sponsoredlinks

ハトラ/イラク共和国の世界遺産

イラク共和国の世界遺産の中からハトラについての紹介ですイラク共和国旅行のときにはハトラへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハトラ
Hatra
所在国:イラク共和国
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

ハトラは、別名『神の家』とも呼ばれ、紀元前3世紀頃から紀元後3世紀半ばまでパルティア王国内の半独立国アラビア王国の首都して栄えた都市で、今でも当時を彷彿とさせる建造物が多く残されている古代都市遺跡です。イラク北西部モスール州から南西約100km地点に位置し、砂漠地帯の中にハトラの古代都市遺跡が残されています。ハトラは、1世紀頃は、パルティア王国の隊商都市として栄えたが、ササン朝ペルシアに征服され、滅びたと言われています。ハトラは二重構造の城壁に囲まれており、東西南北には城門があり、その外側には堀が残されています。ハトラ市内中央は、聖域とされ、アッラート女神や太陽神シャマシュの神殿などの遊牧民特有のイーワーン様式のイスラム建造物や、ギリシャやローマの影響を受けたと見られる神像や肖像、小神殿などの建築物も残されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。