sponsoredlinks

ゴアの教会群と修道院群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からゴアの教会群と修道院群についての紹介ですインド旅行のときにはゴアの教会群と修道院群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ゴアの教会群と修道院群
Churches and Convents of Goa
所在地:インド
世界遺産登録:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

ゴアは,インド西海岸中部のマンドウィー河の河口にある港町です。1510年にポルトガルの植民地となり20世紀までポルトガル領であったため,多くのキリスト教の建物が建設されました。アジアにおけるキリスト教布教が最も広がった地域といえます。16世紀には,ポルトガルのアジアヘの貿易とキリスト教布教の拠点として繁栄しました。ヨーロッパ風の街並みの美しさから「東方一の貴婦人」と讃えられていました。100以上もある遺跡の中でも,セ・カテドラルは,現在の残っている最大の教会堂で,1619年に建てられたものです。日本にも布教に来たフランシスコ・ザビエルは、ゴア→日本→中国と布教活動を続けました。そおF.ザビエルは中国で亡くなったのですが、ゴアにあるポム・ジェズス教会に遺体は安置されています。聖フランシスコ教会や聖パウロ修道院などキリスト教布教活動の跡の残されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56364963
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。