sponsoredlinks

フランキンセンスの国土(乳香の道)/オマーン国の世界遺産

オマーン国の世界遺産の中からフランキンセンスの国土(乳香の道)についての紹介ですオマーン国旅行のときにはフランキンセンスの国土(乳香の道)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

フランキンセンスの国土(乳香の道)
Land of Frankincense
所在国:オマーン国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

フランキンセンスは乳香のことですが、オマーンの特産物であり、世界中で大変高価な香水として知られています。フランキンセンスは樹脂乳香のことですが、古代から宗教儀式や病気の治療薬として使用されてきました。当時から大変貴重なものとして取り扱われ、ほとんど同量の金と同じ価値があるとされていました。フランキンセンスは古フランス語で“真実の薫香”を意味するところからきています。フランキンセンスの国土は3つの遺跡からなっています。Shisr、Khor Rori、Al-Balidです。これらは皆、砂漠にあり、フランキンセンスの木が生えている地域です。遺跡は青銅器時代から12世紀までの歴史があります。これらの遺跡に行くには、マスカットから飛行機でいくか、砂漠を1,050キロ自動車で横断する必要があります。自動車の場合はおおよそ9-10時間の行程です。車のついては道路の状態が不明な場合がおおいので4WD車を用意したほうがいいでしょう。フランキンセンスの国土について、より詳しい情報を知りたい場合は、Al-Balidに行くといいでしょう。ここはサララハの郊外にあるサララハ博物館があるからです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。