sponsoredlinks

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)についての紹介ですインド旅行のときにはチャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)
Chhatrapati Shivaji Terminus (formerly Victoria Terminus)
所在国:インド
世界遺産登録年:2004年
世界遺産の種類:文化遺産

チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)はインド最大の商業都市である西海岸のマハラシュトラ州の州都のムンバイ(1995年にボンベイから現地語発音のムンバイに改名)南部のフォート地区の北端にあります。イギリスの植民地時代であった1888年に造られ、ヴィクトリア朝のゴシック・リヴァイヴァル建築とインドの伝統的建築が融合させた荘厳で華麗な駅舎であり、2004年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)は建築家フレデリック・ウィリアム・スティーヴンスによって設計され、完成までに10年の歳月が掛かりました。当時はヴィクトリア女王時代であったために「ヴィクトリア駅(Victoria Terminus:VT)」と名付けられましたが、ヒンドゥー・ナショナリズムの風潮もあり、1996年に17世紀のマラータ王国の王チャトラパティ・シヴァージー(Chhatrapati Shivaji)にちなんで「チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス(Chhatrapati Shivaji Terminus:CST)」と改名されました。チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(旧名ヴィクトリア・ターミナス)は19世紀の鉄道駅建築として非常に進歩的な構造と技術力を持っており、今も現役のインドで最も乗降客の多い駅として活躍しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56364969
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。