sponsoredlinks

ハンピの建造物群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からハンピの建造物群についての紹介ですインド旅行のときにはハンピの建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハンピの建造物群
Group of Monuments at Hampi
所在地:インド
世界遺産登録:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

ハンピの建造物群は,インドの南部カルナータカ州にあります。14〜17世紀にかけて南インドを支配したヴィジャヤナガル王国の首都遺跡です。ヴィジャヤナガル(現在のハンピ)は,「勝利の町」を意味していました。当時,北のトゥンガバドラ川,東の岩山の天然の要塞と7重の城壁に囲まれることで、マハナミディヴァの王宮や多くの化身としてヒンドゥー教の主神の一つヴィシュヌ神をまつる寺院を建築しました。最盛期にはおよそ50万人が暮らし、中国の商人たちがハンピを訪れました。ビジャヤナガラ王国はイスラム勢力に対抗するために、広大な土地に多くのヒンドゥー教寺院や宮殿を建築しました。ハンピには,マンタバ(拝堂),ラタ(山車)と石柱が印象的なヴィッタラ寺院や、現在も巡礼者が訪れるヴィルパクシャ寺院など、40以上の寺院が点在しています。町全体が遺跡の対象と言えるほど広大なため、発掘は現在でも10分の1程度です。広大な土地の為,遺跡の発掘は全体の5%程度しか済んでいない。自然環境にも恵まれ2本のワイヤーロープのつり橋敷設に伴う道路建設で,登録範囲内のマンダパの遺跡の解体と移動を余儀なくされ,1999年に危機にさらされている世界遺産に登録された。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。