sponsoredlinks

アジャンター石窟群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からアジャンター石窟群についての紹介ですインド旅行のときにはアジャンター石窟群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アジャンター石窟群
Ajanta Caves
所在国:インド
世界遺産登録:1983年
世界遺産の種類:文化遺産

アジャンタ石窟群とは、インド最古の仏教石窟寺院群です。場所は、マラハーシュートラ州にあるデカン高原の北西ワーグラー渓谷に位置しています。紀元前1〜7世紀に、ワゴーラー川沿いの断崖を掘りぬいて建設されました。ヴァーカータカ朝が滅亡してから1000年以上も歴史から消えていましたが、1815年、イギリス人仕官ジョン・スミスが虎狩りをしている際、偶然に発見しました。大小30もの石窟寺院で構成されていて、ワゴーラ川下流から順番にナンバリングされています。この石窟は2種類に分けることができます。ひとつは、ブッダを象徴している「聖なるもの」チャイティヤとして、仏塔などをすえたチャイティヤ窟で、9、10、19、26、29窟が該当します。もうひとつは、平地にレンガや木材で建てた僧院ヴィハーラを石窟におきかえたヴィハーラ窟で、チャイティヤ窟以外はすべてこのヴィハーラ窟になります。アジャンタのみものとしては、5〜7世紀に作られた後期窟に描かれた見事なグプタ朝の壁画です。特に蓮華手菩薩図は有名で古代インド絵画の最高傑作とされています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。