sponsoredlinks

コモド国立公園/インドネシア共和国の世界遺産

インドネシア共和国の世界遺産の中からコモド国立公園についての紹介ですインドネシア共和国旅行のときにはコモド国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コモド国立公園
Komodo National Park
所在国:インドネシア共和国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:自然遺産

コモド国立公園はインドネシアの小スンダ列島のコモド島のほか、スンバワ島、フローレス島を含む総面積2200kuの面積を有する国立公園です。世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲが棲息していることで有名でもあります。コモドオオトカゲは肉食性であり、普段はおとなしいとされるが時に人間の様な大型哺乳動物をおそうこともあり、西洋人が1911年に発見したときは恐竜の生き残りと思われたのです。コモドオオトカゲは地元の言葉で〔オラ〕と呼ばれておりサル、イノシシ、鹿などを餌に、丘陵地帯の熱帯降雨林に生息しているが現在は絶滅の危機にありますが、これらの要因は環境の破壊などの餌の減少などが原因といわれています。また、コモド国立公園はイルカやウミガメなどの他の希少生物も棲息していることでも知られています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。