sponsoredlinks

イチャン・カラ/ウズベキスタンの世界遺産

ウズベキスタンの世界遺産の中からイチャン・カラについての紹介ですウズベキスタン旅行のときにはイチャン・カラへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

イチャン・カラ
Itchan Kala
所在国:ウズベキスタン
世界遺産登録:1990年
世界遺産の種類:文化遺産

イチャン・カラは、ウズベキスタンの首都タシケントから西へおよそ750キロ、飛行機で約二時間の行程である、ヒヴァ(ホラズム州)にあります。ヒヴァは古代よりカラクム砂漠への入り口にあるオアシス都市として繁栄してきました。1643年にはヒバ・ハーンの首都となり、政治経済、そして宗教の中心地として発展しました。その美しさは「中央アジアの真珠」と称されたほどでした。ヒヴァには外城のデシャンカラと内城のイチャン・カラがあり、そのうちディチャンカラは一般民衆の居住域で、イチャンカラにはハーンの宮殿や、モスク、メドレサ、ミナレットが建てられました。この旧市街イチャンカラが世界遺産の対象区域となっています。なかでも見どころは、青と緑のタイルで飾られた、高さ45メートルにもおよぶイスラム・ホジャのミナレットです。上まで登って、ヒヴァを上から見渡すことができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。