sponsoredlinks

フォンニャ-ケバン国立公園/ベトナムの世界遺産

ベトナムの世界遺産の中からフォンニャ-ケバン国立公園についての紹介ですベトナム旅行のときにはフォンニャ-ケバン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

フォンニャ-ケバン国立公園
Phong Nha-Ke Bang National Park
所在国:ベトナム
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:自然遺産

フォンニャ-ケバン国立公園は、ベトナムのクアンビン省(廣平省)にある国立公園です。2003年、ユネスコによって世界遺産に登録されました。フォンニャ洞窟はベトナム最大の洞窟で、2億5千年前に形成されました。フォンニャとは「歯の洞窟」という意味です。美しい鍾乳洞により多くの観光客が訪れます。
9〜10世紀にチャム族が仏教の聖域として利用し、1990年に英国の探検隊が地下及び水中の地図を作成し、総延長を計測しました。公園内は、古生代の約4億年前から成長を続けるカルスト地帯で、アジアの主要なカルストのなかで最古のものです。カルストの生長は地殻の上昇と海面の変動が原因とされ、ラオス国教までの約65kmにわたって、鍾乳洞や地下湖、地下河川などが続いています。この辺りは,大小約300の鍾乳洞があり、一般公開されているのは、2カ所だけです。フォンニャ-ケバン洞窟内に流れる地底川を、小船に乗り、薄暗くヒンヤリとした中を進んで行き、途中、船を降りて洞窟入り口まで歩いて戻ってくルートとなっています。ダイナミックな鍾乳石群は、ところどころライトアップされて神秘を演出しています。洞窟の入り口付近からさらに、500段の階段を上ると、もう1つの洞窟「仙人の洞窟」があります。こちらは世界遺産に登録されていませんがフォンニャ-ケバンよも、鍾乳石が密集していて迫力があります。フォンニャ-ケバン国立公園には、哺乳類65種、鳥類260種、爬虫類・両生類75種、淡水魚61種と、植物735種が生息しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。