sponsoredlinks

スマトラの熱帯雨林遺産/インドネシア共和国の世界遺産

インドネシア共和国の世界遺産の中からスマトラの熱帯雨林遺産についての紹介ですインドネシア共和国旅行のときにはスマトラの熱帯雨林遺産へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

スマトラの熱帯雨林遺産
Tropical Rainforest Heritage of Sumatra
所在国:インドネシア共和国
世界遺産登録:2004年
世界遺産の種類:自然遺産

スマトラの熱帯雨林遺産は、インドネシアのスマトラ島南西部に位置する自然遺産で、総面積が250万ヘクタールに及ぶ広大な地域となっています。グヌン・ルセル国立公園(Gunung Leuser National Park)、ケリンチ・セブラ国立公園(Kerinci Seblat National Park)、ブキット・バリサン・セラタン国立公園(Bukit Barisan Selatan National Park)が世界遺産に含まれています。スマトラの熱帯雨林遺産には、多くの絶滅の危機にある固有種を含む特徴的で多様な生物が生息しています。17の固有種を含む約10,000種の植物、200種以上の哺乳類、21の固有種を含む約580種の鳥類、などスマトラ島の生物の進化の証が残っています。とくに、スマトラ島特有のオランウータン、世界最大の花ラフレシア(Rafflesia arnoldi)、最も背の高い花ショクダイコンニャク(Amorphophallus titanium)、スマトラトラ、アジア象などはよく知られています。スマトラの熱帯雨林遺産に登録されている3つの国立公園は、ブキット・バリサン山脈(Bukit Barisan Mountains)に沿っていますが、樹木の伐採や焼畑によって森林が焼失し、危機的な状態となっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56364959
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。