sponsoredlinks

シャフリサブス歴史地区/ウズベキスタン共和国の世界遺産

ウズベキスタン共和国の世界遺産の中からシャフリサブス歴史地区についての紹介ですウズベキスタン共和国旅行のときにはシャフリサブス歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シャフリサブス歴史地区
Komodo National Park
所在国:ウズベキスタン共和国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

シャフリサーブスの歴史地区はウズベキスタンのサマルカンドの南部のカシュカダヤ地方に位置しているおり、もともとは心休まる場所という意味のケシュ(Kesh)という名前で知られていた街であります。古代のシャフリサブスは、中央アジアの都市の中でも最古の歴史を持つものであり、ティムール帝国〔1370〜1405年〕を興したティムールが生まれた街として知られ、この地にサマルカンドにも劣らない豪華な建築物をシャフリサーブスに残しました。ティムールはシャフリサブスを自らの故郷と考え、ここに自らの墓を建設することを計画したりもしたが、ティムール朝の時代、シャフリサブスは、徐々に帝国の中心の地位をサマルカンドに譲ることとなったのです。ブハラの首長であったアブドゥッラー2世は、16世紀に豊かな街に嫉妬し、街の大部分を破壊し、シャイバーニー朝の興隆を図った。伝説によると、アブドゥッラーが街を破壊したのは、シャフリサブスの攻略の際に急な坂道を登る際に、疲労で愛馬が死んだがゆえにその怒りが町に向けられたものとして伝えられています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。