sponsoredlinks

コナーラクの太陽神寺院/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からコナーラクの太陽神寺院についての紹介ですインド旅行のときにはコナーラクの太陽神寺院へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コナーラクの太陽神寺院
Gyeongju Historic Areas
所在国:インド
世界遺産登録:1984年
世界遺産の種類:文化遺産

インド東部のコナーラク。コナーラクは、プリー郊外(東へ35km)にあります。ガンガ朝時代は海洋貿易港として栄えていまいした。「太陽のあるところ」を意味するこの地に、太陽神を祀るヒンドゥー教のスールヤ寺院があります。スールヤは太陽の神様で、7頭立ての馬車に乗って、日々、東の空から西の空へ駆けるのだと信じられてきました。13世紀、この地を支配していたナラシンハデーヴァ一世は、建物自体をスールヤが乗る馬車に見立てた巨大な寺院を作りました。一説には、侵攻してきたイスラム軍との戦いに勝った記念だったとも言われます。中世のオリッサ地方(かつてのカリンガ地方)に君臨した後期ガンガ朝(10〜15世紀)の庇護のもと、独自のヒンディ文化が成熟しました。オリッサ地方に建つヒンディ寺院は「オリッサ様式」で建てられています。ベンガルの詩人タゴールは太陽神寺院を見て感動し、「ここでは人間の言葉は石の言葉に打ち負かされてしまう」と述べました。コナラクの太陽神寺院はその巨大さと壁面を飾る数々の美しい彫刻により世界遺産に指定されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56364961
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。