国に支配されるという歴史があります。18〜19世紀のオスマン帝国時代のイスラム的な都市デザインを濃厚に残すアッコ旧市街の地下には、1104年から1291年の間に築かれた、十字軍時代のヨハネ騎士団の本拠地となった町の都市遺構がほぼ完全な形で埋もれています。良好な状態で保存された地下要塞は、中世の十字軍都市の設計及び建築に関する貴重な資料となっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。