sponsoredlinks

バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群/オマーン国の世界遺産

オマーン国の世界遺産の中からバット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群についての紹介ですオマーン国旅行のときにはバット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群
Archaeological Sites of Bat, Al-Khutm and Al-Ayn
所在国:オマーン国
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群とは、オマーン北部に位置するアフダル山地に点在している、青銅器時代の集落跡のことです。銅の産出で栄えた紀元前2500年頃に、謎の民族のマガン国のものと推測されていますが、詳細は今のところ不明です。塔や住居など、建造物の多くは、ほとんど加工が施されていない扁平な石を積み上げただけのものです。バット、アル-フトゥム、アル-アインの古代遺跡群のあるアル・ダヒラ地方 一帯には様々な形態の墓が残っており、当時の埋葬習慣を伝える大変貴重な史料になっています。バット、アル・フトゥム、アル・アインの各村の考古遺跡は世界遺産に登録されています。実際に足を運んでみますと、バット遺跡はフェンスで囲われていて、入り口は南京錠で閉ざされています。入り口に立つ看板には、「考古学的に重要なため、石ころ一つ持ち帰ってはならない!」というようなことがしっかりと書かれています。遺跡の建造物は、中には大きな石積みもありますが、多くは、小さいか、あるいは崩れてしまって小さくなっているものが多いです。バット遺跡はとにかく広大です。炎天下、一日で全部回るのは不可能だと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56364999
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。