sponsoredlinks

テル・アビーブのホワイト・シティ-近代化運動/イスラエル国の世界遺産

イスラエル国の世界遺産の中からテル・アビーブのホワイト・シティ-近代化運動についての紹介ですイスラエル国旅行のときにはテル・アビーブのホワイト・シティ-近代化運動へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

テル・アビーブのホワイト・シティ-近代化運動
White City of Tel-Aviv-the Modem Movement
所在国:イスラエル国
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

イスラエルの首都イスラエルの西側地中海に面する地域に位置するテルアビブ都市圏はイスラエル最大の都市で、同国の人口(約600万)のおよそ3分の1が集中している。テル・アビブとはヘブライ語で「春の丘」を意味し、多民族が共存する都市でもあります。イスラエル経済の中心地都市でもあるこの地は昔は商業港で賑わった東洋の都市であったが19008年にユダヤ人が新都市を建設した、現在のテル・アビブは国際的な現代建築のユニークな歴史をとどめるもので1930年代にナチスの迫害から新天地を求めていたバウハウスの手法を受け入れ、国際的なビルが次々と建てられドイツの技術がこの地で花開いたものです。建物が白いことから後にホワイトシティーと愛称されるようになったものなのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。