sponsoredlinks

パサルガダエ/イランの世界遺産

イランの世界遺産の中からパサルガダエについての紹介ですイラン旅行のときにはパサルガダエへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

パサルガダエ
Pasargadae
所在国:イラン
世界遺産登録:2004
世界遺産の種類:文化遺産

パサルガダエは紀元前546年頃キュロス大王によって開かれたアケメネス朝最初の首都、つまりペルシャ帝国発祥の地です。パサルガダエは世界最古の大帝国アケメネス朝ペルシャの最初の都でもあります。キュロス大王は紀元前550年にペルシャを治めていたメディア王国を倒して独立し、その後、新バビロニア王国を倒してオリエントを支配下におきました。彼の息子は更にエジプトまでも支配化に置き、アケメネス朝ペルシャは西は小アジア・エジプトから東はインダス川までという広大な大帝国となりました。パサルガダエの宮殿や城塞、霊廟などの遺構は、アケメネス朝初期の建築様式や芸術を伝える貴重な史料です。遺構には東地中海方面やエジプト、インドなどの影響が見られ、この王朝が異文化を尊重していたことを示しています。また、その造園技術は西アジア諸国の模範となっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。