sponsoredlinks

デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からデリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群についての紹介ですインド旅行のときにはデリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群
Qutb Minar and its Monuments, Delhi
所在国:インド
世界遺産登録年:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

デリーのクトゥブ・ミナールは、デリーにある大理石と赤砂岩で造られた塔の高さは73mあり、インドで最も高い塔です。モスク周辺に建てたイレトゥミシュ廟、アラーイ門などのイスラム建造物群は、1993年、世界遺産に登録(登録名:デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群)されました。これらの建造物群は、おそらくはヒンドゥー教・ジャイナ教の寺院などを破壊し、その石材を転用して制作されたもので、建築に携わった職人もヒンドゥー教徒であったと推測されています。そのため、ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混在した様式となっています。1193年に奴隷王朝初代のアイバク王によって、デリー最後のヒンドゥー王朝対する勝利を記念し、権力誇示のために、クワットゥル・イスラーム・モスクに付属して建てられました。クワットゥル・イスラーム・モスクは、破壊したヒンドゥー教徒の石材を用いて建てられたインド初のモスクです。その中庭にある7m程の鉄柱には、背を当て両腕を後ろにまわした時に手が触れ合えば願い事がかなうという迷信があります。(残念ながら現在は柵が作られ触れることができません)また、この鉄柱は現在まで全く錆がなく、その理由は謎です世界遺産クトゥブミナール(Qutb Minar、勝利の塔)はインド最古のイスラム建築遺跡、赤褐色砂岩で築かれた尖塔で、高さ73メートル、基部の直径は15メートル。見学中の子供の圧死事故が起きたため、現在は立入り禁止となってしまいました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。