sponsoredlinks

インドの山岳鉄道群/インドの世界遺産

インドの世界遺産の中からインドの山岳鉄道群についての紹介ですインド旅行のときにはインドの山岳鉄道群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

インドの山岳鉄道群
Mountain Railways of India
所在国:インド
世界遺産登録年:1999年 、 2005年
世界遺産の種類:文化遺産

インドの山岳鉄道群は、2007年現在も運行されているインドの山岳鉄道のうち、1999年に世界遺産に登録されたダージリン・ヒマラヤ鉄道と2005年に登録されたニルギリ山岳鉄道の2つの鉄道のことです。ニルギリ山岳鉄道が登録されたのを機にインドの山岳鉄道群と名称が改められました。インドの鉄道はすべて国営です。世界第5位(アメリカ・ロシア・カナダ・中国に次ぐ)を規模を誇り、営業距離は総延長は62000km超となっています。インドにおける初めの路線は1853年に開業したボンベイ〜ターネー間約40kmで、日本の1872年よりも早く、アジアでも初めてのものでした。ダージリン・ヒマラヤ鉄道は、インド北東部、ニュージャイパイグリ から ダージリンまでの約88kmを結ぶ世界で最古の山岳鉄道の一つでもう120年も走り続けています。高さわずか2mほどの小型蒸気機関車が標高差2000mの、トンネル一つない急勾配を約8時間かけて上っていきます。この急勾配をクルクルと駆け上がる、その愛くるしい姿から「トイ・トレイン(おもちゃの汽車)」の愛称で親しまれています。ダージリンはいわずと知れた、世界の紅茶、あのダージリンティの産地ですね。一方、ニルギリ山岳鉄道はといいますと、タミル・ナードゥ州ニーラギリ県(ニルギリ県)に敷設された鉄道です。これも世界最古の鉄道のひとつでレールはナローゲージです。ナローゲージとは、線路の幅の狭い鉄道ですね。メットゥパラヤム〜 クーヌール 間では急勾配を上り下りするため、ラックレール式の蒸気機関車が連結されます。のぼるときには蒸気機関車は最後尾に連結され、列車を押し上げる。下るときには先頭に連結され、スピードを制御します。クーヌール 〜ウダカマンダラム間は、列車はラック式でないレールの上をディーゼル機関車に牽かれて走行します。※ラック式鉄道(Rack Railway)とは、2本のレールの中央に歯型のレール(歯軌条、ラックレール)を敷設し、車両の床下に設置された歯車(ピニオン)とかみ合わせることで、急勾配を登り下りするための推進力と制動力の補助とする鉄道のこと。特殊な分岐器が必要とされる場合もある。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。