sponsoredlinks

ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟/カザフスタン共和国の世界遺産

カザフスタン共和国の世界遺産の中からホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟についての紹介ですカザフスタン共和国旅行のときにはホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟
Mausoleum of Khoja Ahmed Yasawi
所在国:カザフスタン共和国
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟(ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟/コジャ・アフメド・ヤウィ廟)は、1389年から1405年の間にティムールにより造られた12世紀の宗教家・詩人のホンジャ・アフメッド・ヤサウイ(ホージャ・アフマド・ヤサヴィー/コジャ・アフメド・ヤウィ)を祀る霊廟で、青いタイルで装飾された大きなドームが特徴的な中央アジアにおける典型的なイスラム教の宗教建築物です。ティムールの後の権力者が廟の建築にあまり関心がなかった上、1405年にティムールが亡くなったことで、廟建築が中断されたまま、残されています。ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟(ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟/コジャ・アフメド・ヤウィ廟)の特徴である高さ38.7mの青色をしたダブル・ドームは、緑と金のタイルを重ねることで、その不思議なスカイ・ブルーの色を作り出していますが、その建築にあたったペルシャ人建築家は、ティムール皇帝の監督の下、さまざまな建築的、構造的な工法の実験を行ったとされ、その後のティムール帝国の首都サマルカンドの建築に応用されたと言われています。ホンジャ・アフメッド・ヤサウイ廟(ホージャ・アフマド・ヤサヴィー廟/コジャ・アフメド・ヤウィ廟)は、ティムール帝国の最大規模で保存状態が素晴らしい建造物のひとつで、トルキスタンという中央アジア地域にあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。