sponsoredlinks

ビンベットカのロック・シェルター群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からビンベットカのロック・シェルター群についての紹介ですインド旅行のときにはビンベットカのロック・シェルター群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ビンベットカのロック・シェルター群
Rock Shelters of Bhimbetka
所在国:インド
世界遺産登録年:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

ビンベットカのロック・シェルター群はインドのデカン高原北部のマディアヤ・プランデシュ州はビンディア山脈山麓にある約19万平方キロメートルの範囲の壁画の描かれた岩窟で、2003年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。ビンベットカのロック・シェルター群は5つの岩塊に約400ものロック・シェルター群(岩窟)があり、一万年以上前の旧石器時代から有史時代の岩窟住居群といわれています。当時暮らしていた人々が描いた赤、黒、白、黄、緑など天然の顔料を用いた色も鮮やかな1000ほどの壁画が残されており、ゾウ、ヒョウ、トラ、サイ、シカ、ウシ、ウマなどの動物や狩猟の様子や採取の様子などその素朴な生活が描かれています。このビンベットカのロック・シェルター群の近くでは現在でもこの壁画に似たものが描かれており、その風習や風俗、文化などの伝統が現代にまで伝わっていることに注目が集まっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。