sponsoredlinks

チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からチャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園についての紹介ですインド旅行のときにはチャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園
Champaner-Pavagadh Archaeological Park
所在国:インド
世界遺産登録年:2004年
世界遺産の種類:文化遺産

チャンパネール-パーヴァガドゥ遺跡公園はインドの西部にあるグジャラート州のチャンパネール村にある非常に多くの考古遺跡が密集する地域です。この地域には先史時代の考古遺跡から初期ヒンドゥー文化の要塞遺跡、さらには15世紀にイスラム教徒のムハマッド・ベガタにより築かれた都市遺跡など極めて幅広い時代の遺跡が残されており、2004年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。チャンパネール−パーヴァガドゥ遺跡公園は城壁に囲まれたチャンパネール村と、そこから南西へ約4kmの位置にあるパーヴァガドゥ山の二つの地域に分けられます。チャンパネールは8世紀頃にヒンドゥー教の王国であったチャウハン朝時代に築かれ14世紀まで栄えた都市で、要塞、宮殿、宗教施設、住居、水道設備などが建設されました。しかし1553年にはムガル帝国に滅ぼされたため、チャンパネール遺跡はムガル帝国がインドを支配する以前の都市の姿を完全に残した唯一の都市遺跡となっています。ケウラーモスク、ジャミーモスクなどの代表的なモスクはイスラム様式ではなくインドの文化を色濃く反映させており、インド・イスラム様式といえる2つの文化の融合された独自のものとなっています。またパーヴァガドゥ山のカーリーカマタ寺院はヒンドゥー教徒の聖地であり現在も熱心な信者の信仰の拠り所となっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56364970
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

彼女は某総合病院の看護士 みさちゃん。
Excerpt: 下 着を剥ぎ取り彼女のアソコを指でなぞると、生暖かい液体で濡れそぼっていた。 指を入れると、それに合わせて彼女の体は過剰に反応する。 その反応が愛しくて、俺は指を動かし続けた。 「ダメェッ、イクッ、..
Weblog: ハ メ 撮り日記 S)
Tracked: 2008-12-14 16:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。