sponsoredlinks

カジランガ国立公園/インド共和国の世界遺産

インド共和国の世界遺産の中からカジランガ国立公園についての紹介ですインド共和国旅行のときにはカジランガ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カジランガ国立公園
Kaziranga National Park
所在国:インド共和国
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:自然遺産

カジランガ国立公園とは、インド北東部のアッサム州(State of Assam)のほぼ中央部に位置する自然遺産です。人が介入しない、残された最後の自然の一つと言われています。そして、インドサイの一角サイが生息する最後の楽園とも言われます。一角サイの保護区であるカジランガ国立公園には、約1,500頭が生息していますが、かつての密猟や乱獲により激減してしまいました。多くの目的は、漢方薬の材料、アラブの短剣の柄、などですが、一時は約200頭野まで減少したと言います。その後の保護によりネパールと合わせて、約2, 500頭荷まで回復しました。カジランガ国立公園は、北を流れるブラフマプトラ川によって、毎年の大洪水を起こす、野生動物にとっては厳しい環境となっています。しかし、カジランガ国立公園に住む野生動物は、一角サイはじめ水牛、アジアゾウ、インドヌマシカ、トラ、ヒョウ、ベンガルショウノガン・ハイイロペリカンなどの鳥類、など絶滅種を含め多くの貴重な生物が生息しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。