sponsoredlinks

アラビアオリックスの保護区/オマーン国の世界遺産

オマーン国の世界遺産の中からアラビアオリックスの保護区についての紹介ですオマーン国旅行のときにはアラビアオリックスの保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アラビアオリックスの保護区
Arabian Oryx Sanctuary
所在国:オマーン国
世界遺産登録年:1994年
世界遺産の種類:自然遺産
※2007年登録抹消

アラビアオリックスの保護区は中東・西アジアの国でアラビア半島東南端に位置するオマーンの中央部にある面積約2750000ヘクタールに及ぶ自然保護区で、1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。このアラビアオリックスの保護区は、野生種が絶滅したアラビアオリックス(ウシ科のレイヨウの一種)を野生に近い状態で保護・育成することを目的とした保護区として自然遺産に登録されました。丘が連なる砂漠地帯のジダット・アル・ハラシース平原のこのアラビアオリックスの保護区は、ユニコーンのモデルとなった動物と言われているアラビアオリックスの生息地でしたが、美しい角を持っているために密猟の対象とされ1972年に野生種は絶滅してしまったために、1982年にアメリカ動植物保護協会から譲り受けた10頭のアラビアオリックスをこの地で保護し、放し飼いで野性に帰す保護活動をしていました。世界遺産登録から2年後の1996年には約450頭にまで増えたアラビアオリックスでしたが、密猟対策が不十分であったりオマーン政府が資源開発のためアラビアオリックスの保護区の90%を削減を決定した結果、「条約履行のための作業指針」に違反し「顕著な普遍的価値」を破壊するとしたユネスコ世界遺産委員会により、2007年に世界遺産から登録抹消されました。これは世界遺産条約1975年に発効して以来初めてのことだそうです。現在アラビアオリックスの生息数は密猟や生息地の環境悪化のために約65頭にまで減少していると言われています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365000
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。