sponsoredlinks

ボロブドゥル寺院遺跡群/インドネシア共和国の世界遺産

インドネシア共和国の世界遺産の中からボロブドゥル寺院遺跡群についての紹介ですインドネシア共和国旅行のときにはボロブドゥル寺院遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ボロブドゥル寺院遺跡群
Borobudur Temple Compounds
所在国:インドネシア共和国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

ボロブドゥル寺院遺跡群は、8世紀後半から9世紀前半にかけてシャインドラ王朝により建てられたといわれている密林の中にそびえる巨大な仏教寺院遺跡群です。その巨大さ、雄大さは、まさに素晴らしい仏教芸術で、カンボジアのアンコール、ミャンマーのバガンとともに世界三大仏教遺跡と言われています。120m四方のボロブドゥル寺院遺跡の中には、ストゥーパと呼ばれるモニュメントが72個あり、それぞれの中に石仏が収められています。その中の石仏に触ると願いが叶うと言われています。72のストゥーバの他に432体の石仏があり、合計504体もの石仏があります。ボロブドゥル寺院遺跡群は、8世紀頃に建てられて以来、1814年にイギリスのジャワ島副総督スタンフォード・ラッフルズ卿により発見されるまで、実に1000年もの間、密林に眠っていたとされ、ボロブドゥル寺院遺跡群に関する学術的な記録もほとんど残されていないため、いまだに謎の多く残されています。ボロブドゥル寺院遺跡群は、インドネシア共和国ジャワ島中部、ジョグジャカルタの北西42kmに位置するプロゴ渓谷にあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56364958
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。