sponsoredlinks

ハロン湾/ベトナムの世界遺産

ベトナムの世界遺産の中からハロン湾についての紹介ですベトナム旅行のときにはハロン湾へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハロン湾
Ha Long Bay
所在国:ベトナム
世界遺産登録年:1994年、2000年
世界遺産の種類:自然遺産

ハロン湾はベトナム北部、トンキン湾北西部にあるさまざまな奇岩が海に突き出した大小3000もの島がが存在するベトナム隋一の景勝地です。この幻想的で迫力のある景観が桂林に似ているところから、「海の桂林」とも呼ばれています。ハロンとは「降龍」を意味し、中国がベトナムに侵攻してきた時、龍の親子が現れ、中国軍を打ち破り、ベトナムを救ったという言い伝えがあります。湾内の島々は、そのとき龍が口から吐き出した宝石だといわれています。。 ハロン湾は、石灰岩台地が沈降し、風化作用によって削られ、現在の姿となりました。地質学的には北は桂林から南はニンビン(寧平)までの広大な石灰岩台地の一角からなっています。 約7,000年前の新石器時代にはわずかに人が住んでいましたが、現在はほとんどの島が無人です。反面、動物たちにとっては、モンスーン林や竹林が生い茂る島々は、理想的な営巣地となっています。世界でも珍しいオナガザル科のフランソワリーフモンキーや、ファイールルトンの唯一の棲息地となっています。世界遺産に登録されて以降、国内外から年間200万人が訪れるにぎやかな場所に様変わりしました。観光のために整備された島のいくつかには、海水浴場、湾内で獲れるカニやシャコなどの新鮮なシーフードが楽しめる飲食店などができています。しかし、観光客の増加や農地開拓発、石炭の採掘などで環境が悪化してきているのも事実です。サンゴ礁が激減するなど自然破壊が進み、湾内の生態系を脅かしています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56364990
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。