sponsoredlinks

デリーのフマユーン廟/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からデリーのフマユーン廟についての紹介ですインド旅行のときにはデリーのフマユーン廟へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

デリーのフマユーン廟
Humayun's Tomb, Delhi
所在国:インド
世界遺産登録年:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

デリーのフマユーン廟は、急逝したムガル帝国フマユーン帝のため、妃ハージ・ベグムがおよそ9年をかけて建設した墓廟で、完成は1565年です。経済政策に厳しかった皇帝への配慮で内部は簡素ですが、ムガル皇帝の権力を象徴する廟建築の礎を築いた建物として貴重とされました。 皇帝 フマユーンは、中央アジアからインドにやって来て、のちに大帝国となるムガル朝を創始した文人皇帝バーブル (在位 1526〜1530)のその長男として第 2代皇帝を引き継ぎました。1540年にスール朝の成立によって一時期北インドを追われますが、1955年に再び複座しましたが、1556年 1月、宮廷の図書館の階段から落ち、あっけなくその一生を閉じてしまいました。ちなみにフマユーンとはペルシア語で「幸運」の意です。ムガル帝国の王妃ハージ・ベグムは、1565年、非運のうちに死んだ夫のために、帝国で最も壮麗な廟をヤムナー河の近くに建設させたのです。 ペルシャ人設計者サイイド・ムハンマド・イブン・ミラーク・ギヤートゥッディーンと父ミラーク・ギヤートゥッディーンの二人は、それまで廟を建設する習慣がなかったインド初の、本格的な廟建築となりました。正方形の庭園は、水路で他の字形に区切られた四分庭園です。のちのタージ・マハル廟にも大きな影響を与えることになるこの廟建築は、ペルシア的な造形言語を基本にしながら巧みにインド化している。 赤砂岩と白い大理石で造られた墓廟本体は、ドーム天井をもつペルシア伝統の建築様式です。外観を壮大に見せるためのドームは2重構造とし、高さ38mの外側のドームの12m下に内側ドームが設けられました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。