sponsoredlinks

サマルカンド-文化交差路/ウズベキスタンの世界遺産

ウズベキスタンの世界遺産の中からサマルカンド-文化交差路についての紹介ですウズベキスタン旅行のときにはサマルカンド-文化交差路へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サマルカンド-文化交差路
Samarkand - Crossroads of Cultures
所在国:ウズベキスタン
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

サマルカンドは紀元前10世紀ころからイラン系民族のオアシス都市として発展しました。またギリシャ史では紀元前4世紀のアレクサンドロス3世率いるマケドニア王国遠征軍に最後まで抵抗したソグド人の都市「マラカンダ」の名で知られています。その後、中央アジアの要衝として栄え、13世紀モンゴル帝国の支配を経て、14世紀後半ティムール帝国(首都サマルカンド)が成立しました。その後、ロシア帝国、ソヴィエト連邦の支配を経て、1991年共和国独立を果たしました。ウズベキスタンの主要民族は、トルコ語系モンゴロイド人種で、ウズベク人が80%、ロシア人5.5%、タジク人5%その他で、人口は2660万人(2005年)おり、イスラム教スンニ派が多いといわれています。サマルカンドへの行き方ですが、成田から関空を経て首都タシケントまでの直行便が、8時間30分で結んでいます。タシケントからサマルカントは列車で4時間、後はバスだで、ブハラからヒヴァは500Km、キジルクム砂漠を8時間走行します。また砂漠を走るので、途中にトイレはありません。気温は最高45度(季節は7月)にもなり、熱風を覚悟しなければなりません。こうした地域の常ですが、衛生状態がよくありません。生水、生野菜、果物等には細心の注意を払わないと、下痢を起こす可能性が大で、おなかの薬は必需品です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。