sponsoredlinks

タージ・マハル/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からタージ・マハルについての紹介ですインド旅行のときにはタージ・マハルへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タージ・マハル
Taj Mahal
所在国:インド
世界遺産登録:1983年
世界遺産の種類:文化遺産

タージ・マハルといえばインドの代表的な建築物で、その名前を知らなくてもこの建物の写真を見れば、だれでもインドを思い出すくらい有名です。また世界でも最も美しい霊廟といわれています。タージ・マハルはインド=イスラーム文化の代表的建築ですが、ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、愛妃ムムターズ・マハルの死(1630年)を悼んで建設したとされる逸話は大変有名です。場所はインド北部のアグラにあります。建設にはペルシャやアラブ、さらにヨーロッパから2万人もの職人を集め、22年の歳月をかけて建造されました。皇帝シャー・ジャハーンはヤムナ川を挟んだタージ・マハルの対岸に、黒曜石で真っ黒な自分の霊廟の建立し、その間を橋で渡す計画を立てていました。しかし、妃を失ってから悲しみの余り政治を放棄し、ついには三男アウラングゼーブによってアグラ城のムサンマン・ブルジュの八角の塔に幽閉されてしまいます。シャー・ジャハーンは塔の一室に横たわり、7年間の幽閉ののち息を引き取りました。こうして黒曜石の自分の霊廟の計画は実現されませんでした。現在はその基底部が残されています。シャー・ジャハーンは死後、タージ・マハルの妃ムムターズ・マハルの横に眠っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。