sponsoredlinks

ブハラ歴史地区/ウズベキスタン共和国の世界遺産

ウズベキスタン共和国の世界遺産の中からブハラ歴史地区についての紹介ですウズベキスタン共和国旅行のときにはブハラ歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ブハラ歴史地区
Historic Centre of Bukhara
所在国:ウズベキスタン共和国
世界遺産登録年:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

ブラハは、中央アジアのシルクロードの拠点として2000年以上の歴史を持つ町で、ウズベキスタンの中央部、ザラフシャーン川下流域のオアシス地帯に位置しています。旧市街と新市街が自然な形で融合している町で、そのなかにブラハ歴史地区があります。シルクロードのオアシスの町として発展したブラハは、地名はサンスクリット語のブィハーラ(僧院)からきているとも言われます。その名の通り、かつては宗教の町として全中央アジアからイスラム教信者が集まったといいます。 1500年にウズベク族が建国後、ブハラはシルクロードの重要な町で、カラハン朝ブハラ・ハーンの首都として栄えました。中心部の市街地は、中世の面影がまだ残っています。日干し煉瓦の城壁には、さまざまな模様が刻まれています。城壁は、単に外敵の侵入を防ぐだけでなく、キジル・クム(赤い砂漠)から押し寄せる大量の砂をせき止める役目も果たしていました。ブラハ歴史地区には、1934年に砂の中から発見されたブラハ最古のマゴキ・アッタリー寺院やバラ・ハウズ・モスク、砂漠の灯台ともいえるカルヤーン・ミナレット(光塔)、中央アジア最古のメドレセ(イスラム神学校)のウルグベクやミール・アラブ、イスマイル・サマニ廟、市場、城西などが残っています。  ◆バラ・ハウズ・モスク:バラ・ハウズ・モスクは、1712年に造られたモスクです、このモスクの最大の特徴は他のモスクと違って、柱や天井が木造であるということです。  柱も天井も彫刻が施されており、美しい彩色が施されています。  天井を支えている柱は硬いチーク材で作られていますが、根元の部分が、細く削られているので、、腐食や乾燥に対しても弱いと思われます。バラ・ハウズ・モスクは、現在も現役のモスクとして使われています。当然のことながらモスクの内部には、モスレム以外は、入ることはできません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。