sponsoredlinks

カジュラーホの建造物群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からカジュラーホの建造物群についての紹介ですインド旅行のときにはカジュラーホの建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カジュラーホの建造物群
Khajuraho Group of Monuments
所在地:インド
世界遺産登録:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

カジュラホ(カジュラーホー)は,インドのマディヤ・プラデーシュ州の寺院都市です。ヒンドゥー教の聖地ワーラーナシー(バナーラス)から約400キロ離れた場所にあります。10世紀前半から13世紀末まで北インドを支配したチャンデーラ王朝の最盛期の遺跡群が残っています。945年にシヴァ神に捧げたといわれるラクシュマナ寺院、1002年にはヴィッシュワナータ寺院を建設しました。11世紀初めに、シヴァ神のカイラース山を模したといわれるカンダリヤ・マハーデーヴァ寺院を建立しています。当初100近くあったヒンドゥー教寺院は,イスラム教徒によって破壊されてしまい,現在残っている寺院は,4分の1以下です。ヒンドゥー教寺院の建築様式は,インドの北方様式と呼ばれ,高塔という屋根があります。ヒンドゥー教寺院の内外の装飾には,タントリズムの影響を受けた男女の神々や動物などの彫刻が施されていて、とても壮観な見ごたえです。カジュラホの寺院には、ミトゥナ像(男女交合されている彫刻)を持つ寺院群があることで有名です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。